「さよなら どうかお元気で」 初音ミクオリジナル曲

春、桜の舞う別れの季節に作成した曲です。離ればなれになる二人の思い出が、桜の舞う時に懐古される設定で、初音ミクに歌ってもらいました。

WAVファイル再生

下記のリンクにファイルをアップロードしました。クリックで再生します。

さよなら どうかお元気で

クレジット / ツール

作詞・作曲 Kapok (2014/4 公開)

VOCALOID2 Editor
GarageBand
REAPER

※アイキャッチ画像はぱくたそから

歌詞

言葉が不器用すぎて 伝えらないけど
僕は君に支えられて ここまで歩いてきたんだ

ありがとう 感謝しています
たくさん無理も させてごめん

君の頬に残る 涙の跡は 僕の心に刺さる

さよなら どうかお元気で
夢を 叶えてね

ああ 二人別々の道を行き
思い出だけが此処に残る

あの日 冷たくかじかむ 僕の手を
握り温めてくれたよね

僕の心の幸せは 君だけで 満たされていたよ

さよなら どうかお元気で
もう 時間だよね

僕は君の その優しさに
何度心救われたか

さよなら どうかお元気で
夢を 叶えてね

ああ 二人別々の道を行き
思い出 が 此処に残る

所感

自作の初音ミク音楽の5作品目です。「桜が舞い散る様子」と「別れ」をテーマに、作成しました。本当は桜が満開になる時期である、4月上旬に公開したかったのですが、少し間に合わずに、悔しい思いをした事を覚えています。

テクニカルな面では、今までの曲ではCherryでMIDIファイルを作成し、GarageBandで鳴らしていましたが、この曲では初めて最初からGarageBandで音を打ち込んでいきました。処理過程が単純化された分だけ、音のイメージが崩れにくく良いと思いました。

また、今までの曲はコードがあり、その上にボーカルの音を置き作成していましたが、この曲はそれとは逆に、ボーカルパートから先に作成しました。ボーカル音程の自由度が高く、主張したい音楽に近づきやすかった反面、音楽をあまり勉強していませんでしたので、コード選択に苦戦しました。

「君の言葉と思い出と」 初音ミクオリジナル曲

初音ミクに自作の音楽を歌ってもらいました。「好きだった人とのやり取りを思い出す」という設定で、感傷的な歌詞・曲調にする事を目指し、作成しました。

WAVファイル再生

下記のリンクにファイルをアップロードしました。クリックで再生します。

君の言葉と思い出と

クレジット / ツール

作詞・作曲 Kapok (2013/3公開)

Cherry
VOCALOID2 Editor
GarageBand
REAPER
iTunes

※アイキャッチ画像はぱくたそから

歌詞

秋の匂いと ともに 思い出される 君のこと
今どこで 何をしていますか? 私のこと 覚えていますか?

君がくれた いくつもの言葉は 私の心に まだ 残っています
多感な頃に 学べたことは 私の自己の 深くにあります

君の声を 聞かせてください それだけで 私の心 救われます
君の言葉の 記憶だけが 私の小さき 自信となっています

冬の夜空と ともに 思い出される 君のこと
触れ合う手から 伝わる温もり・幸せは まだ 残っていますか?

君がくれた 温かな気遣いは 私の心に まだ 残っています
そこで見つけた 安心感は 私の心の 勇気となりました

君の言葉を 聞かせてください それだけで私は 前へ進めます
君の夢と 希望だけで 私の願いは 満たされるのです

君の声を 聞かせてください それだけで 私の心 救われます
君の言葉の 記憶だけが 私の小さき 自信となっています

君のそばに いさせてください それだけが私の 夢なのです
君の愛の 破片だけで 私は今を 生きているのです

所感

この作品は、私が作成した3曲目の初音ミク音楽になります。元々は、以前作成したギターのアルペジオ音楽でしたが、それをベースに、歌詞をつけて、初音ミクに歌ってもらいました。

なかなか思うように作成できず、試行錯誤を繰り返し作成した音楽になります。歌詞は昔の事を思い出しながら作りましたので、「本当の物語」です。

テクニカルな面では、この作品で初めて

①GarageBandによる演奏
②初音ミクのバックコーラスの演奏

を試しました。曲のクオリティは今までの曲よりも高くなったと思っています。