ハローズ(2742.jp)2019年2月期1Qを好調に通過


2018年6月28日引け後の15:00にハローズ(2742.jp)が2019年2月期の第1四半期決算短信を発表しました。

2019年2月期1Q

上方修正はありませんでしたが、経常利益が前期比で+11.4%となるなど、順調な決算通過となりました。

所見

今回の決算発表により、ハローズ株は買いやすくなりました。業績が十分好調(経常利益が前期比で+11.4%)ですし、そもそもディフェンシブ銘柄ですので、米中貿易摩擦の影響が相対的に少ないため、景気敏感株の代替にもなります。また、昨今でよく言われている人手不足による人件費高騰の影響も限定的だと分かりました。

通期の業績予想に対する1Qでの進捗の観点では、売上高・経常利益ともに25%に届いていないものの、例年ですと年末商戦含む4Q(12月〜2月)に若干の偏りがあるために気にする必要はないでしょう。この他、月次で既存店の売上高が前年比100%を割っている点は懸念材料ですが、それでも1Qで利益が出ている事から今後の失速に繋がる可能性は低いと解釈できます。

翌日の株価

決算発表の翌日のハローズの株価は、前日比プラスの2,700円で始まり、一時的に売りに押されたものの、最後は2,720円(前日比+29円 +1.08%)で終えました。好決算の割には、株価は高騰しませんでした。来週以降の株価上昇に期待したいところです。

画像出典:(株)ハローズ Yahoo!ファイナンス 2018/6/29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。