コーナン商事(7516.jp)4Q 純利益48.2%増の通期予想も、株価は伸び悩み

近畿圏にドミナント出店しているホームセンター大手であるコーナン商事(7516.jp)の決算短信が出ました。平成30年2月期の純利益は48.2%増と、大きく伸ばす計画です。ところが株価は大幅増益の見込みの割には伸びていません。実はコーナン商事は歴史的に店舗閉鎖損失及び減損損失等特別損失が多く、利益計画は話半分に聞くべきです。

平成29年2月期決算短信

平成29年2月期の結果と新年度予想

コーナン商事(7516.jp)の平成30年2月期の純利益は48.2%増という大幅増を見込んでいます。一方で平成29年2月期は、3Q時点で出されていた予想と比べて物足りず、営業収益/営業利益/経常利益/当期純利益はいずれも下方に着地しました。

画像:平成29年2月期決算短信(コーナン商事)

利益計画の信憑性は低め

コーナン商事は歴史的に店舗閉鎖損失及び減損損失等特別損失が多く、純利益の経常利益に対する比率は毎年のように小さくなっています。つまり利益計画の信憑性は低めですので、話半分に聞くべきです。実際、つい3ヶ月前に下方修正を出したばかりです。

株価推移

株価は決算翌日こそ大幅上昇したものの、翌々日には下落しました。

画像:コーナン商事(株) Yahoo!ファイナンス 2017/4/13

主力株:投資判断は?

コーナン商事(7516.jp)は私の主力銘柄(時価総額7位)です。上記のように、保有にやや不安な箇所があるものの、依然として株価は割安水準だと考え、株式保有は継続します。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。