投資家が読むべき7冊の投資教本

私が今までに読んだ投資教本の中で、お薦めできる7冊を紹介します。


ウォール街のランダム・ウォーカー

1冊目はウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理です。

資産運用について包括的に学べる1冊です。大昔からある古典的投資教本とも言えます。ウォール街のランダム・ウォーカーは改訂を続け、出版され続けています。2016年12月現在の最新版は第11版ですが、私が読んだのは第9版でした。

最新版を読むのも良いです。ですが敢えて古い版を読む事で「時代が進んでも変わらず有効な投資手法」が見えてくるかも知れません。

 

金融工学入門

2冊目は金融工学入門です。

投資理論を扱うガチガチの書籍です。新書で買うと高額ですし、ページ数が多く読むのに時間がかかります。ですが、下手な投資教本を数冊読むのと比べれば得るものが多く、コスパも優れていると考えられます。なお、第2版が出ていますが、私は持っていません。

 

株の雑誌ZAiが作った「株」入門

3冊目は、めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版です。

雑誌っぽくチャラい感じがしますが、内容はちゃんとした投資教本です。

株の雑誌ZAiが作った「株」入門 上級編

ZAiの「株」入門には普通のものと上級編との2種類があります。両方読むべきです。

マーケットの魔術師 エッセンシャル版

5冊目はマーケットの魔術師 エッセンシャル版–投資で勝つ23の教えです。

読みやすく書かれていますが、投資哲学の重要な部分を知る事ができます。特に、上記の金融工学入門を読んだ後に読むと味が出る1冊です。

株価・為替が読めるチャート分析

6冊目は株価・為替が読めるチャート分析―決定版 (日経ビジネス人文庫 ブルー は 10-1)です。

チャートについての考え方を含め、掲載されています。チャートの読み方を知るために良い本です。

カオスで挑む金融市場

7冊目は、カオスで挑む金融市場―ないようで必ずある規則性を探る (ブルーバックス)です。

カオスというテーマを軸に、金融市場と経済についての分析を中心に記述された書籍です。1996年に第1刷が出された古い本ですが、だからこそ不滅の真理に近づけます。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。