バイ&ホールド(Buy&Hold) 何もしないという選択の偉大なる効果

バイ&ホールド(Buy&Hold)は投資手法の1つで、「投資家が(株式等の)有価証券を買い、長期にわたり持ち続ける事」を指します。この「何もしない」という選択の効果について投稿します。

バイ&ホールドの効果

相場に乗れる

バイ&ホールドでは、勢いのある値上がりした資産を、高い比率で持つ事になります。逆に下落している落ち目の資産の保有比率は、自動的に小さくなります。

詳細はコンスタントミックスとの比較の所で後述しますが、このように相場に乗れる点は、バイ&ホールドのメリットです。

低コストで有利

バイ&ホールドは、売買回数が最小限で済むため、売買手数料を抑制できます。この手数料の減少により、頻繁に売買を行うよりも投資パフォーマンスを向上させる効果が期待できます。

コンスタントミックスとの比較

バイ&ホールドの比較対象は、コンスタントミックスです。

コンスタントミックスとは?

コンスタントミックスは、各資産の比率を一定に保つ手法で、高くなった資産を売り、安くなった資産を買います。資産比率を保つための売買はリバランスと呼ばれます。

比較例① 上昇相場

下図は、上がったり下がったりしながら上がる資産である「A資産」と、無リスク資産である「B資産」を用いた資産運用の比較です。バイ&ホールドした場合が左で、リバランスしながら比率を保った場合が右になります。

buyandholdvs_cm

この例では、バイ&ホールド(B&H)の方が、コンスタントミックス(CM)よりも良い成績になりました。

コンスタントミックス(CM)では、A資産が上がった時に利益確定をし、B資産を買いました。ところがA資産は最終的に更に値上がりしたため、利益確定した分だけ値上がり益を享受できなくなりました。

一方でバイ&ホールド(B&H)では、A資産の利益を確定せず、A資産を持ち続けた事によって、更なる上昇を享受できました。時間が経つにつれ、ポートフォリオにおけるA資産の比率が増え、A資産の成長の効果をより多く得られるようになって来る点も注目に値します。

比較例② 下落相場

今度はA資産が上がったり下がったりしながら下落する相場での比較です。

buyandholdvs_cm3

この例でも、バイ&ホールド(B&H)の方が、コンスタントミックス(CM)よりも良い成績になりました。

コンスタントミックス(CM)では、A資産が下がった時に押し目買いをし、A資産を買い増しました。ところがA資産は最終的に更に値下がりしたため、このリバランス買いは傷口を広げる結果となりました。

一方でバイ&ホールド(B&H)では、B資産を手堅く持ち続けた事によって、A資産の値下がりの被害を最小限に抑える事が出来ました。時間が経つにつれ、ポートフォリオにおけるA資産の比率が減り、被害の影響が小さくなって来る点も注目に値します。

比較の教訓

バイ&ホールドは下手にリバランスするよりも好成績

上記の比較の通り、バイ&ホールドは、下手にリバランスする場合と比べて好成績となります。

バイ&ホールドは、売買手数料が少なく低コストな運用手法である事も忘れられません。特に効率的市場仮説を信じている投資家にとっては、何もしないでじっとしているという選択は合理的です。

このようにバイ&ホールドは、下手な資産配分を保ちリバランスを繰り返すのと比べて有利な手法だと言えます。

バイ&ホールドは一方的な相場で強い

バイ&ホールドは、特に一方的な相場で強いという性質を持っています。

この事から、バイ&ホールドは「パッシブ」かつ「順張り」の手法であると言われています。

市場にはトレンドがあり、株価はブラウン運動とは異なる様相を呈します。バイ&ホールドは、トレンドを享受するのに良い手法であると言えます。

余談:真の最強はコンスタントミックス

ここからは余談です。

この記事ではバイ&ホールドの良さをまとめましたが、取得したパラメーターの精度が高い場合は、「コンスタントミックスとリバランス」の優位性が強く出るようになります。

具体例:上昇相場の場合

上記の上昇相場の場合は、A資産に4倍のレバレッジをかけ、勝てば売り、負ければ買うというリバランスを繰り返すのが資産の成長に最良です。バイ&ホールドで持っている場合と比べて、良い投資成果を得られます。

レバレッジが4倍を超えればリスク過多で、負けた時に元手を失い儲けられません。4倍より小さければ勝った時のリターンが小さくなってしまいます。4倍が良いのです。この値は、対数最適戦略の計算から導出します。

現実的な資産運用に向けて

投資の実践的には、正確なパラメータを事前に取得する事は難しく、最適なポートフォリオの構築と正しいリバランスは困難です。

それよりも、むしろ心がけとして、「売買(リバランスを含む)を行う際は、バイ&ホールドに対する優位性について考える」のが良いかも知れません。

なお、リバランスを行う場合も、頻度は1年から3年に1度程度の低頻度が良い、という分析があります。

リバランス 資産配分のメンテナンスの手法とその効果とは?

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。