人工知能(AI)による株価分析でうまく儲けられない理由

人工知能(AI)による株価分析を行い、株式市場で大儲けをしようと野心的な試みをしましたが、いくつかの問題が発生し、結果として上手くいきませんでした。人工知能(AI)でうまく儲けられない理由をまとめておきます。

はじめに:試みた分析

私が試みた株価分析は、株価の過去データを人工知能(AI)に学習させて、翌日以降の株価水準を機械に予測させる方法です。流行りのディープラーニングとしてMLP(Multi Layer Perceptron)も試しましたが、結局素人でも使いやすく精度が高いランダムフォレストと呼ばれる機械学習のアルゴリズムを中心に分析を行いました。

儲けられない理由

株価データ数の制約の問題

私は機械学習では、多様なパラメータ(前日の高値、安値、終値、2日前・3日前の株価情報、出来高、移動平均線の水準・・・etc.)、を機械に与えてあげれば精度の良い株価予想を返してくれると考えていましたが、そうではありませんでした。

与えるパラメータを増やせば、モデルが複雑になり過剰適合(overfitting)を起こし、汎用性の高い株価予想ができなくなります。勿論分析対象となる株価データを増やせばこの問題は解決しますが、株価データは市場が開いているのが1年間で243日前後の関係で、過去の年の株価データを集めたとしてもそれほど多くの蓄積はありません。株価データは意外に少ないのです。このようにデータを増やせない以上、徒にパラメータは増やせません。

ただし、工夫すれば多くのパラメータを使った分析も可能な様子でした。例えばMLPを使えば余計な情報を捨てられますし、主成分分析(PCA)と呼ばれる手法でパラメータを回転させて使う手法もありました。

誤検出の問題

機械学習では、何もない所から誤って何かが検出されてしまう事があります。例えば乱数で生成したチャートを分析しても、あるはずの無い上昇または下落シグナルが出てしまう事があるのです。

勿論、手持ちのデータをモデル構築に用いる「訓練セット」と、モデルの評価に使う「テストセット」に分割し、未知のデータでモデルが機能するかどうかを検証しました。にもかかわらず、不幸にも訓練セットとテストセットの両方で有効となってしまったチャートパターンがあり、誤検出が発生しました。

株価の予測とリターンの違い

「株価を予測できるかどうか」と、「株で利益を得られるかどうか」が、(意外な事に)別問題である点も、機械学習で儲ける事を困難にします。

例えば、7割で株価を当てられるモデルがあったとします。何の情報も無ければ当たるのは5割ですので、7割は良く予想できています。ところが、このモデルで儲けられるかというとそうではありません。なぜなら買う時に上手くいく確率が70%で、売る時に上手くいく確率が70%なら、この売買で儲かる確率は49%でしかないからです。これでは丁半博打と変わりません。このように、株価をある程度高い精度で予測できたとしても、うまく儲けられない事があります。

機械学習で儲ける事はなかなか困難です。

TOPIXインデックスファンド(iシェアーズ TOPIX ETF:1475.jp)を購入

TOPIXインデックスファンドを購入しました。

iシェアーズ TOPIX ETF

今回私が購入したのは、iシェアーズ TOPIX ETF(1475.jp)です。この金融商品は東証に上場されているETFで、TOPIX(東証株価指数)に連動するパフォーマンスを目指し運用されています。

信託報酬は税抜き0.06%(年率)と低コストです。更に売買単位が1株からなので、ポジションの微調整が可能です。このようにiシェアーズ TOPIX ETFは、投資家にとって心強い味方となる金融商品です。

iシェアーズ TOPIX ETF Yahoo!ファイナンス

なぜTOPIX ETFを購入したか?

日経平均株価が14連騰(2017年10月2日〜10月24日)するなど、この10月は日本株への買い注文が殺到しています。このような相場ではファンダメンタルズは無視され、とにかく大型株から順に高騰していく傾向があります。アベノミクスの初期もそうでした。

この地合いではファンダメンタルズを重視して業績好調な中小型株を持っていても、株価指数に出遅れるだけです。そう考えて、TOPIX ETFの購入を開始しました。

関連:このETFは売買手数料無料で手に入る

iシェアーズ TOPIX ETFを始めとした単元株が安いETFは、楽天証券の「いちにち定額コース」等を利用し、売買代金を1日10万円未満に抑えながらコツコツ購入すれば、買い付け手数料が無料になります。(2017年10月現在の料金体系を前提にしています)

バフェットのポートフォリオ(2017年6月)

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2017年6月時点のポートフォリオをメモしておきます。バフェットは4月〜6月にかけて、ウェルズ・ファーゴやIBMを売却し、アップルを買い増ししました。

バフェットのポートフォリオ

構成比率上位銘柄

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

業種別ポートフォリオ

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

所見

バフェットはポートフォリオ構成比率2位のウェルズ・ファーゴを部分売却をしました。ウェルズ・ファーゴは顧客に無断で口座を開設するという不祥事が発生し、バフェットも苦言を呈していました。更に8月4日には不正の規模が拡大する事が明らかになり、ウェルズ・ファーゴ投資家からの信用を大きく傷つけた形になっていました。

バフェットはこの他、ポートフォリオ3位のアップルは買い増しし、6位のIBMは部分売却をしました。

私のインデックス投資の状況と、その経緯、および課題について

私は個別銘柄投資に加えて、インデックス投資を行っています。2017年9月15日現在のインデックス・ファンド保有状況と、そこに至った経緯、および今後の課題について投稿します。

インデックスファンドの保有状況

運用資産に占めるインデックスファンドの比率

2017年9月15日現在、保有するリスク資産の内、16.7%をインデックスファンドで運用しています。それ以外の部分はほとんど個別株で、一部アクティブ・ファンドがあります。

以前のインデックファンドの比率はもっと高い水準でした。例えば私の2009年の投資ノートでは、インデックファンドへの投資比率は90%を超えていました。それが投資経験が長くなり、運用規模が大きくなるにつれて、インデックファンドを持たなくなりました。

個別株を新規で買い付けたり、保有していた個別株が値上がりした結果、インデックファンドへの投資比率は少なくなりました。かつてはコア&サテライト運用をしていたつもりでしたが、サテライト部分がどんどん大きくなり、今では逆転したという印象です。

保有する投資信託の一覧

私が保有する投資信託の一覧を下記のテーブルに示します。

銘柄 通貨 アセット
クラス
信託報酬 時価 構成比率
eMaxis Balance 8 Equal Assets/MUKAM JPY MixedAllocation 0.50% 575,419 37.5%
SBI Mid and Small Undervalued Growth Equity Fund – jrevive JPY Equity 1.70% 328,320 21.4%
SMTAM SMT Global Equity Index Open JPY Equity 0.50% 243,438 15.8%
SMTAM SMT Global REIT Index Open JPY Equity 0.55% 237,523 15.5%
SMTAM SMT Emerging Equity Index Open JPY Equity 0.60% 151,311 9.9%

ジェイリバイブを除き全てインデックスファンドで構成しています。なお、最新の保有状況(個別銘柄含む)は下記のページに公開しています。

ポートフォリオ Kapok&Fintech

上記のインデックス投資をした経緯

外国株はインデックス投資をする理由

私は特に、外国株をインデックス・ファンド経由で購入しています。

外国株は米国株・中国株を中心に個別銘柄投資も行ってはいますが、為替手数料売買手数料が割高で情報も上手に手に入りません。インデックス投資であれば、信託報酬に見合う程度の無難な投資成果を得られます。加えてヨーロッパ株のように、投資したくても難しい地域の株式にも、インデックス投資であれば出資が出来て、分散投資(通貨分散・地域分散)も可能になります。

日本株のように優待を受け取れない事による不利もありませんので、外国株はインデックス投資が中心になっています。

ETFを使わない理由

インデックス投資に外国のETFを使う手がありますが、私は国内の投資信託を使っています。外国のETFの購入する場合、為替手数料売買手数料がかかりますが、これらの手数料は国内の投資信託を使った方が割安だと考えています。

日本のETFを使う手もありますが、情報が少なく私にとってよく分からない金融商品なので買いません。

国内の個別株を増やした理由

国内資産の運用では、インデックスファンドではなく個別銘柄を重視しています。アクティブリターンを得られそうですし、株主優待の受け取りによる優待利回りを加味しています。更に個別株は投資信託と異なり、信託報酬がかからない点も魅力です。

勿論、常に個別株部門がインデックファンドの利回りに勝てるわけではありません。私の個別株はディフェンシブ銘柄が多いため、景気敏感株を多く含むインデックファンドには、景気上昇局面で置いて行かれます。特にアベノミクス絶頂期では、インデックファンドに多くを投資しなかった事が裏目に出ていました。

それ以降は、ある程度の株価下落が起こったタイミングでインデックファンドも買い付けるようにしています。株価が下落したかどうかは、PBRの推移やチャートを参考にしています。

今後のインデックス投資に向けての課題

信託報酬を下げる事

私のインデックス・ファンドの信託報酬は割高です。

インデックス・ファンドの運用成績は信託報酬と強く逆相関しており、割高な信託報酬は運用に不利です。信託報酬が引き下げられる事に期待したり、新しく低コストなインデックス・ファンドの運用初期に不安があったり、乗り換えのコスト(課税により複利効果が削がれる事、信託財産留保額の支払い)が嫌だったりして乗り換えを躊躇しています。ですが、さすがにそろそろ乗り換えねばと考えています。

リバランスをする事

気がつけばリバランスをせずに数年間ほったらかしにしてしまいますが、適切な利益確定や押し目買いの効果を期待し、たまにはリバランスを行わなければならないと考えています。

バフェットのポートフォリオ(2017年3月)

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2017年3月時点のポートフォリオをメモしておきます。2016年12月からの変化で目立つ箇所は、アップル株の追加買いとIBM株の売却です。

バフェットのポートフォリオ

構成比率上位銘柄

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

業種別ポートフォリオ

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

所見

ポートフォリオの変化

2016年12月と比べ、構成銘柄の変化で目立つ箇所は、アップル株の追加買いとIBM株の売却です。

バフェットがIBM株を3分の1売却したと言いニュースになったのは2017年5月5日頃です。それよりも2ヶ月以上前の2017年3月時点で、既に多くのIBM株を売却していたと分かりました。バフェットのバークシャーはIBMの筆頭株主ですが、彼らがIBMのどのような厳しい内情を見たのかが気になります。

また、マーケットインパクトがある事を知った上で、バフェットがIBM株の売却に言及した理由にも興味があります。IBM陣営に喝を入れるためか、それとも値下がりした所を買い戻して取得単価を下げるためか、いろいろな解釈ができてしまいますが、真相は不明です。

集中投資の継続

構成銘柄が10%を超える集中投資銘柄が4銘柄あります。2016年12月時点では3銘柄でしたので、1銘柄増えています。増えた1銘柄はアップルです。

集中投資は好成績のための必要条件なのでしょう。