私のインデックス投資の状況と、その経緯、および課題について

私は個別銘柄投資に加えて、インデックス投資を行っています。2017年9月15日現在のインデックス・ファンド保有状況と、そこに至った経緯、および今後の課題について投稿します。

インデックスファンドの保有状況

運用資産に占めるインデックスファンドの比率

2017年9月15日現在、保有するリスク資産の内、16.7%をインデックスファンドで運用しています。それ以外の部分はほとんど個別株で、一部アクティブ・ファンドがあります。

以前のインデックファンドの比率はもっと高い水準でした。例えば私の2009年の投資ノートでは、インデックファンドへの投資比率は90%を超えていました。それが投資経験が長くなり、運用規模が大きくなるにつれて、インデックファンドを持たなくなりました。

個別株を新規で買い付けたり、保有していた個別株が値上がりした結果、インデックファンドへの投資比率は少なくなりました。かつてはコア&サテライト運用をしていたつもりでしたが、サテライト部分がどんどん大きくなり、今では逆転したという印象です。

保有する投資信託の一覧

私が保有する投資信託の一覧を下記のテーブルに示します。

銘柄 通貨 アセット
クラス
信託報酬 時価 構成比率
eMaxis Balance 8 Equal Assets/MUKAM JPY MixedAllocation 0.50% 575,419 37.5%
SBI Mid and Small Undervalued Growth Equity Fund – jrevive JPY Equity 1.70% 328,320 21.4%
SMTAM SMT Global Equity Index Open JPY Equity 0.50% 243,438 15.8%
SMTAM SMT Global REIT Index Open JPY Equity 0.55% 237,523 15.5%
SMTAM SMT Emerging Equity Index Open JPY Equity 0.60% 151,311 9.9%

ジェイリバイブを除き全てインデックスファンドで構成しています。なお、最新の保有状況(個別銘柄含む)は下記のページに公開しています。

ポートフォリオ Kapok&Fintech

上記のインデックス投資をした経緯

外国株はインデックス投資をする理由

私は特に、外国株をインデックス・ファンド経由で購入しています。

外国株は米国株・中国株を中心に個別銘柄投資も行ってはいますが、為替手数料売買手数料が割高で情報も上手に手に入りません。インデックス投資であれば、信託報酬に見合う程度の無難な投資成果を得られます。加えてヨーロッパ株のように、投資したくても難しい地域の株式にも、インデックス投資であれば出資が出来て、分散投資(通貨分散・地域分散)も可能になります。

日本株のように優待を受け取れない事による不利もありませんので、外国株はインデックス投資が中心になっています。

ETFを使わない理由

インデックス投資に外国のETFを使う手がありますが、私は国内の投資信託を使っています。外国のETFの購入する場合、為替手数料売買手数料がかかりますが、これらの手数料は国内の投資信託を使った方が割安だと考えています。

日本のETFを使う手もありますが、情報が少なく私にとってよく分からない金融商品なので買いません。

国内の個別株を増やした理由

国内資産の運用では、インデックスファンドではなく個別銘柄を重視しています。アクティブリターンを得られそうですし、株主優待の受け取りによる優待利回りを加味しています。更に個別株は投資信託と異なり、信託報酬がかからない点も魅力です。

勿論、常に個別株部門がインデックファンドの利回りに勝てるわけではありません。私の個別株はディフェンシブ銘柄が多いため、景気敏感株を多く含むインデックファンドには、景気上昇局面で置いて行かれます。特にアベノミクス絶頂期では、インデックファンドに多くを投資しなかった事が裏目に出ていました。

それ以降は、ある程度の株価下落が起こったタイミングでインデックファンドも買い付けるようにしています。株価が下落したかどうかは、PBRの推移やチャートを参考にしています。

今後のインデックス投資に向けての課題

信託報酬を下げる事

私のインデックス・ファンドの信託報酬は割高です。

インデックス・ファンドの運用成績は信託報酬と強く逆相関しており、割高な信託報酬は運用に不利です。信託報酬が引き下げられる事に期待したり、新しく低コストなインデックス・ファンドの運用初期に不安があったり、乗り換えのコスト(課税により複利効果が削がれる事、信託財産留保額の支払い)が嫌だったりして乗り換えを躊躇しています。ですが、さすがにそろそろ乗り換えねばと考えています。

リバランスをする事

気がつけばリバランスをせずに数年間ほったらかしにしてしまいますが、適切な利益確定や押し目買いの効果を期待し、たまにはリバランスを行わなければならないと考えています。

バフェットのポートフォリオ(2017年3月)

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2017年3月時点のポートフォリオをメモしておきます。2016年12月からの変化で目立つ箇所は、アップル株の追加買いとIBM株の売却です。

バフェットのポートフォリオ

構成比率上位銘柄

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

業種別ポートフォリオ

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

所見

ポートフォリオの変化

2016年12月と比べ、構成銘柄の変化で目立つ箇所は、アップル株の追加買いとIBM株の売却です。

バフェットがIBM株を3分の1売却したと言いニュースになったのは2017年5月5日頃です。それよりも2ヶ月以上前の2017年3月時点で、既に多くのIBM株を売却していたと分かりました。バフェットのバークシャーはIBMの筆頭株主ですが、彼らがIBMのどのような厳しい内情を見たのかが気になります。

また、マーケットインパクトがある事を知った上で、バフェットがIBM株の売却に言及した理由にも興味があります。IBM陣営に喝を入れるためか、それとも値下がりした所を買い戻して取得単価を下げるためか、いろいろな解釈ができてしまいますが、真相は不明です。

集中投資の継続

構成銘柄が10%を超える集中投資銘柄が4銘柄あります。2016年12月時点では3銘柄でしたので、1銘柄増えています。増えた1銘柄はアップルです。

集中投資は好成績のための必要条件なのでしょう。

資産運用の出口戦略

資産運用は資産形成期、保守期、取り崩し期と推移しますが、この内、取り崩しに関する運用戦略が出口戦略です。アセット・アロケーションに関する手法として代表的な出口戦略には、債券シフト法と分散投資があります。売却手法としての出口戦略戦略には、定額売却と定率売却があります。この記事ではそれぞれ紹介します。

出口戦略とは?

資産運用の出口戦略

人生の中での資産運用は、現在から死ぬまでの期間が計画期間(プラニングホライズン)となります。運用は、資産形成期、保守期、取り崩し期と推移しますが、この内、取り崩しに関する運用戦略が出口戦略です。資産運用の完結には出口戦略が不可欠です。

出口戦略は重要であるにもかかわらず、情報は不足しています。なぜなら世の中の多くの組織は買い煽りはしますが、出口戦略を語りたがりません。例えば証券会社は投資信託等の資産を投資家に保有させる事で利益を得ますので、資産売却の手法を紹介すると利益が減るため、投資家に敢えて売却の手法を紹介する事は稀でしょう。個人投資家は、自分で出口戦略についての情報を集める必要があります。

参考:一般的な出口戦略

一般的に出口戦略(でぐちせんりゃく、exit strategy)は、軍事的もしくは経済的な損害が続く状況から損失・被害を最小限にして撤退する戦略を指します。ベトナム戦争時にアメリカ国防総省内で使用されたのが始まりとされています。

出口戦略(Wikipedia)

※この記事では、前者の「資産運用の出口戦略」を扱います。

債券シフト法 .VS. 分散投資

資産運用の出口では、資産配分を変更する、具体的には国内債券の保有比率を上げる(債券シフトする)べきだという考えと、債券への集中投資は避けて分散投資をするべきという2つの考えがあります。一般的には債券シフト法が主流となっていますが、私個人的に日本人の投資家は、年齢にかかわらず分散投資を行う方が良いと考えています。

債券シフト法

債券シフト法は、年齢と共にポートフォリオの債券比率を増やすという手法です。債券シフト法の主流は「債券の比率を年齢と同じにする」という進め方です。例えば30歳であれば債券比率が30%で、残りの70%が株式です。60歳であれば債券60%、株式40%です。なお、ここでの債券は、国内債券を意味しています。(外国の債券・外貨建て債券ではありません。)

ウォール街のランダム・ウォーカーを始めとする米国の古典的投資教本では、年齢と共に債券比率を高めるという手法が紹介されています。このように有名な手法ですので、多くの投資家が実践していると予想されます。

なお債券シフト法は、資産運用の出口で安全資産とされる債券に資産を移すことで株価暴落による資産毀損リスクを低減します。逆に言えば、国債が安全と言い切れない国では、債券への集中投資はリスクが増えるため、債券シフト法はやや使い勝手が悪い手法になります。また、資産運用の出口が長い(長寿の)国では、リスク資産による成長余地が少なくなるため、債券シフト法のメリットが薄れます。

分散投資

分散投資は、「卵は1つのカゴに盛るな」という投資格言のもと、多くの資産に分散して投資する事で、1つの資産の値下がりの悪影響を最低限にとどめようとする手法です。

債券シフト法を実践する場合、国内債券への集中投資は避けられません。古典的投資教本が想定する20世紀の米国人は、それ(米国債への集中投資)で良かったのでしょうが、21世紀の日本人にはあまり勧められるものではありません。日本の債券は決して安全ではなく、集中投資の対象にはなり得ないからです。

広く知られている通り、日本の政府債務の膨張は深刻で、残高は対GDP比で232.4%(2016年)に達しています。財務省の国際比較でも、突出して高い値となっています。ただし日本国債は日本銀行を筆頭に国内でほぼ安定して保有されており、対外債務の多かったギリシャのように簡単には破綻しません。このように破綻確率は低いものの、債務膨張は永遠に続けられずどこかで破綻します。そして対内債務型の財政破綻は深刻なインフレを招く事が知られています。財政破綻もしくはそれに近いようなインフレが起これば、国債価格は急落する事でしょう。

政府債務の膨張が進めばいつかは来る、このような状況下で個人投資家が資産の大部分を毀損しないためには、国内債券以外の資産への分散投資が不可欠です。国内債券の代わりになるべく多種多様な資産を保有する事で、1資産の価格下落の影響を最小限に抑えます。

定額売却 .VS. 定率売却

定額売却

一定額を売却する手法です。積立時には定口購入よりも有利とされるドル・コスト平均法の逆に相当し、不利な売却手法の1つです。とは言え売却額が一定であるため、安定したキャッシュフローが実現します。リスク資産を定額売却する場合、資産が枯渇する時期が読めなくというデメリットもあります。

定額売却は有利な売却手法ではありませんが、手法は充実しています。例えば毎月分配型投資信託を保有すれば、毎月ある程度一定のキャッシュ・フローが実現します。SBI証券の投資信託定期売却サービスのような、定額売却サービスもあります。

定率売却

定率売却は、毎月一定比率の資産を売却する手法です。

定率売却では、リスク資産が高値圏にある時は多く売り、安値圏にある時の売却額は少な目になります。資産運用の理想「安く買って高く売る」を実現しやすい売却手法で、良い手法だと考えられます。ただし定額売却のようにツールが充実していません。また、リスク資産の値動きによって売却額が安定しないというデメリットがあります。

Q. 株で損する事はありますか?

先日株式投資について聞かれ、回答しました。聞かれた内容と、私の意見を問答集として投稿します。

Q. 株で損する事はありますか?

A. はい。株で損する事があります。

株は預貯金と違い、値段が上下します。そのため、株式投資では損をする可能性があります。

ただし株での損失額を小さくするためにいくつかの方法があります。保有額を少額にする、下がりにくい株を買う、下がりにくい買い方をする、などの方法が有効です。下がりにくい株とは、生活必需品等の需要が安定している分野の株です。下がりにくい買い方とは、多くの種類の株を持つ事で1銘柄の下落の影響を軽減する「分散投資」と呼ばれる手法が有名です。

Q. 最初はどれくらいの金額から始めれば良いですか?

A. 投資の最初は、5万円以内が良いでしょう。

リスク資産の値動きは、体感しなければ良く分からない事があります。最初は少額から始めるのが良いでしょう。退職金の大部分をいきなりリスク資産に投じて大失敗する人もいますが、そうならないように基本は少額から始めます。そして様子を見つつ、運用の知識をつけながら運用規模を増やしていくのが無難です。

株式の銘柄には、数千円から数万円の少額から買える株も多くあります。具体的な銘柄は、単元株価格下位ランキング等を利用できます。

単元株価格下位 Yahoo!ファイナンス

Q. 有名な所の株を買ったら良いですか?

A. 最初は勉強のために知っている銘柄・興味を持てる銘柄を持つのが良いでしょう。

ただし、有名企業の株は多くの人が購入するため割高になり、投資妙味が薄れている事が少なくありません。慣れてきたら知らない企業を研究し、良さそうであれば買うのが良いでしょう。

Q. 株を買うのは馬券を買うのと同じ感覚ですか?

A. いえ、金額や無価値になる確率が異なります。

馬券は100円から買えますが、株は少し高額で、最低でも数千円程度からの投資が必要です。ただしその一方で、競馬では負けると直ちに馬券が紙切れになりますが、株券は(値下がりはしますが)無価値になる事はあまり多くはありません。株式会社はそう頻繁には潰れないからです。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) 様子見の後に購入予定です

バランス型インデックスファンドである「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」への投資を検討しています。これに関連して調べた事、考えた事をまとめます。すぐに購入はせず様子を見て、運用報告書が出た後の購入を考えています。

購入を検討する理由

私はeMAXISバランス(8資産均等型)を保有しています。このファンドは、保有する投資信託の中で、時価総額1位です。ただしこの投資信託の信託報酬は、年率税抜き0.5%です。購入した当時は随分と安かったのですが、最近ではもっと安い信託報酬で運用されているバランスファンドが複数あります。

いまやメタボなeMAXISバランス(8資産均等型)ではなく、スリムなeMAXISバランス(8資産均等型)での運用に切り替えるべきだと考え、この投資信託について調べました。以下、調べた事と所感を投稿します。

コスト

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は、低コストで運用されている事が魅力です。

売買手数料

購入時手数料無料、信託財産留保額も無料です。

最近のインデックスファンドは、売買手数料は無料である事が普通です。とは言え、ありがたいものです。

信託報酬

信託報酬は税抜き0.22%です。

国内の追加型投資信託のバランスファンドとして、2017年5月現在最安値です。このように信託報酬が低く抑えられている分だけ、投資家のリターンを大きくできる事が期待できます。

信託報酬の内訳は下記のテーブルの通りです。ファンドの規模が500億円を超えると値下がりする構造ですが、500億円を超えるのはすぐには難しいでしょう。

委託会社 販売会社 受託会社 合計
0.1% 0.1% 0.02% 0.22%

アセット・アロケーション

8資産へ均等に投資

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は、下図の通り8資産へ均等に投資します。

賛否両論の均等投資

均等投資には賛否両論あります。私は肯定的な意見を持っています。

否定派の流派の1つは、「市場が効率的だと信じている人々」です。8資産均等は、時価総額加重平均とは異なりますので、無用なリスクを取りリターンが少なくなると懸念する人がいます。確かにREITの構成比率は高すぎる気もします。ですが、私はそもそも市場は効率的だとは考えておらず、個別株も多く保有しています。そのため、個別株を含む資産全体の中での8資産均等型ファンドは、位置づけとして全く問題無いと考えています。

また、否定派の別の流派に「均等投資は、最適なアセット・アロケーションではないと考える人々」がいます。これは昔、「アセット・アロケーションは投資成果の8割を決める」という誤解が流行した名残でしょう。確かにアセット・アロケーションは投資成果を十分良く説明しますが、その投資成果に必要ではありません。本当に重要なのはリスク資産の比率であって、内訳ではありません。確かに均等投資は適当でいい加減に決めた比率ではありますが、決して悪くはないと考えています。

すぐには買わない

私はeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)がとても良い仕様だと考えていますが、すぐには購入しないつもりです。すぐに買わない事には多くのメリットがあります。

ファンドの立ち上がりは不安定

一般的に時価総額の小さいファンドは不安定です。高コストになりがちですし、インデックスファンドもベンチマークへの追随が難しいです。eMAXISシリーズはマザーファンドの規模が大きいとはいえ、どれだけ安定しているのかを見た後に買っても遅くはありません。eMAXISバランス(8資産均等型)も、立ち上がり当初はキャッシュ過多で8資産への均等投資とは程遠いポートフォリオであったように記憶しています。

私は少なくとも、運用報告書が出てコストの様子が明らかになった後に購入します。

もっと低コストなファンドが出るかも

経験的にインデックスファンドは、乗り換えを控えた方が良いです。なぜなら、保有するインデックスファンドの信託報酬が値下がりする可能性がありますし、今後もっと低コストなファンドが出てくるかも知れません。例えばもしもiFree8資産バランスファンドの信託報酬が値下がりすれば、eMAXIS Slimを買う理由も無くなります。

乗り換えにはコストもかかります。信託財産留保額が設定されているインデックスファンドは少なくありません。また、含み益が利益として確定すれば課税対象となり、結果複利効果が削がれます。

このように、少し待ってから購入するのは、悪い選択ではないと考えています。