ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp) 株主優待の拡充で株価は前日比+3.14%


ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp)の株主優待制度が拡充される事が、2018年8月22日に発表されました。これを受けて翌日の株価は前日比で+3.14%となりました。

優待の拡充

旧来の優待は老人ホームの割引だけでしたが、新しい優待制度では「飲食店舗の利用券」または「ギフトセット」を頂くことができるようになります。老人ホームにお世話になるにはまだ早い個人投資家にとって、新しい優待制度は魅力的です。

出典:株主優待制度の拡充に関するお知らせ ユニマット リタイアメント・コミュニティ

翌日の株価

優待拡充の発表翌日の株価は前日比+3.14%となりました。個人投資家の注目を一気に集めても良さそうでしたが、思いの外マイルドな動きとなりました。

画像:(株)ユニマット リタイアメント・コミュニティ Yahoo!ファイナンス 2018年8月23日

やまねメディカル(2144.jp)上場廃止基準に係る猶予期間入による狼狽売りが止まらず


やまねメディカル(2144.jp)は、2018年6月26日に「上場廃止基準に係る猶予期間」に入った事についてのプレスリリースを発表しましたが、それ以降狼狽売りが止まらず、6月29日の株価も前日比−4.36%と大きく売られました。

株価チャート

下図は、やまねメディカルの直近3ヶ月間の株価チャートです。

(株)やまねメディカル Yahoo!ファイナンス 2018/6/29

材料

強気な予想と株価高騰

2018年05月10日に、「平成30年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」が発表され、この時点で「上場廃止基準に係る猶予期間」に入る事が確定しました。ただし株価は、次期強気の業績予想から高騰しました。更に、5月28日は2018年度~2020年度中期経営計画が発表され、強気な利益計画から株価高騰に拍車がかかりました。

売り材料と株価下落

その後、6月26日になって「上場廃止基準に係る猶予期間」に入った旨を伝えるプレスリリースが出ました。これにより、狼狽売りが出て、止まらなくなりました。

JASDAQは、5期連続して営業利益及び営業キャッシュ・フローがマイナスとなれば上場廃止です。この業績基準は、東証一部・二部には無い項目ですので、知名度は高くなかったようです。JASDAQ銘柄を売買するのは個人投資家も多いですから、無理もない事かも知れません。

参照:上場廃止基準 JPX

ハローズ(2742.jp)2019年2月期1Qを好調に通過


2018年6月28日引け後の15:00にハローズ(2742.jp)が2019年2月期の第1四半期決算短信を発表しました。

2019年2月期1Q

上方修正はありませんでしたが、経常利益が前期比で+11.4%となるなど、順調な決算通過となりました。

所見

今回の決算発表により、ハローズ株は買いやすくなりました。業績が十分好調(経常利益が前期比で+11.4%)ですし、そもそもディフェンシブ銘柄ですので、米中貿易摩擦の影響が相対的に少ないため、景気敏感株の代替にもなります。また、昨今でよく言われている人手不足による人件費高騰の影響も限定的だと分かりました。

通期の業績予想に対する1Qでの進捗の観点では、売上高・経常利益ともに25%に届いていないものの、例年ですと年末商戦含む4Q(12月〜2月)に若干の偏りがあるために気にする必要はないでしょう。この他、月次で既存店の売上高が前年比100%を割っている点は懸念材料ですが、それでも1Qで利益が出ている事から今後の失速に繋がる可能性は低いと解釈できます。

翌日の株価

決算発表の翌日のハローズの株価は、前日比プラスの2,700円で始まり、一時的に売りに押されたものの、最後は2,720円(前日比+29円 +1.08%)で終えました。好決算の割には、株価は高騰しませんでした。来週以降の株価上昇に期待したいところです。

画像出典:(株)ハローズ Yahoo!ファイナンス 2018/6/29

アルトナー(2163.jp)東証一部昇格


技術者の人材派遣会社であるアルトナー(2163.jp)の東証一部昇格が発表されました。

東証一部昇格

東証一部昇格のニュースは、2018年6月26日の引け後、16:00に発表されました。

株価の反応

翌日の株価

東証一部昇格のニュースが発表された翌日6月27日のアルトナーの株価は、1,193円(前日比+37円 +3.20%)となりました。市場変更にしては穏やかな上昇幅でした。

画像出典:(株)アルトナー Yahoo!ファイナンス 2018/6/27

一般的に東証一部昇格のニュースが入ると、TOPIXインデックスファンドを始めとした買い注文が殺到するために株価が急騰します。加えてアルトナーは業績が好調な割に株価が安いため、アクティブ投資家が買いやすい銘柄の1つでもあります。

このように、直近のニュースとファンダメンタルズを見る限りでは株価上昇に期待ができました。ただし下記のリンクの通り、アルトナーの東証一部昇格が秒読みである旨が、既に立会外分売実施の際に発表されていました。そのため昇格のニュースはサプライズ性に欠けたようです。

翌々日の株価

ところが、更にその翌日の6月28日に、株価は大きく動きました。下図のチャートの通り、場中に買い注文が集まり、終値は1,290円(前日比+97円 +8.13%)となりました。

画像出典:(株)アルトナー Yahoo!ファイナンス 2018/6/28

ライブドア・ショック(2006年)前後のライブドア(4753.jp)株価チャート


ライブドア・ショック(2006年)前後のライブドア(4753.jp)の株価チャートです。

2006年1月16日(月)、証券取引法違反容疑で、東京地方検察庁特別捜査部が六本木ヒルズ内の本社・堀江社長の自宅・新宿の事業所などに強制捜査を行いました。これを受け、翌日以降のライブドア株はストップ安となりました。1月16日に696円で引けたライブドア株は、翌1月17日に596円(-14.4%)、1月18日は売買成立せず、1月19日に416円(-30.2%)、1月20日に336円(-19.2%)、1月23日に256円(-23.8%)、1月24日に176円(-31.3%)とストップ安で下がり続けました。この間のローソク足は実体(胴体)を持たなかったため、上図ではほとんど判別できません。ただし、目を凝らすとゴミのような横線を5つ確認できます。

1月25日に137円(-22.2%)、1月26日には113円(-17.5%)で引け、ここでようやく下げ止まりました。強制捜査の日の終値と比べて、83.76%安の水準に相当します。ライブドア株は6分の1以下まで叩き売られた形になりました。その後、4月14日にライブドアの株式は上場廃止しました。

なお、ライブドア株の暴落は他の新興市場株に波及し、更に国内株全般に波及しました。この株式暴落事件はライブドア・ショックと呼ばれています。