運用報告書(2017年3月末日)

2017年3月31日時点の資産運用の状況を公開します。

運用概況

資産概況

時期 運用資産(千円) 基準価額(円) 前月比 口数(千口) 低リスク資産比率
2017年3月末 10,765 15,420 0.47% 6,981 31.2%
2017年2月末 10,714 15,347 6,981 31.9%

投資環境

投資環境は概ね安定していたと言えますが、トランプノミクスの息切れも指摘される相場環境でした。例えばダウ平均株価は3月16日(木)から8営業日続落しました。また、3月24日(金)にはトランプ大統領によるオバマケア代替法案が撤回に追い込まれた結果、米国政権の政策遂行力が疑われる事で株価の下落に拍車がかかりました。

株式個別銘柄

売買銘柄

市場 銘柄(コード) 売買区分 備考
東証1部 ヘリオス テクノHD(6927.jp) 売却 リバランス売り(日本株および電気機器銘柄を減らすため)
東証JQS システム情報(3677.jp) 追加購入 プロジェクトマネジメントに強みがあるシステム開発の優位性に起因する成長期待およびBtoBビジネスの安定性に対する期待から追加購入

ヘリオス テクノHD(6927.jp)の売却は裏目に出ました。売った直後に増配・増益のプレスリリースが出て、翌日は12.09%高となりました。

上位銘柄

システム情報(3677.jp)を買い増した結果、この銘柄が上位銘柄に初めてランクインしました。

産業別

個人的に好成績な技術(technology)株と生活必需品(Consumer Staples)株への集中投資をしています。今後もこの2業種を中心とした運用を継続する予定です。

地域別

ホームバイアスをかけ、日本株が50%程度の運用を行っています。今後も引き続き、この比率で運用を継続する予定です。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。