運用報告書(2018年5月末日)


2018年5月末時点の資産運用の状況を公開します。

運用状況

資産概況

5月は決算発表銘柄が多くありました。保有していた一部の半導体関連銘柄は決算を受けて大幅安となり、運用資産額を減らす要因になりました。ただし全体としては無事に決算通過と言える結果となりました。運用資産は5月に+2.04%となり、年初来リターンは再びプラス圏に浮上しました。

時期 運用資産(円) 基準価額(円) 前月比 口数(口) 低リスク資産比率
2018年5月末 14,155,648 18,824 +2.04% 7,519,820 25.1%
2018年4月28日 13,872,561 18,448 -0.19% 7,519,820 16.0%

相場環境

時期 日経平均株価 日経平均株価
月間騰落率
米ドル/円 米ドル/円
月間騰落率
S&P500 S&P500
月間騰落率
2018年5月末 22,201.82 -1.18% 108.81 -0.48% 2,705.27 2.16%
2018年4月末 22,467.87 4.72% 109.33 2.89% 2,648.05 0.27%

売買銘柄

株式個別銘柄部門

決算の結果を見て、今月は多くの銘柄を売買しました。トランプ大統領による保護貿易の台頭、ギリシャの動向等、直近の株式相場には懸念材料が多く、株価の上昇傾向も終わりが近いと考えたため、売却が多くなりました。

市場 銘柄(コード) 売買区分 備考
東証2部 オリジナル設計(4642.jp) 部分売却 受注の減少傾向が利益減を連想させたため部分売却
東証JQS 昭和パックス(3954.jp) 売却 好決算を受けて低成長な割に株高になったと考えて売却
東証JQS ダイイチ(7643.jp) 部分売却 減益傾向のため部分売却
東証1部 パーソルホールディングス(2181.jp) 売却 8,619 百万円の特別損失(減損損失)の計上が、将来の利益拡大の期待値を押し下げたため売却
東証1部 TOWA(6315.jp) 売却 経常利益が前年比-14.3%と減益、半導体機械の市場もこれ以上は拡大しないと予想したため売却
東証JQS シダー(2435.jp) 部分売却 直近の経常利益の失速傾向から部分売却
東証JQS サンエー化研(4234.jp) 売却 損切
東証JQS アエリア(3758.jp) 新規購入 急成長への期待から購入
東証1部 WDBホールディングス(2475.jp) 売却 直近の売上・利益の失速と、減損損失の兆候から売却
東証1部 タツタ電線(5809.jp) 売却 利益水準が低下し、CFも不安だったため
東証2部 英和(9857.jp) 新規購入 利益の伸びに対して株価が割安だと考えて購入
東証1部 長野計器(7715.jp) 追加購入 計器類の市場拡大傾向から購入
東証1部 イーレックス(9517.jp) 新規購入 利益急伸を見て購入
東証1部 オリックス(8591.jp) 売却 直近の利益が失速しているため売却
東証1部 昭文社(9475.jp) 空売り スマホの影響による地図市場の縮小によって、赤字が継続すると予想して空売り
東証1部 パイオニア(6773.jp) 空売り スマホとパナソニックによるカーナビ市場の競争激化により、赤字が継続すると予想して空売り
東証JQS システム情報(3677.jp) 追加購入 成長性の割に株価が割安な水準になったため、指値注文が約定

投資信託部門

特に売買を行っていません。

管理部門

システム関連

特に更新はありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。