運用報告書(2018年6月末日)


2018年6月末時点の資産運用の状況を公開します。

運用状況

資産概況

6月は米中貿易摩擦が激化し、報復関税の応酬が懸念されたもの、相場環境としては良好で、日経平均株価は前月比で+0.46%、米ドル/円の為替は+1.67%の円安、S&P500も+0.48%となりました。一方で私の保有資産は小型株および新興国株式が多いために下落幅が大きく、運用資産額は前月比-1.93%と減少、年初来成績もマイナス圏に突入しました。

時期 運用資産(円) 基準価額(円) 前月比 年初来 口数(口) 低リスク資産比率
2018年6月末 13,882,852 18,462 -1.93% -0.87% 7,519,820 17.0%
2018年5月末 14,155,648 18,824 +2.04% +1.08% 7,519,820 25.1%

相場環境

時期 日経平均株価 日経平均株価
月間騰落率
米ドル/円 米ドル/円
月間騰落率
S&P500 S&P500
月間騰落率
2018年6月末 22,304.51 0.46% 110.63 1.67% 2,718.37 0.48%
2018年5月末 22,201.82 -1.18% 108.81 -0.48% 2,705.27 2.16%

売買銘柄

株式個別銘柄部門

5月から6月にかけて好決算が発表された銘柄を中心に購入しましたが、結果的にこれらの購入は運用成績の下落に繋がってしまいました。

市場 コード 銘柄 売買区分 備考
東証1部 3836 アバント 新規購入 安定成長BtoBビジネス銘柄として打診買い
東証2部 4642 オリジナル設計 追加購入 少し安くなったために思わず買い戻し
東証1部 9414 日本BS放送 新規購入 利益率良く、ビジネスの拡大傾向があるため購入
東証JQS 2435 シダー 部分売却 直近の経常利益の失速傾向から売却
東証JQS 6433 ヒーハイスト精工(株) 売却 2018年3月期の直近利益が大幅失速を受けて遅すぎる損切
東証2部 4642 オリジナル設計(株) 部分売却 受注の減少傾向があるため、主力株としてはやや不安に思い、部分売却
東証JQS 7643 (株)ダイイチ 売却 直近利益の縮小傾向が不安になったために売却
東証1部 3756 (株)豆蔵ホールディングス 売却 直近の実績は良いが業績予想は良くは無く、成長性も他のIT銘柄に比べれば見劣りするために売却
東証2部 3825 (株)リミックスポイント 新規購入 業績の浮き沈み激しいが、ポートフォリオにはこういう銘柄も少しあって良いと考えて購入
東証JQS 3974 (株)ティビィシィ・スキヤツト 新規購入 2018年10月期の2Qは上方修正で着地。チャートも下げ止まっているため
東証2部 9857 英和(株) 売却 割安だが利益率や長期的な成長性が低いため
東証JQS 6164 (株)太陽工機 新規購入 2018年12月期の1Qの売上・利益の伸びが良く、受注も好調で業績拡大が期待できるため
東証2部 4998 フマキラー(株) 新規購入 長期的な業績拡大傾向あり、直近でも外来種の害虫駆除のための需要が期待できるため
東証1部 4022 ラサ工業(株) 新規購入 経常利益実績の伸びと、依然として良好な業績予想に注目して購入
東証1部 9475 (株)昭文社 買埋 逆日歩負担軽減のため買埋
東証2部 2163 (株)アルトナー 追加購入 人材関連銘柄としては直近の業績が好調なので、追加購入
東証1部 6773 パイオニア(株) 買埋 株価が下落したため、指値約定。

投資信託部門

特に売買を行っていません。

管理部門

システム関連

今月はExcelおよびExcel VBA、ユーザーフォームによる、下図のような銘柄の管理・サマリー作成ツールを作成しました。高い精度で株を売買し利益を得る事がツール作成の目的でしたが、ツールの作成そのものが自己目的化して、思いの他大きなシステムになりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。