私のインデックス投資の状況と、その経緯、および課題について

私は個別銘柄投資に加えて、インデックス投資を行っています。2017年9月15日現在のインデックス・ファンド保有状況と、そこに至った経緯、および今後の課題について投稿します。

インデックスファンドの保有状況

運用資産に占めるインデックスファンドの比率

2017年9月15日現在、保有するリスク資産の内、16.7%をインデックスファンドで運用しています。それ以外の部分はほとんど個別株で、一部アクティブ・ファンドがあります。

以前のインデックファンドの比率はもっと高い水準でした。例えば私の2009年の投資ノートでは、インデックファンドへの投資比率は90%を超えていました。それが投資経験が長くなり、運用規模が大きくなるにつれて、インデックファンドを持たなくなりました。

個別株を新規で買い付けたり、保有していた個別株が値上がりした結果、インデックファンドへの投資比率は少なくなりました。かつてはコア&サテライト運用をしていたつもりでしたが、サテライト部分がどんどん大きくなり、今では逆転したという印象です。

保有する投資信託の一覧

私が保有する投資信託の一覧を下記のテーブルに示します。

銘柄 通貨 アセット
クラス
信託報酬 時価 構成比率
eMaxis Balance 8 Equal Assets/MUKAM JPY MixedAllocation 0.50% 575,419 37.5%
SBI Mid and Small Undervalued Growth Equity Fund – jrevive JPY Equity 1.70% 328,320 21.4%
SMTAM SMT Global Equity Index Open JPY Equity 0.50% 243,438 15.8%
SMTAM SMT Global REIT Index Open JPY Equity 0.55% 237,523 15.5%
SMTAM SMT Emerging Equity Index Open JPY Equity 0.60% 151,311 9.9%

ジェイリバイブを除き全てインデックスファンドで構成しています。なお、最新の保有状況(個別銘柄含む)は下記のページに公開しています。

ポートフォリオ Kapok&Fintech

上記のインデックス投資をした経緯

外国株はインデックス投資をする理由

私は特に、外国株をインデックス・ファンド経由で購入しています。

外国株は米国株・中国株を中心に個別銘柄投資も行ってはいますが、為替手数料売買手数料が割高で情報も上手に手に入りません。インデックス投資であれば、信託報酬に見合う程度の無難な投資成果を得られます。加えてヨーロッパ株のように、投資したくても難しい地域の株式にも、インデックス投資であれば出資が出来て、分散投資(通貨分散・地域分散)も可能になります。

日本株のように優待を受け取れない事による不利もありませんので、外国株はインデックス投資が中心になっています。

ETFを使わない理由

インデックス投資に外国のETFを使う手がありますが、私は国内の投資信託を使っています。外国のETFの購入する場合、為替手数料売買手数料がかかりますが、これらの手数料は国内の投資信託を使った方が割安だと考えています。

日本のETFを使う手もありますが、情報が少なく私にとってよく分からない金融商品なので買いません。

国内の個別株を増やした理由

国内資産の運用では、インデックスファンドではなく個別銘柄を重視しています。アクティブリターンを得られそうですし、株主優待の受け取りによる優待利回りを加味しています。更に個別株は投資信託と異なり、信託報酬がかからない点も魅力です。

勿論、常に個別株部門がインデックファンドの利回りに勝てるわけではありません。私の個別株はディフェンシブ銘柄が多いため、景気敏感株を多く含むインデックファンドには、景気上昇局面で置いて行かれます。特にアベノミクス絶頂期では、インデックファンドに多くを投資しなかった事が裏目に出ていました。

それ以降は、ある程度の株価下落が起こったタイミングでインデックファンドも買い付けるようにしています。株価が下落したかどうかは、PBRの推移やチャートを参考にしています。

今後のインデックス投資に向けての課題

信託報酬を下げる事

私のインデックス・ファンドの信託報酬は割高です。

インデックス・ファンドの運用成績は信託報酬と強く逆相関しており、割高な信託報酬は運用に不利です。信託報酬が引き下げられる事に期待したり、新しく低コストなインデックス・ファンドの運用初期に不安があったり、乗り換えのコスト(課税により複利効果が削がれる事、信託財産留保額の支払い)が嫌だったりして乗り換えを躊躇しています。ですが、さすがにそろそろ乗り換えねばと考えています。

リバランスをする事

気がつけばリバランスをせずに数年間ほったらかしにしてしまいますが、適切な利益確定や押し目買いの効果を期待し、たまにはリバランスを行わなければならないと考えています。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。