運用報告書(2017年5月末日)

2017年5月31日時点の資産運用の状況を公開します。

運用概況

資産概況

時期 運用資産(千円) 基準価額(円) 前月比 口数(千口) 低リスク資産比率
2017年5月末 11,132 15,946 1.29% 6,981 31.2%
2017年4月末 10,990 15,742 2.08% 6,981 27.7%

株式個別銘柄

2017年5月31日時点で保有している株式個別銘柄とその時価を、下表にまとめます。

銘柄一覧

8ヵ国35銘柄へ投資しています。

コード 銘柄 通貨 業種 配当
利回り
PER 保有数 時価
(円)
構成
比率
7475.jp Albis Co Ltd JPY Consumer Staples 1.51% 18.28 100 464,500 7.7%
2292.jp S Foods Inc JPY Consumer Staples 1.01% 16.29 100 378,000 6.3%
3888.hk Kingsoft Corp Ltd HKD Information Technology 0.48% 1000 297,700 5.0%
msft.us Microsoft Corp USD Information Technology 2.22% 32.52 37 288,470 4.8%
4323.jp Japan System Techniques Co Ltd JPY Information Technology 1.89% 16.86 200 264,000 4.4%
7643.jp Daiichi Co Ltd JPY Consumer Staples 1.53% 4.05 200 261,200 4.4%
6750.jp Elecom Co Ltd JPY Information Technology 1.92% 14.50 100 234,300 3.9%
2742.jp Halows Co Ltd JPY Consumer Staples 1.03% 15.63 100 232,100 3.9%
005930.ks Samsung Electronics Co Ltd KRW Information Technology 1.25% 12.75 1 223,500 3.7%
jnj.us Johnson & Johnson USD Health Care 2.64% 20.05 15 211,123 3.5%
1099.hk Sinopharm Group Co Ltd HKD Health Care 1.60% 18.56 400 202,350 3.4%
wfc.us Wells Fargo & Co USD Financials 2.91% 13.05 35 202,149 3.4%
intc.us Intel Corp USD Information Technology 3.01% 14.37 50 200,311 3.3%
2475.jp WDB Holdings Co Ltd JPY Industrials 0.85% 19.33 100 199,800 3.3%
pg.us Procter & Gamble Co/The USD Consumer Staples 3.16% 23.28 20 193,556 3.2%
6407.jp CKD Corp JPY Industrials 1.89% 15.09 100 169,600 2.8%
3677.jp System Information Co Ltd JPY Information Technology 1.56% 19.62 200 166,800 2.8%
3988.hk Bank of China Ltd HKD Financials 4.88% 6.19 3000 166,257 2.8%
9028.jp Zero Co Ltd JPY Industrials 3.34% 8.06 100 157,600 2.6%
indf.ij Indofood Sukses Makmur Tbk PT IDR Consumer Staples 1.93% 19.35 1800 157,500 2.6%
855.hk China Water Affairs Group Ltd HKD Utilities 1.76% 10.71 2000 144,942 2.4%
3954.jp Showa Paxxs Corp JPY Materials 2.17% 7.06 100 138,100 2.3%
olam.sp Olam International Ltd SGD Consumer Staples 2.93% 16.59 800 131,249 2.2%
tlkm.ij Telekomunikasi Indonesia Persero Tbk PT IDR Telecommunication Services 4.56% 19.86 3000 130,500 2.2%
6670.jp MCJ Co Ltd JPY Information Technology 2.23% 12.17 100 125,900 2.1%
vmw.us VMware Inc USD Information Technology 31.89 10 107,120 1.8%
005380.ks Hyundai Motor Co KRW Consumer Discretionary 2.45% 8.68 5 81,500 1.4%
1186.hk China Railway Construction Corp Ltd HKD Industrials 1.70% 8.83 500 76,023 1.3%
8306.jp Mitsubishi UFJ Financial Group Inc JPY Financials 2.61% 10.12 100 69,090 1.2%
sem.mk 7-Eleven Malaysia Holdings Bhd MYR Consumer Staples 1.76% 33.96 2000 67,727 1.1%
096770.ks SK Innovation Co Ltd KRW Energy 3.79% 8.03 4 67,600 1.1%
gazp.rm Gazprom PJSC RUB Energy 6.56% 3.06 240 56,324 0.9%
5809.jp Tatsuta Electric Wire and Cable Co Ltd JPY Industrials 2.55% 10.38 100 55,000 0.9%
2380.hk China Power International Development Ltd HKD Utilities 6.12% 8.18 1000 42,204 0.7%
8410.jp Seven Bank Ltd JPY Financials 2.35% 19.22 100 40,500 0.7%

売買銘柄

決算発表の季節となり多くの銘柄を入れ替えました。結果、ネット証券に多額の手数料を課金する優良顧客となりました。

市場 銘柄(コード) 売買区分 備考
東証1部 バローホールディングス(9956.jp) 売却 減益見込み(平成29年3月期)のため、成長性・割安さが解消されたと考えて売却しました。
東証1部 アステラス製薬(4503.jp) 売却 トランプノミクスの円安の恩恵が大きな銘柄の1つだと考え保有を継続していましたが、減収減益見込み(平成30年3月期)と分かり売却しました。
東証JQS 昭和パックス(3954.jp) 新規購入 割安さ・チャートに注目し、増配発表後に購入しました。
東証1部 大阪有機化学工業(4187.jp) 売却 高値圏でチャートが崩れたと考え売却しました。
東証2部 兼松エンジニアリング(6402.jp) 売却 減収減益見込み(平成30年3月期)が発表され、受注は悪くないもののチャートも崩れたため売却しました。
東証1部 安藤ハザマ(1719.jp) 売却 減益見込み(平成30年3月期)が発表されたため売却しました。
東証1部 UACJ(5741.jp) 新規購入
&売却
平成29年3月期決算を受けて明らかに割安だと判断し購入したものの、私が非鉄金属業種に不勉強な事もあり、チャート崩れに不安になり損切りしました。
東証JQS シノケングループ(8909.jp) 売却 平成29年12月期1Qが発表され、内容は悪くないもののチャートが崩れ売却しました。私は不動産・建築株のバブル崩壊を予想しており、撤退のタイミングを探していました。
東証JQS ダイイチ(7643.jp) 新規購入 成長性・割安さに注目し購入しました。
東証2部 ゼロ(9028.jp) 新規購入 割安さとチャートに注目し購入しました。
東証JQS システム情報(3677.jp) 部分売却 値上がり大きく、チャートが崩れたために保有株の半数を売却しました。
東証1部 コーナン商事(7516.jp) 売却 平成30年2月期の業績予想は好調であるものの、月次売上で既存店の失速や特別損失への警戒から売却しました。
東証1部 JXTGホールディングス(5020.jp) 売却 割安感があるものの、チャートが悪く、そもそも得意な業種でもないために、不安になり損切りしました。
東証2部 日本システム技術(4323.jp) 新規購入 業績の伸びや成長余地の広さに注目して購入しました。
東証1部 WDBホールディングス(2475.jp) 新規購入 業績の伸びとチャートに注目し購入しました。

通貨別

ホームバイアスをかけた運用を行っており、日本株が個別株ポートフォリオの半数程度を占めています。今後もホームバイアスをかけた運用を継続する予定です。

通貨 時価 構成比率
JPY 2,956,490 49.2%
USD 1,202,729 20.0%
HKD 929,476 15.5%
KRW 372,600 6.2%
IDR 288,000 4.8%
SGD 131,249 2.2%
MYR 67,727 1.1%
RUB 56,324 0.9%

業種別

高パフォーマンスな情報技術(Information technology)および生活必需品(Consumer Staples)銘柄に偏った運用を行っています。今後は分散投資の観点から、この2業種の比率が70%を超えないように注意をし、運用します。

業種 時価 構成比率
Information Technology 1,908,101 31.8%
Consumer Staples 1,885,832 31.4%
Industrials 658,023 11.0%
Financials 477,996 8.0%
Health Care 413,474 6.9%
Utilities 187,146 3.1%
Materials 138,100 2.3%
Telecommunication Services 130,500 2.2%
Energy 123,924 2.1%
Consumer Discretionary 81,500 1.4%

システム開発

2017年5月は、個別銘柄情報を自動取得するシステムの開発に注力しました。当初、状況把握を通して資産運用を有利に行うためのシステムを作成する事が目的でしたが、pythonやMySQLと仲良くなるにしたがって自己目的化し、作る事そのものを楽しむ事となりました。

作成したシステムで日次で取得している、私の保有株の時価は、下記に公開しています。

ポートフォリオ(Kapok&Fintech)

個別銘柄ポートフォリオを公開しました

当サイト管理者Kapokの個別銘柄ポートフォリオをサイト上に公開しました。公開範囲は、株個別銘柄のみとさせて頂いています。(非公開資産は、ETF・投資信託・債券・キャッシュポジションです。)

ポートフォリオへのリンク

ポートフォリオは、下記のリンク先です。このブログではなく、ホーム直下に設置しました。

ポートフォリオ Kapok&Fintech

システム作成

ポートフォリオの時価は、システムによって自動的に更新されます。

作成理由

Bloombergのアプリの使い勝手が少し悪くなり、ポートフォリオの状況が分かるように自前のシステムを導入しました。

  • 保有銘柄の状況を時価順に一望できる事
  • 外国株の時価(円ベース)が分かり、かつそれを保存できる事

の2点を重視して作成しました。

特に外国株個別銘柄の時価は重視しました。一般的に外国株は為替(つまり円高)で負けやすいわけですが、今までは為替を加味した損益計算がなかなか出来ませんでした。今後はこのシステムを使い時価データを保存し比較する事で、円ベースでの損益が分かるようになります。

システム構成

ポートフォリオはPHPで表示しています。銘柄情報はのMySQLデータベースに格納しています。情報更新は、pythonのスクリプトをUbuntuのcrontabから実行しています。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型) 様子見の後に購入予定です

バランス型インデックスファンドである「eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)」への投資を検討しています。これに関連して調べた事、考えた事をまとめます。すぐに購入はせず様子を見て、運用報告書が出た後の購入を考えています。

購入を検討する理由

私はeMAXISバランス(8資産均等型)を保有しています。このファンドは、保有する投資信託の中で、時価総額1位です。ただしこの投資信託の信託報酬は、年率税抜き0.5%です。購入した当時は随分と安かったのですが、最近ではもっと安い信託報酬で運用されているバランスファンドが複数あります。

いまやメタボなeMAXISバランス(8資産均等型)ではなく、スリムなeMAXISバランス(8資産均等型)での運用に切り替えるべきだと考え、この投資信託について調べました。以下、調べた事と所感を投稿します。

コスト

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は、低コストで運用されている事が魅力です。

売買手数料

購入時手数料無料、信託財産留保額も無料です。

最近のインデックスファンドは、売買手数料は無料である事が普通です。とは言え、ありがたいものです。

信託報酬

信託報酬は税抜き0.22%です。

国内の追加型投資信託のバランスファンドとして、2017年5月現在最安値です。このように信託報酬が低く抑えられている分だけ、投資家のリターンを大きくできる事が期待できます。

信託報酬の内訳は下記のテーブルの通りです。ファンドの規模が500億円を超えると値下がりする構造ですが、500億円を超えるのはすぐには難しいでしょう。

委託会社 販売会社 受託会社 合計
0.1% 0.1% 0.02% 0.22%

アセット・アロケーション

8資産へ均等に投資

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は、下図の通り8資産へ均等に投資します。

賛否両論の均等投資

均等投資には賛否両論あります。私は肯定的な意見を持っています。

否定派の流派の1つは、「市場が効率的だと信じている人々」です。8資産均等は、時価総額加重平均とは異なりますので、無用なリスクを取りリターンが少なくなると懸念する人がいます。確かにREITの構成比率は高すぎる気もします。ですが、私はそもそも市場は効率的だとは考えておらず、個別株も多く保有しています。そのため、個別株を含む資産全体の中での8資産均等型ファンドは、位置づけとして全く問題無いと考えています。

また、否定派の別の流派に「均等投資は、最適なアセット・アロケーションではないと考える人々」がいます。これは昔、「アセット・アロケーションは投資成果の8割を決める」という誤解が流行した名残でしょう。確かにアセット・アロケーションは投資成果を十分良く説明しますが、その投資成果に必要ではありません。本当に重要なのはリスク資産の比率であって、内訳ではありません。確かに均等投資は適当でいい加減に決めた比率ではありますが、決して悪くはないと考えています。

すぐには買わない

私はeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)がとても良い仕様だと考えていますが、すぐには購入しないつもりです。すぐに買わない事には多くのメリットがあります。

ファンドの立ち上がりは不安定

一般的に時価総額の小さいファンドは不安定です。高コストになりがちですし、インデックスファンドもベンチマークへの追随が難しいです。eMAXISシリーズはマザーファンドの規模が大きいとはいえ、どれだけ安定しているのかを見た後に買っても遅くはありません。eMAXISバランス(8資産均等型)も、立ち上がり当初はキャッシュ過多で8資産への均等投資とは程遠いポートフォリオであったように記憶しています。

私は少なくとも、運用報告書が出てコストの様子が明らかになった後に購入します。

もっと低コストなファンドが出るかも

経験的にインデックスファンドは、乗り換えを控えた方が良いです。なぜなら、保有するインデックスファンドの信託報酬が値下がりする可能性がありますし、今後もっと低コストなファンドが出てくるかも知れません。例えばもしもiFree8資産バランスファンドの信託報酬が値下がりすれば、eMAXIS Slimを買う理由も無くなります。

乗り換えにはコストもかかります。信託財産留保額が設定されているインデックスファンドは少なくありません。また、含み益が利益として確定すれば課税対象となり、結果複利効果が削がれます。

このように、少し待ってから購入するのは、悪い選択ではないと考えています。

バフェットのポートフォリオ(2016年12月)

ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)のポートフォリオをメモしておきます。

バフェットは長期投資家として知られていますが、実はバフェットのポートフォリオの構成銘柄や比率は大きく変化します。また、バフェットの一挙一動は関連銘柄の株価に影響します。そのため投資家は時々、バフェットのポートフォリオを確認する必要があります。

バフェットのポートフォリオ

下記のポートフォリオ2016年12月時点のものです。

構成銘柄が10%を超える集中投資銘柄が3銘柄もあります。一方で下位銘柄の保有比率は低く、47銘柄中の30銘柄は構成比率が1%に届きません。これらは事実上のウォッチリスト銘柄と言えるでしょう。

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

バフェットの成績

伝説的パフォーマンスで知られるバフェットですが、近年の投資成績は良くはありません。例えば2016年はS&P500が12.0%増に対して、バフェットが率いるバークシャーは10.7%増です。2008年リーマン・ショック以降2016年までの間、バフェットがS&P500に負けた年は2009年,2010年,2012年,2013年,2014年,2016年です。3勝6敗で、結構負けています。

マルチファクターモデルに学ぶ「株価を説明する因子」 どうして株価は動くのか?

株価はどのようなモノから影響を受け、生成されるのでしょうか。株価を説明するマルチファクターモデルにて、利用されている因子を「外的ファクター」「抽出されたファクター」「企業の特性」の3種類に大別し、紹介します。

マルチファクターモデルとは?

マルチファクターモデルは、株式や債券等のリスク・リターンの形成要因を、複数のファクターにより表す統計的モデルです。

マルチファクターモデルとは、モダン・ポートフォリオ理論が全盛期だった一九七〇年代に、米国のバー・ローゼンバーグ氏らが研究の副産物として実用化した統計モデルだが、ポートフォリオのリスクを数十のファクター(銘柄の一般的な属性や業種など)で説明するソフトウェアだ。現在もバーラ(BARRA)モデルが運用業界のデファクト・スタンダードだが、バーラ・モデル以外のポートフォリオ分析ツールもある。但し、何れもプロ用で、データ代を含めて、毎月の使用料が数十万円単位になるのが難点だ。

マルチファクターモデルで何ができるか。たとえば、TOPIXをベンチマークとして運用している日本株のファンドマネジャーのポートフォリオが、TOPIXに対してどのような相対的なリスク(「推定トラッキングエラー」と呼ばれる)を持っているかを計算できる。

出典:第204回 ファンドマネジャーのトレーニング・プログラムを考える(山崎元「ホンネの投資教室」@楽天証券

マルチファクターモデルの株価説明因子

株価の説明に寄与する因子は、大別すると「外的ファクター」「抽出されたファクター」「企業の特性」の3種類があります。

外的ファクター

証券から見て外生的な変数は、株価の説明に利用されます。

具体的には、国内総生産(GDP)や消費者物価指数(CPI)、失業率や鉱工業生産指数、等があります。その他、月齢や太陽の黒点数を利用する事もあります。

外的ファクターは、トップダウンアプローチを重視する投資家が重宝するファクターです。

特に個別株運用を行う投資家は、企業分析に時間をかけがちです。ですが企業業績は外部変数の動向に左右されます。マルチファクターモデルは、広い視野を持ち、投資環境の良し悪しを吟味する大切さを教えてくれます。

抽出されたファクター

既知の情報から抽出したファクターも、株価の説明に利用されます。

例えば株価指数や業種別株価指数があります。その他、直近高値からの経過日数や、2つの株の収益率の比、等が使われる事があります。

抽出されたファクターは、テクニカル重視の投資家が重宝するファクターです。

株価の値動きは需給で決まります。その株を欲しがる人が増えれば株価は上がり、売りたい人が増えれば株価は下がります。マルチファクターモデルは、指数の値動きから需給を読み取り、投資行動を選択する大切さを教えてくれます。

企業の特性

当然ながら企業特性は、株価変動の一因になります。

PERやPBR、配当利回りや収益予想や、その他企業に特有の値が使われます。

企業の特性は、ファンダメンタルズ重視の投資家が重宝するファクターです。

結局の所、割安な成長株の株価は上がります。マルチファクターモデルは、企業を理解しその未来を予測する事で、投資家は利益を得るという、基本的な事実を教えてくれます。

論理的な投資家になるために

投資家として、利益のために株価を追っかけ回す事は勿論重要です。それに加えて、ただ株価を追うだけではなく、論理的な根拠を持ち、現象の解釈を試みる事もやはり大切です。

定期的に、上記の各種株価変動因子・ファクターを点検してみて、効率的な資産運用を行えるようにポートフォリオの調整をするのも良いでしょう。

関連

マルチファクターモデルに関連する外部記事を紹介しておきます。

ローゼンバーグ型マルチファクターモデル(通称 BARRA モデル)

下記の記事では、図が充実しており、マルチファクターモデルについての理解を深める事ができます。

ローゼンバーグ型マルチファクターモデル(通称 BARRA モデル)は、 機関投資家の間に広く普及しているポートフォリオ最適化モデルです。 エクスポージャ行列からフィッティングを行ってファクターリターンを求めることを過去数十日分繰り返し、 蓄積したファクターリターンの分散と最新のエクスポージャおよびスペシフィックリスクを入力として、 最適化(二次計画法)によってポートフォリオを求めます。

出典:マルチファクターモデル(FIOPT)

ファーマ-フレンチの3ファクターモデル

当記事では、マルチファクターモデルの因子を「外的ファクター」「抽出されたファクター」「企業の特性」の3ファクターに分類しました。この3ファクターは、ファーマ-フレンチの3ファクターモデルの3ファクター「市場ポートフォリオ(時価総額加重平均型株価指数)」「時価総額」「簿価時価比率(PBRの逆数)」とは異なります。