東日本大震災(2011年)前後のダウ平均株価チャート

東日本大震災当時の米国株動向を知るために、ダウ平均株価チャートを作成しました。ダウ平均株価は少なからずこの大震災の影響を受け、2011年3月16日には震災前より3.6%低い水準まで売られる局面がありました。

東日本大震災

東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい、ひがしにっぽんだいしんさい)は、2011年(平成23年)3月11日に日本で発生した大規模地震災害です。

地震による直接的な被害だけでなく、地震によって発生した巨大津波、および原発事故によって多大なる被害が出ました。震災の影響は世界の経済活動の停滞をも意識させました。また、為替相場へも波及し、有事の円買いによる円高が進行しました。

東日本大震災前後のダウ平均株価


地震は2011年(平成23年)3月11日、日本時間の午後2時46分に発生しました。その日、ダウ平均株価は前日比小幅にプラスで引けました。

ところがその後、津波による被害が明らかになり、日本のサプライチェーンの分断と景気悪化が意識されました。更に3月14日(月)、3月15日(火)は福島第一原子力発電所の爆発・炎上により放射能汚染が拡大しました。これらの災害・事件により為替相場も不安定になりました。その結果、ダウ平均株価は下落し、3月16日には11,555.48ドルをつけました。これは震災前と比べ、-3.6%の水準になります。

ただし、日経平均株価暴落した事と比べれば、米国株の下落は軽微であると言えます。参考までに日経平均株価の3月14日安値は、震災前3月10日終値と比べ、2,361.87円安(-22.3%)の水準でした。つまり東日本大震災は、分散投資、特に地域分散の重要性を教訓として残す事になりました。

イラク戦争(2003年)開戦前後のダウ平均株価チャート

イラク戦争は、アメリカ合衆国が主体のイラクへの侵攻で、2003年3月20日に開戦しました。下図はその前後のダウ平均株価チャートです。


2000年のドットコムバブル(インターネットバブル)崩壊の影響で下落基調であったダウ平均株価は、イラク戦争開戦後に回復を始めます。米国は世界で最も軍事産業が盛んですので、侵略戦争は経済活動を活発にするのです。(迷惑な国ですね。)

その後、加熱した投資マネーは住宅価格を上昇させ、サブプライム危機の原因として知られる米不動産バブル(2006年中盤頃ピーク)を形成して行く事になります。

911アメリカ同時多発テロ事件前後のダウ平均株価推移

2001年9月11日にアメリカ合衆国内で、航空機等を用いた4つのテロ事件が、同時多発的に発生しました。この事件は、「アメリカ同時多発テロ事件」や「9・11テロ」等と呼ばれます。

この事件後のダウ平均株価チャートを作成しました。



作成したチャートの元データは株価データ倉庫から取得しました。

テロが起きたのは9月11日の朝で、アメリカ合衆国での取引が始まる前の時間帯でした。多くの金融機関が入居する貿易センタービルで起きた事件ということもあり、テロ事件以降アメリカ合衆国国内の取引は中止され、次に市場が開いたのは9月17日となりました。

9月17日のダウ平均株価は、前日比-684.8ドル安(-7.13%安)の8920.7ドルで引けました。その後も下落を続け、9月21日には8,062.3ドルをつけました。これはテロ前日の9月10日の終値と比べれば、1,543.2ドル安(-16.1%)の水準です。テロ事件は明確なネガティブサプライズであり、米国株はこのように大きく売られる事になりました。

ただし9月21日を境として、その後の株価は回復基調となります。テロ事件は震災や経済危機と比べて影響が局所的であるため、落ちついた投資家が買い戻しを入れた事で株価は上昇していきました。

世界の市場も概ね似た動きとなりました。日本ではテロ事件翌日に日経平均株価が6.63%も下落しましたが、しばらく後に回復しました。

リスク資産への長期投資で必ず負ける場合とは?

プラスリターンの金融商品を長期運用すれば、長い目で見たら儲かりそうだと考えてしまう投資家は多くいます。ところが現実では、必ずしも儲かりません。特にリスクを取り過ぎた資産運用を長期間継続すれば、儲かるどころか必ず負ける事になってしまいます。

シミュレーション

ハイリスク・ハイリターンな金融商品

例えば四半期の平均リターン3%・リスク30%の金融商品を考えます。

この金融商品の年間でのリターン期待値は12%になります。ハイリスク・ハイリターンな金融商品に分類されます。過去記事リスクの取り過ぎは投資成果にどのように影響するか? レバレッジ運用はほどほどに?では、赤線で表現した金融商品に相当します。

金融商品の経時変化

下図は、その金融商品でのリターンの確率分布が、時間とともにどのように変化するかを示した乱数シミュレーションです。

動画中のave.は平均リターン、maxは最も運が良い投資家のリターンです。loserは、このリスク・リターンで運用する投資家が確率的に、10,000人中の何人が元本割れとなるかを示す数値です。

平均リターンは上がり、敗者は増える

この金融商品は、期中リターンがプラス(平均リターン3%)ですので、平均するとリターンは増えていきます。運が良いと大きく資産を増やす事ができ、最後には72倍とした投資家が現れます。

一方で敗者の数も時間とともに増加する傾向にあります。実はこの金融商品は、平均するとプラスリターンにもかかわらず、リスクが大きいために、長期投資をすれば必ず負ける(元本割れする)と言えます。(ε-δ論法で時間を長くとれば勝率をどこまでも小さくできます。)

なお、この金融商品の期待成長率を、ツールリスク資産の最適保有比率計算v2.0.xlsmを用いて数値計算したところ-1.8%とマイナス値が出てきました。

リスク過多の結果と対策

リスク過多の長期投資は必ず負ける

リスク過多の状態で長期投資を行うと、必ず負けます。

確かに良い投資(適切な運用)を行えば時間を味方にできるのですが、逆に悪い投資(不適切な運用)を行う際は時間は投資家の敵となるわけです。世間では「長期投資は良い事だ」という風潮がありますが、長期投資の良し悪しは運用手法抜きには語れません。

時間を味方にできるように、リスクを抑え、着実に成長できような手堅い資産運用を心がけたいものです。

リスクを減らす無リスク資産

リスクを減らした運用を行うためには、ポートフォリオに無リスク資産を組み入れる事が有効です。

無リスク資産の組み入れにより、ポートフォリオは安定化します。仮に恐慌が訪れてリスク資産が大きく減ったとしても、投資家は無リスク資産を投資元本として再起・復活が可能になります。

シミュレーションのソースコード

乱数は前回同様でROOTのgRandom->Gaus関数を利用し、PAWでプロットしました。

リンク集

お気に入り・お薦めwebサイトへのリンク集です。

投資サイト・ブログ

投資理論

サイト名 著者
(投資開始)
備考
医学と投資についての随想 (KAPPA) KAPPA
(1997年頃)
医師が執筆するデータの読み解き方に関する投資理論ブログです。話題豊富。
¥∞ 不明 ケリー基準は個人投資家必読のページです。
投資日記 不明 話題性の高い学術論文の引用、解説を多く閲覧できます。
Tansney Gohn の投資ブログ Tansney Gohn
(不明)
短いコンテンツの中に興味深いリンクが隠されている事が多々あるブログです。

国内個別銘柄

サイト名 著者
(投資開始)
備考
金のなる木を投資で増やそう moneytree7
(2000年)
バフェット分析表の作成・公開等、株式個別銘柄の定量的分析が銘柄選択の参考になります。
みきまるの優待バリュー株日誌 みきまるファンド
(2001年頃)
優待バリュー株紹介や投資教本の紹介コンテンツが多数投稿されているブログです。
サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。 弐億貯男
(2003年)
投資銘柄や金額の他、資産運用に対する考え方が公開されているブログです。
バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く アウターガイ
(2008年)
技術系コンテンツに強みがある投資ブログです。見倣いたい事多数。中でも特にIR情報を、今後真似させて頂く予定です。
富士宮で貯蓄と資産運用 mochi
(2013年)
投資ブログですが、初見で投資ブログと判定しにくいかも知れません。技術系コンテンツに強みがあり、Excelウェブスクレイパーの先駆け記事エクセルで株価を自動取得するVBAコードを紹介しますは必読。

外国株投資

サイト名 著者
(投資開始)
備考
ベトナム株、インカムゲイン、株主優待で夢を見るっ! ベトカブ
(不明)
個別銘柄メインのブログです。写真多数の旅行記から、海外の様子を知る事もできます。

不動産

サイト名 著者
(投資開始)
備考
お金にまつわるブログ ひでぼう
(2007年)
投資全般ブログですが、不動産カテゴリーに不動産運用の記事が多数投稿されています。
資産運用でスーパーカーを手に入れよう! WATANKO
(2008年)
投資信託メインのブログですが、不動産投資カテゴリーに不動産運用の記事が多数投稿されています。

相互リンクについて

当ブログは、相互リンクを受け付けていません。