プロフィール 当サイト著者Kapokの自己紹介

当サイト「経済&マネー」のコンテンツを投稿している、私Kapokのプロフィールです。

著者の属性

ライフステージや周辺環境により、最適な資産運用の方法は変わります。下記の一覧は、サイト著者Kapokの属性です。

項目 属性 備考
生年(西暦) 1986年 資産形成を行う世代です。
出身地 山口県 瀬戸内の温暖な気候で育ちました。
性別 男性
文理 理系 理学系研究科出身
家族構成 独身 一人暮らし
棲家 賃貸(@東京都) 現在、不動産物件の購入予定はありません。古い所に住みたくないので、新し目(築30年未満)の賃貸物件を転々としたいと考えています。

著者の資産運用

投資歴

下記は、私の投資家としての履歴です。

年月 投資歴 備考
2007年12月 学生投資家として資産運用を開始 当時大学4年生。貯金100万円程度と父親からもらった30万円を元手に、学生投資家として活動を開始しました。
2008年中旬 ウォール街のランダム・ウォーカーを読む 重要な古典的投資教本を一読しました。
2008年9月 リーマン・ショックを経験 不況の相場と、含み損の拡大が続く局面を知りました。
2010年4月 社会人投資家として資産運用を継続 就職氷河期の中で就職し、サラリーマンになりました。
2012年3月 ケリー基準を知る 重要な資産管理の理論を学びました。
2012年12月〜 アベノミクスバブルを経験 どこまでも株価が上がっていく好況相場を知りました。結果、景気のサイクルの1周を経験した事になりました。

投資手法

私の運用手法です。

項目 内容 備考
投資対象 株式・債券・REIT・投資信託・金融派生商品等 株式個別銘柄への投資をメインに資産形成を行なっています。先物・オプションの取引や、信用売りを行う事もあります。
資金管理 複合型(裁量あり) 上昇相場ではコンスタント・ミックス型のアセット・アロケーション運用を行い、下落相場ではドル・バリュー平均法による逆張りを行います。下落後の上昇相場ではノーセルリバランスによりキャッシュを備蓄します。
ホームバイアス 強くかける(50%程度) 運用資産の50%を国内の資産で運用しています。
基本ポートフォリオ 低リスク資産30%
内需ディフェンシブ20%
リスク資産50%
低リスク資産比率は動的に変更し、不況の大底時に0%にする事を目論みます。内需ディフェンシブ株は、円高耐性によるポートフォリオ安定化のためにも重視します。
銘柄選定 ファンダメンタルズ指標の予測値と事業内容を重視 原則としてファンダメンタルズ指標の予測値を重視して銘柄を選定します。国内株は株主優待も加味し、必要ならば積極的に売買します。一方で外国株は事業内容が外部環境に合っているかどうかを重視し、バイ&ホールドを心がけています。
参考書籍 投資家が読むべき7冊の投資教本 私が影響を受けた投資教本をまとめました。

著作物

サイト著者Kapokが作成したwebコンテンツです。

項目 リンク 備考
Twitter Kapok__ Twitterにより情報発信しています。
ホームページ Kapokのwebサーバー 自宅サーバーを構築し、情報発信しています。
投資ブログ 経済&マネー このブログです。資産運用に関する記事を投稿しています。
仮想証券取引所 Kapokの仮想証券取引所 証券取引とプログラミングについての理解を深めるために、私が作成・運用しているブラウザゲームです。
掲示板 Kapokの掲示板 タグで投稿内容の分類がしやすいように工夫された掲示板です。いくつかのウェブ・クローラーが自動的にコンテンツを投稿しています。
芸術系ブログ Kapokのアートハウス 音楽作品や写真作品を投稿しています。
技術系ブログ Kapokの技術ブログ サーバー運用やプログラミングについての覚書です。

連絡先・お問い合わせ

私とコミュニケーションをとる方法は3種類あります。

項目 リンク 備考
ブログコメント欄 (全ての記事) 各ブロク記事には、コメント欄が設置されています。コメント欄からコメントを投稿して頂けますと、私に伝わります。コメントは投稿後、即公開されますので、秘匿性の高い内容のコメントは避けるようにお願いいたします。
ただし、コメント欄による連絡が保証されているわけではありません。稀にWordPressプラグインAkismetによって頂いたコメントがスパム判定され削除される場合や、私が多忙な場合等に連絡が取れなくなる事があります。
Twitter Kapok__ 私はTwitterをしています。Twitterアカウントを通して、連絡を頂く事ができます。
FC2ブログ
コメントフォーム
Kapokの連絡先 / コメントフォーム 旧ブログのコメントフォームです。投稿前にSecretのチェックボックスにチェックを入れると、非公開のまま私に伝わります。個人情報を含むなど、秘匿性の高いコメントが必要になった場合にご利用頂けます。
ただしFC2ブログサービスが不安定になった場合や、私のアカウントが停止した場合等に、連絡が届かなくなるリスクがある旨、ご了承下さい。

関連記事

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。