RC(鉄筋コンクリート)造について 何の略?どれくらい住める?防音性は?

不動産物件を探していると、RC3階建等の表記を目にします。このRC(鉄筋コンクリート)造について調べた事をまとめます。

RCは何の略?

RCは鉄筋コンクリートを意味し、Reinforced-Concrete(補強されたコンクリート)の略語です。

RC造の耐用年数

RC(鉄筋コンクリート)造の建物は、どれくらい長く住めるのか、いくつかの指標があります。

税制上は47年

住宅用の鉄筋コンクリートの建物は、税制上(減価償却上)の耐用年数は47年間です。

築30年以上なら、神経質な人は住めなくなる

個人的な指標ですが、私が現在住んでいる所は築30年程度です。これは神経質な人は住めないという古さです。

リフォームの問題もあるのでしょうが、築30年は細かい所が汚いです。特に水回りのプラスチック部分の腐敗が散見され、風呂場の電球カバーの上方が腐って壊れたりしています。(電球取り替え時以外は全く目立たないので放置していますが)

水道管の腐敗で水が止まった事や、物が詰まって水が流れなくなった事もあります。このように所々で古さが気になる所が出てきます。そもそも建築技術が30年前のものですので、最新のものと比べれば住みやすさは劣ります。

勿論メンテナンスや建築業者によって状況は大きく変わると言われています。とは言え不動産は売り手と買い手で持っている情報量に差がある以上、個人的には築30年以上の不動産物件は(格安で無い限り)購入に値しないと考えています。

お部屋探し物件情報サイトSUUMOの築年数検索でも、築30年以上は指定なしのカテゴリーに分類されます。そのため、事実上築30年以上で資産価値が急落すると考えて良いでしょう。

RCの防音性

マンションでは防音性が気になります。一般的にRC(鉄筋コンクリート)は木造と比べれば防音性に優れると言われています。ただし部屋を区切る素材によっては、防音性が期待できない事もあります。

具体的には、部屋を区切る壁が鉄筋コンクリートであれば防音性が期待出来ますが、石膏ボードだと防音性が期待できません。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。