小売業・小売株の特徴 メリット・デメリット

小売業と小売株についてまとめておきます。

小売業と小売株

生産者や卸売業者から買った(仕入れた)商品を、最終消費者に売る事を「小売」と呼びます。小売ビジネスには「コンビニ」「スーパーマーケット」「家電量販店」「100円ショップ」「雑貨屋」等があります。小売ビジネスを営む会社の株式が小売株です。下記のリンクには、小売業に分類される銘柄、つまり小売株がリストアップされています。

業種別銘柄一覧:小売業 Yahoo!ファイナンス

小売業のメリット

規模の拡大が容易

小売業は規模の拡大が容易です。ある程度しっかりとした経営ノウハウがあれば、出店をして売上高と利益を増やすという手があります。更に、ある程度の規模があれば製造小売業としてPB(プライベート・ブランド)の取り扱いを開始したり、流通分野を抱えたりして、経営の合理化・規模拡大を進める道があります。

また、他の業種ほどは高い専門性が必要とされませんので、(人件費が増やせれば)人材確保も容易です。

景気に左右されにくい

扱う商品にもよりますが、小売業は景気動向に左右されにくく、収益が安定しやすいという特徴があります。食品スーパー等の会社はその代表で、人は景気が良くても悪くても食事をしなければなりませんので、スーパーの食材の売上は他の景気敏感銘柄と比べれば随分と安定しています。小売株は一般的にはディフェンシブ銘柄です。

ただし、景気が悪化すれば安い商品しか売れなくなったりします。つまり業績が景気に全く左右されないわけではありません。事実としてリーマン・ショックでは小売株は意外に売られ、株価が下落しました。下記の記事にて、リーマン・ショック時の小売株の様子について言及をしました。

小売業のデメリット

競争過多

小売は参入障壁が低く、競争に晒されやすい点がデメリットです。小売業は製造業と違い、扱う商品そのもので差別化できませんので、価格競争に追い込まれやすい状況です。例えばスーパーマーケットの市場がドラッグストアに侵食される等、競争が頻発に発生します。

また、インターネットの普及によって、ネット販売ビジネスも競合他社となります。

人件費高騰の影響が大きい

人手不足による人件費の高騰も課題です。小売は顧客と対面し商品を販売する事が多いため、柔軟な対応が求められ機械化が難しい領域を抱えています。結果として人材に頼らざるを得ず、人件費の高騰が業績を直撃します。

小売株の値動き

小売株の株価は、決算の結果以外にも、ホームページで公開される月次の売上動向に反応しやすくなっています。(※全ての銘柄が月次の情報を公開しているわけではありません。)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。