911アメリカ同時多発テロ事件前後のダウ平均株価推移

2001年9月11日(火)にアメリカ合衆国内で、航空機等を用いた4つのテロ事件が、同時多発的に発生しました。この事件は、「アメリカ同時多発テロ事件」や「9・11テロ」等と呼ばれます。

この事件後のダウ平均株価チャートを作成しました。

911前後のダウ平均株価チャート



作成したチャートの元データは株価データ倉庫から取得しました。

ダウ平均株価の動向

株式取引の中止

テロが起きたのは9月11日(火)の朝で、アメリカ合衆国での取引が始まる前の時間帯でした。多くの金融機関が入居する貿易センタービルで起きた事件ということもあり、テロ事件以降アメリカ合衆国国内の取引は中止され、次に市場が開いたのは9月17日(月)となりました。

9月17日からの株価暴落

テロ事件後に初めて市場が開いた9月17日(月)のダウ平均株価は、前営業日比-684.8ドル安(-7.13%安)の8920.7ドルで引けました。その後も下落を続け、9月21日(金)には8,062.3ドルをつけました。これはテロ前日の9月10日(月)の終値と比べれば、1,543.2ドル安(-16.1%)の水準です。テロ事件は明確なネガティブサプライズであり、米国株はこのように大きく売られる事になりました。

9月21日以降は回復

9月21日(金)を境として、その後の株価は回復基調となります。テロ事件は震災や経済危機と比べて影響が局所的であるため、落ちついた投資家が買い戻しを入れた事で株価は上昇していきました。

参考:その他の指数

911前後の日経平均株価

世界の市場も概ねダウ平均株価と似た動きとなりました。日本ではテロ事件翌日に日経平均株価が6.63%も下落しましたが、しばらく後に回復しました。

911前後の米ドル/円為替相場

テロ事件の米国経済への影響が懸念され、米ドルは売られ、為替はドル安・円高となりました。

テロ事件前の2001年9月10日は1ドル121.03円でしたが、事件後にドルが売られ続け、9月20日には一時115.83円をつけるまでドル安・円高が進行しました。その後9月20日以降は、影響は限定的との見方が広がり、米ドルは買い戻される事になりました。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。