株式分割


株式分割は、1株を細かく分割する事です。株式会社が株式の流通量を増加させたい時等に、株式分割が行われます。このページに株式分割についてまとめます。

株式分割とは

株式分割では、既存の株主に対して新しい株を配布する事で、株数を増やします。ただし時価総額そのものは変化せず、株主の権利も変わりませんので、株主から見ると株式が分割されたように見えます。

無償で割り当て

株式分割では新しい株が、基準日に株主名簿に記載された株主に対し配られます。例えば1:3の比率で分割される場合、1株を保有する株主に対して2株が無償で配布されます。

権利付最終売買日に該当する株を保有していれば、無償で新しい株が手に入ります。権利落日以降に購入した場合は、新しい株は手に入りません。

時価総額は変化しない

株式分割の直前・直後で時価総額は変化しません。

例えば1株3,000円の株が1:3の比率で分割されると、1株×3,000円=3,000円が、3株×1,000円=3,000円になります。株数は増えますが、株価が下がるために、総額は変化しないわけです。このように、株式分割で株主の権利に変化はありません。

株式分割と株式投資

値上がりの傾向

一般的に、株式分割が行われると株価は上昇すると言われています。

分割によって、単元株の値段が安くなりますので、手持ちの現金が少ない個人投資家でも売買しやすくなります。多くの人が買える株は値上がりしやすくなります。また、流動性が高まるため分割前よりも売買しやすくなり、更に買いやすくなります。

売買停止

証券会社によっては株式分割の前後で、該当銘柄の売買ができなくなる事があります。必要ならば売買停止期間を確認しなければなりません。

分割予定銘柄

国内の分割予定銘柄は、下記のサイトにまとめられています。

株式分割予定銘柄一覧(日興イージートレード)

株式分割による異常値

株式分割が行われると、データ分析の観点では手間がかかります。いくつかの異常値が出る事があります。

指標の異常値

株式分割で株数が変化すると、EPS(一株あたり利益)が変化します。これに伴ってPERも変化します。ところが投資情報サイトによっては、分割の影響が考慮されず(もしくは間違えて)、分割前の情報が掲載されている事があります。この時、業績の割に株価が割安に見えてしまいますので、投資判断をする際には注意が必要です。

ツールのメンテナンスの必要

投資ツールの種類によっては、登録している銘柄の買値と保有数を、株式分割後に手動で変更する必要があります。例えば1:1の分割の場合に、登録している保有数を2倍にし、買値を半分にする必要のあるツールもあります。

分割考慮チャート

普通の投資情報サイトでは、チャートは連続性が保たれるように、掲載されます。1:1の分割前に2,000円の株価で売買されていたという情報は、分割後に1,000円と補正されてチャートになります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。