鉄骨造・鉄骨構造の不動産物件の特徴 自由度高く建築でき安価だが、熱に弱い

鉄骨造は、建築物の骨組みに鉄製・鋼製の材料を用いる建築の構造を指します。この記事は、不動産の賃貸や投資をするにあたりポイントになる、鉄骨造の建物の特徴(自由に建築しやすく安価だが、熱に弱い等)をまとめます。

鉄骨造とは?

骨組みに鉄を用いる鉄骨造

鉄骨造は、建築物の骨組みに鉄製・鋼製の材料を用いる建築の構造を指します。鉄の骨組みとは、下図のイメージです。

鉄骨造の別称

鉄骨造は、鉄骨構造、S造、S構造とも呼ばれます。ここでSはsteelの略です。

不動産屋によって異なる名称で表示をされますが、上記の表記はすべて同じ鉄骨造を指します。

鉄骨造は自由度高く建築できて、安い

鉄製・鋼製の材料は材質が均一で、木材よりも強度があるため、鉄骨造の建物は建築しやすく、工期も短く済みます。品質も安定しやすいという特徴があります。

鉄の強度の恩恵として、間取りの自由度が高いです。また、資材の価格が比較的安いので鉄骨造の建物は安く建設する事ができます。

鉄骨造のデメリット:熱に弱い

火事が進行すれば鉄骨が曲がり、建物は壊れる

鉄骨は摂氏550℃程度で急激に強度が失われます。そのため、火事が進行すれば鉄骨が曲がり、建物の倒壊の危険性が増します。防火のための取り組み(鋼材に耐火被覆をしているか等)の有無は、鉄骨造の建物で調べるべきポイントです。

断熱性に劣る

鉄骨は熱を通しやすく、鉄骨造は木造や鉄筋コンクリート造に比べて断熱性に劣ります。断熱性を確保するために、外壁を厚くする等の工夫がどのくらいされているかは、内見で調べておきたい所です。

鉄骨構造 wikipedia

鉄骨造のデメリット:防音性

一般的に鉄骨造の建物の防音性は低くなります。勿論間取りの工夫や吸音材や緩衝材の利用で防音性は改善されるものではありますが、もし集合住宅で鉄骨造の物件を検討する場合は、内見で防音性を必ず確認したいところです。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。