米格付機関 Weiss による仮想通貨格付け(2018年1月24日)


2018年1月24日、米格付機関 Weiss が仮想通貨の格付け(rating)を発表しました。

この格付けは、格付機関によって初めて仮想通貨に格付けが行われたという点で注目されています。また、ビットコインの格付けが C+ と低く出ており、やや物議を醸している様子です。この Weiss による格付けについて、抜粋・和訳して投稿します。以下、引用部分の英文は出典からコピーしましたが、和訳部分は当ブログ著者が作成しました。

Weiss の格付けについて

Weiss の格付けの意味や、算出の視点についての情報をまとめます。

格付け

格付けにおける A から E までの意味は下記のように説明されています。概ね A, B は「買い」、C は「保有」、D, E であれば「売り」に対応しています。

A = excellent
B = good
C = fair
D = weak
E = very weak

視点

格付けは暗号通貨の、1.リスク、2.リターン、3.技術、4.ファンダメンタルズの4つの視点で評価を行っています。

1. The Cryptocurrency Risk Index.
2. The Cryptocurrency Reward Index.
3. The Cryptocurrency Technology Index.
4. The Cryptocurrency Fundamental Index.

2.のリターンは、上昇・急騰している通貨の格付けが良くなる事を示唆しています。4.のファンダメンタルズとは、処理スピードやスケーラビリティ(利用者の増大に適応できる能力・度合い)等を指します。

各仮想通貨の格付け

格付けとその理由

ビットコイン、イーサリアム、ノヴァコイン、サラス、スチームの5種類の仮想通貨の格付けが公開されていました。特に仮想通貨の初心者にとっては、仮想通貨の種類と特徴を知るのに良いですね。

Bitcoin (rated C+) gets excellent scores for security and widespread adoption. But it is encountering major network bottlenecks, causing delays and high transactions costs. Despite intense ongoing efforts that are achieving some initial success, Bitcoin has no immediate mechanism for promptly upgrading its software code.

ビットコイン:C+ ビットコインはセキュリティと普及に関して優れたスコアです。しかし、大きなネットワークボトルネックが発生し、遅延や高い取引コストが発生します。ビットコインは成功の皮切りを達成するための継続的な努力にもかかわらず、迅速にソフトウェアコードをアップグレードするメカニズムはありません。

Ethereum (B), the second most widely adopted cryptocurrency, benefits from more readily upgradable technology and better speed, despite some bottlenecks.

イーサリアム:B イーサリアムは2番目に広く採用されている暗号通貨です。いくつかのボトルネックがありますが、より容易にアップグレードできる技術と良いスピードの恩恵があります。

Novacoin (D) and SaluS (D) are weak in terms of both technological innovation and adoption.

ノヴァコイン:D サラス:D 技術革新と採択の両面で弱いです。

Steem (B-) enjoys a relatively good balance of moderate strength in nearly all the key factors considered along with a social network feature.

スチーム:B- ソーシャルネットワークの特徴とともに考慮されているほぼすべての重要な要素において、バランスが比較的良いです。

主要な通貨と格付け

本来、上記の他の仮想通貨の格付けと理由を閲覧するには、格付機関 Weiss のサイトで申し込みが必要です。ただし時価総額の大きい仮想通貨の格付けの結果だけでしたら、他サイトで公開されています。

Bitcoin(BTC):C+
Ethereum(ETH):B
Ripple(XRP):C
BitcoinCash(BCH):C-
Cardano(ADA):B-
Stellar(XLM):C+
Litecoin(LTC):C+
EOS(EOS):B
NEO(NEO):B-
NEM(XEM):C+

出典:米格付機関Weiss「ビットコイン C+、イーサリアム B、リップル C」と仮想通貨に初評価(Coin Choice)

英文の出典

この記事の引用枠内の英文の内、特に出典が明示されていない部分は、下記の2記事から取得しました。

The Weiss Cryptocurrency Ratings Explained (Weiss Cryptocurrency Ratings)
Korean Cyberattack Fails to Foil Crypto-Ratings Release (Weiss Cryptocurrency Ratings)