コーナン商事(7516.jp)4Q 純利益48.2%増の通期予想も、株価は伸び悩み

近畿圏にドミナント出店しているホームセンター大手であるコーナン商事(7516.jp)の決算短信が出ました。平成30年2月期の純利益は48.2%増と、大きく伸ばす計画です。ところが株価は大幅増益の見込みの割には伸びていません。実はコーナン商事は歴史的に店舗閉鎖損失及び減損損失等特別損失が多く、利益計画は話半分に聞くべきです。

平成29年2月期決算短信

平成29年2月期の結果と新年度予想

コーナン商事(7516.jp)の平成30年2月期の純利益は48.2%増という大幅増を見込んでいます。一方で平成29年2月期は、3Q時点で出されていた予想と比べて物足りず、営業収益/営業利益/経常利益/当期純利益はいずれも下方に着地しました。

画像:平成29年2月期決算短信(コーナン商事)

利益計画の信憑性は低め

コーナン商事は歴史的に店舗閉鎖損失及び減損損失等特別損失が多く、純利益の経常利益に対する比率は毎年のように小さくなっています。つまり利益計画の信憑性は低めですので、話半分に聞くべきです。実際、つい3ヶ月前に下方修正を出したばかりです。

株価推移

株価は決算翌日こそ大幅上昇したものの、翌々日には下落しました。

画像:コーナン商事(株) Yahoo!ファイナンス 2017/4/13

主力株:投資判断は?

コーナン商事(7516.jp)は私の主力銘柄(時価総額7位)です。上記のように、保有にやや不安な箇所があるものの、依然として株価は割安水準だと考え、株式保有は継続します。

コーナン商事(7516.jp)3Q 経常利益18.5%増も通期予想は下方修正有り

近畿圏にドミナント出店しているホームセンター大手であるコーナン商事(7516.jp)の3Qが公開されました。3Qの経常利益18.5%増ですが、当期純利益の予想は1,000百万円下方修正されました。

平成29年2月期第3四半期決算短信

下表は3Qまでの経営成績です。

引用:平成29年2月期第3四半期決算短信(コーナン商事)

要点

収益面、財務体質ともに改善傾向にあり、値入れ率も向上、経常利益18.5%増となりました。キャッシュフローも安定しています。

一方で3Qでは店舗閉鎖損失及び減損損失等特別損失1,063百万円の追加計上があり、この分だけ当期純利益の予想が下方修正されました。

2Qに比べ勢いがなく、下方修正も良いニュースではありませんので一時的に調整売りが入るかも知れません。とは言え他は悪くは無く、ファンダメンタルズ指標は依然として割安、出店増やし成長している株ですので大きく売るのにもデメリットが出る銘柄です。

リスク資産の運用概況(2016年11月27日)

私のリスク資産運用の概況を投稿します。2016年11月27日時点の状態です。

米大統領選挙でのトランプ氏の勝利を受けて、株高・円安ドル高の相場(トランプノミクス)となりました。そのため、私のファンドも概ね好調な運用状況となりました。今後は、2016年中に少し買い増しをし、2017年はリスク資産額を一定水準に保つ運用を行う予定です。

リスク資産

リスク資産概況

運用しているリスク資産の時価は6.079百万円です。

20161127summary

2016年中に6.30百万円までリスク資産を増やし、2017年はその水準を維持するようにリバランスを行う予定です。

上半期効果を意識しているため、リスク資産額を増やすタイミングは、例年年末にしています。毎月のドル・コスト平均法は行わず、年末にまとめて買いつけるわけです。なおバリュー平均法を意識し、暴落相場が訪れた場合はイレギュラーな買いを入れます。

個別銘柄・投資信託区分

リスク資産の4分の3を個別銘柄で運用し、残りの4分の1程度を投資信託で運用しています。

20161127assettype

今後、個別株取引に今よりも自信が持てるようになれば、投資信託の比率は下げていきます。

なお、保有している投資信託の40%は、eMaxisバランス(8資産均等型)が占めています。自動的なリバランスの効果を期待し、多めの比率とし運用しています。ちなみに保有する投資信託の時価の8割以上がインデックス・ファンドです。

個別銘柄状況

地域別

下図は、私の個別銘柄の地域別のポートフォリオアセット・ロケーション)です。個別株の44%を日本株で運用しています。

20161127location

今後も、日本株についての情報が多い事が投資家としての強みであると考え、ホームバイアスをかけた運用を継続する予定です。日本株の比率は50%程度を目標にしています。

業種別

下図は、私の個別銘柄の業種別ポートフォリオです。景気敏感セクターが多めです。

20161127industry

今後は長期安定成長が期待できる銘柄を増やします。またテーマ株の内、インフラ株への投資を増やします。

ポートフォリオ詳細

下図は、私の個別銘柄(銘柄別)です。私はチキンなので、個別株ポートフォリオは、銘柄分散がかなり効いたものになっています。組み入れ1位でも、全体の6.3%しか占めていません。

20161127stock1

外国株は手数料が高いため、ビジネスモデルを見てからバイ&ホールドを行い、銘柄分散をします。それはそれで問題ないと思います。その一方で、日本株は(優待銘柄を除き)あまり銘柄分散したくありません。今後、良く知った銘柄を「ここぞ」というタイミングでオーバーウェイトしていくスタイルに変えていく予定です。

組み入れ上位銘柄

20161127stock2

インフラ銘柄

組み入れ比率1位の兼松エンジニアリング(6402.jp)は、11月に追加で買い付けを行いました。結果この銘柄は、組み入れ最上位銘柄となりました。

兼松エンジニアリングは、吸引車・高圧洗浄車・脱水車・水底汚泥回収装置などの製造を行う企業で、インフラ関連銘柄の1つです。米トランプ大統領の政策や英Brexitを補完する形で財政出動が世界的に活発になると考え、このようなインフラ関連銘柄を増やしました。

スーパーマーケット・内需銘柄

組み入れ比率2位のアルビス(7475.jp)、3位のバローホールディングス(9956.jp)はスーパーマーケット・卸売り業等を営む企業です。内需株・ディフェンシブ銘柄であり、円高に強いため、ポートフォリオ安定化にも欠かせない銘柄となっています。

国内のデフレと倹約志向を追い風に、事業拡大が続く成長銘柄でもあります。類似銘柄には組み入れ比率6位のコーナン商事(7516.jp)があります。

ITインフラ銘柄

組み入れ比率5位はマイクロソフト(MSFT.us)、6位はキングソフト(3888.hk)です。それぞれ米国、香港の銘柄です。これらの銘柄はITインフラ銘柄として長期保有を前提に組み入れています。外国株の売買は手数料が高くつく事もあり、あまり頻繁には売買できません。

特にマイクロソフトのウェアラブルコンピューター部門に期待しています。Macintoshを昇華しwindows95を出した時や、VisiCalcやLotus 1-2-3をを昇華しExcelを出した時のように、iPhoneを昇華し世界的に活用されるツールを流行させて欲しいものです。