運用報告書(2018年10月末日)


2018年10月末時点の資産運用の状況を公開します。

運用状況

割高となっていた米国の株価が調整し、2018年10月は世界的な株安局面となりました。これに伴い、運用資産は-7.20%と大きく下落しました。

運用概況

時期 運用資産(円) 基準価額(円) 前月比 年初来 口数(口) 低リスク資産比率
2018年10月末 14,232,211 17,679 -7.20% -5.07% 8,050,533 15.2%
2018年9月末 15,336,067 19,050 +1.16% +2.29% 8,050,533 25.1%

相場環境

時期 日経平均株価 日経平均株価
月間騰落率
米ドル/円 米ドル/円
月間騰落率
S&P500 S&P500
月間騰落率
2018年10月末 21,920.46 -9.12%
2018年9月末 24,120.04 +5.49% 113.68 2.40% 2,913.98 0.44%

※S&P500指数および為替は確定時に追記します。

売買銘柄

株式個別銘柄部門

決算結果に注目した売買を行いました。その他、株価下落局面を見てからリバランス買いを行い、リスク資産を増やしました。

市場 コード 銘柄 売買区分 備考
東証2部 9063 岡山県貨物運送(株) 新規購入 利益の伸びが大きく、指標上も割安なため
東証1部 9414 日本BS放送(株) 売却 決算で実績(PL/CF)は良いものの、利益減速の業績予想が出されたため
東証1部 7475 アルビス(株) 新規購入 成長するディフェンシブ銘柄が、2018年3月期の株式発行によって、割安になっていると考えて購入
福証 6076 (株)アメイズ 売却 3Q決算で業績の進捗が良くは無かったため
東証1部 2379 ディップ(株) 追加購入 成長性高く、豊富な求人需要が業績成長に繋がると考えたため
東証JQS 6890 (株)フェローテックホールディングス 追加購入 高成長かつ割安だと考えて購入
東証1部 6480 日本トムソン(株) 新規購入 1Qの好調な業績に注目した打診買い
東証1部 4248 竹本容器(株) 追加購入 高成長銘柄が割安な株価となったため
東証1部 6857 (株)アドバンテスト 新規購入 1Qの好業績に注目した購入。半導体検査装置の需要も底堅いと予測
東証2部 3677 (株)システム情報 追加購入 高成長銘柄が急落したため、指値注文が約定

投資信託部門

2018年10月は売買を行いませんでした。

株式ポートフォリオ

上位銘柄

いずれも成長株の前提ではありますが、景気下落に強い種類の銘柄を増やしつつあります。具体的には、需要が景気に左右されにくいという考えから、竹本容器(4248.jp)やアルビス(7475.jp)をディフェンシブ銘柄として購入しています。また、景気下落により燃料費が安くなる事で業績が安定するという目論見もあり、岡山県貨物運送(9063.jp)やSGホールディングス(9143.jp)を上位銘柄としています。

その他、システム情報(3677.jp)やマイクロソフト(MSFT.us)やといったIT銘柄、ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp)や、チャーム・ケア・コーポレーション(6062.jp)といった老人ホーム銘柄、ディップ(2379.jp)のような人材関連銘柄を主力株としています。

今後の投資計画

バリュー平均法を意識して、ポートフォリオのリスク資産額を一定にするように運用します。

長らく続いている景気の拡大局面の終わりが見えつつありますが、依然として景気指数は良好であり、株を売り払うのも持たざるリスクがあると考えます。ある程度ボラティリティが大きい局面が継続しそうですが、「高値で買って安値で売る」ような間違った判断をしないように、自身のリスク資産額へ注目した売買を行います。

運用報告書(2018年9月末日)


2018年9月末時点の資産運用の状況を公開します。

運用状況

2018年9月は日経平均株価が+5.49%、ドル/円為替も2.40%の円安となり、投資家にとっては好ましい相場環境でした。一方で運用資産は好調な環境の割に増加せず、基準価格は+1.16%に留まりました。なお、9月に988,000円の増資を行いました。

運用概況

時期 運用資産(円) 基準価額(円) 前月比 年初来 口数(口) 低リスク資産比率
2018年9月末 15,336,067 19,050 +1.16% +2.29% 8,050,533 25.1%
2018年8月末 14,161,105 18,832 +1.32% +1.12% 7,519,820 17.8%

相場環境

時期 日経平均株価 日経平均株価
月間騰落率
米ドル/円 米ドル/円
月間騰落率
S&P500 S&P500
月間騰落率
2018年9月末 24,120.04 5.49% 113.68 2.40% 2,913.98 0.44%
2018年8月末 22,865.15 1.38% 111.02 -0.75% 2,901.13 3.01%

売買銘柄

株式個別銘柄部門

主力株の(株)システム情報および(株)エフオンは、プレスリリースをきっかけとして株価が急騰しました。その結果、指しっぱなしだった指値注文が約定し、部分売却となりました。

市場 コード 銘柄 売買区分 備考
東証JQS 3677 (株)システム情報 部分売却 上方修正のプレスリリースを契機とした株価急騰に、指しっぱなしの売り注文が刺さったため
東証JQS 2435 (株)シダー 売却 前期決算の営業CFは良いものの、1Q利益の進捗が悪く成長も見込めないと考えたため
東証1部 9514 (株)エフオン 部分売却 木質バイオマス発電事業の建設用地の取得についてのプレスリリースをきっかけとした株価急騰で、指値注文が約定

投資信託部門

2018年9月は売買を行いませんでした。

株式ポートフォリオ

上位銘柄

マイクロソフト(MSFT.us)やシステム情報(3677.jp)といったIT銘柄、ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp)や、チャーム・ケア・コーポレーション(6062.jp)といった老人ホーム銘柄、および、アルトナー(2163.jp)やディップ(2379.jp)といった人材関連銘柄を主力株としています。

今後の売買予定

現状維持を原則とします。ただし相場が大きく急騰すれば利益確定し、急落すれば押し目買いを入れる逆張りの姿勢で臨みます。機械銘柄・製造業銘柄に押し目買いを入れたい所ではありますが、米中貿易摩擦や今後の世界景気の見通しがやや不透明ですので、積極的な購入は控えるつもりです。

その他

増資額について

9月に988,000円の増資を行いました。1,000,000円の増資をしたかったのですが、SBI証券への入金額の上限が1,000,000円であり、12,000円をSBI銀行経由で引っ越しに関する家賃(日割り計算)支払いに充てたために増資額が988,000円となりました。

マイクロソフト(msft.us) FY18 Q1の急伸サービス


2017年10月26日に、米国のマイクロソフト(msft.us)が2018年6月期のQ1を発表しました。売上高245億ドル(12%増)、営業利益77億ドル(15%増)等、事業規模の拡大が目を引きます。中でも特に、「Service and other」と呼ばれるカテゴリの売上の急拡大が目立ちますが、マイクロソフトはどのようなサービスを拡大させているのでしょうか。調べてみました。

売上増加率

下表はマイクロソフトのQ1で公開された、製品・サービス別の売上増加率です。為替変動の影響を除いた(Constant Currency Reconciliationの)値です。どれも伸びていますが、いくつかの特に目立つ急伸サービスがあります。

マイクロソフトの急伸サービス

マイクロソフトの急伸サービスを以下にまとめます。

Office 365 commercial

商用のOffice 365の売上は42%の伸びでした。

Office 365はWordやExcelといったOfficeアプリケーション、またはメール・ファイルの保存と共有が利用できるクラウドサービスです。オンラインストレージを中心としたサービスで、企業にとってはローカルPCにデータを保存せずに済むという安全上のメリットがあります。

Dynamics 365

Dynamics 365は業務サポートを行うビジネス・アプリケーションで、クラウドサービスの1つです。このサービスの売上は69%の伸びでした。

デジタル トランスフォーメーションを加速するには、新しい種類のビジネス アプリケーションが必要です。CRM と ERP の間の分断を解消し、データとインテリジェンスに基づいて新たなビジネス チャンスの獲得に寄与するアプリケーション、それが Microsoft Dynamics 365 です。

出典:Dynamics 365

Dynamics 365は要するにビジネスチャンスを広げるアプリケーションです。説明文には専門用語が出ていますが、CRMはCustomer Relationship Managementの略で「顧客関係管理」を意味します。ERPはEnterprise Resource Planningの略で「企業資源計画」を意味します。

Azure

Azureはアプリケーションの開発者向けのクラウドサービスです。このサービスの売上は90%の伸びでした。

Azure は開発者や IT プロフェッショナルがアプリケーションのビルド、デプロイ、管理に使用できる包括的なクラウド サービスのセットであり、Microsoft の世界規模のデータセンター ネットワークを介して利用できます。統合ツール、DevOps、およびマーケットプレースによって、シンプルなモバイル アプリからインターネット規模のソリューションまで、あらゆる機能を効率的に構築できます。

出典:Azure とは

所感

マイクロソフトはOSのWindowsを作成している会社というイメージがありますが、クラウドサービスの企業へと大きく変貌しています。更に、かつてのBtoC(Business to Consumer:企業から個人へサービスを提供)ではなく、安定・継続した売上を得やすいBtoB(Business-to-business:企業間取引)へと大きく舵を切った様子がうかがえます。

この変化は、多くの企業の脅威となり得ます。例えばIBMは、牙城を切り崩れる可能性があります。バフェットがIBM株を投げ売りするのもの分からなくはありません。日本のSler(System Integrator システム構築企業)も他人事ではなく、ショボい基幹システムを作っていたら顧客はマイクロソフトのサービスに乗り代えるかも知れません。

マイクロソフトの決算は、時代の変化を表す印象的なものになっています。

マイクロソフト(msft.us) 2017Q2 office365等クラウド伸びる


マイクロソフト(msft.us)が2017年Q2を発表しました。

Earnings Release FY17 Q2(microsoft)

昨年同3ヶ月比で増収増益を確保しています。目立つのは製品(product)の売上が減り、代わりにサービス等(service and other)が増えています。クラウドサービスであるoffice365が牽引している様子が分かります。

リスク資産の運用概況(2016年11月27日)


私のリスク資産運用の概況を投稿します。2016年11月27日時点の状態です。

米大統領選挙でのトランプ氏の勝利を受けて、株高・円安ドル高の相場(トランプノミクス)となりました。そのため、私のファンドも概ね好調な運用状況となりました。今後は、2016年中に少し買い増しをし、2017年はリスク資産額を一定水準に保つ運用を行う予定です。

リスク資産

リスク資産概況

運用しているリスク資産の時価は6.079百万円です。

20161127summary

2016年中に6.30百万円までリスク資産を増やし、2017年はその水準を維持するようにリバランスを行う予定です。

上半期効果を意識しているため、リスク資産額を増やすタイミングは、例年年末にしています。毎月のドル・コスト平均法は行わず、年末にまとめて買いつけるわけです。なおバリュー平均法を意識し、暴落相場が訪れた場合はイレギュラーな買いを入れます。

個別銘柄・投資信託区分

リスク資産の4分の3を個別銘柄で運用し、残りの4分の1程度を投資信託で運用しています。

20161127assettype

今後、個別株取引に今よりも自信が持てるようになれば、投資信託の比率は下げていきます。

なお、保有している投資信託の40%は、eMaxisバランス(8資産均等型)が占めています。自動的なリバランスの効果を期待し、多めの比率とし運用しています。ちなみに保有する投資信託の時価の8割以上がインデックス・ファンドです。

個別銘柄状況

地域別

下図は、私の個別銘柄の地域別のポートフォリオアセット・ロケーション)です。個別株の44%を日本株で運用しています。

20161127location

今後も、日本株についての情報が多い事が投資家としての強みであると考え、ホームバイアスをかけた運用を継続する予定です。日本株の比率は50%程度を目標にしています。

業種別

下図は、私の個別銘柄の業種別ポートフォリオです。景気敏感セクターが多めです。

20161127industry

今後は長期安定成長が期待できる銘柄を増やします。またテーマ株の内、インフラ株への投資を増やします。

ポートフォリオ詳細

下図は、私の個別銘柄(銘柄別)です。私はチキンなので、個別株ポートフォリオは、銘柄分散がかなり効いたものになっています。組み入れ1位でも、全体の6.3%しか占めていません。

20161127stock1

外国株は手数料が高いため、ビジネスモデルを見てからバイ&ホールドを行い、銘柄分散をします。それはそれで問題ないと思います。その一方で、日本株は(優待銘柄を除き)あまり銘柄分散したくありません。今後、良く知った銘柄を「ここぞ」というタイミングでオーバーウェイトしていくスタイルに変えていく予定です。

組み入れ上位銘柄

20161127stock2

インフラ銘柄

組み入れ比率1位の兼松エンジニアリング(6402.jp)は、11月に追加で買い付けを行いました。結果この銘柄は、組み入れ最上位銘柄となりました。

兼松エンジニアリングは、吸引車・高圧洗浄車・脱水車・水底汚泥回収装置などの製造を行う企業で、インフラ関連銘柄の1つです。米トランプ大統領の政策や英Brexitを補完する形で財政出動が世界的に活発になると考え、このようなインフラ関連銘柄を増やしました。

スーパーマーケット・内需銘柄

組み入れ比率2位のアルビス(7475.jp)、3位のバローホールディングス(9956.jp)はスーパーマーケット・卸売り業等を営む企業です。内需株・ディフェンシブ銘柄であり、円高に強いため、ポートフォリオ安定化にも欠かせない銘柄となっています。

国内のデフレと倹約志向を追い風に、事業拡大が続く成長銘柄でもあります。類似銘柄には組み入れ比率6位のコーナン商事(7516.jp)があります。

ITインフラ銘柄

組み入れ比率5位はマイクロソフト(MSFT.us)、6位はキングソフト(3888.hk)です。それぞれ米国、香港の銘柄です。これらの銘柄はITインフラ銘柄として長期保有を前提に組み入れています。外国株の売買は手数料が高くつく事もあり、あまり頻繁には売買できません。

特にマイクロソフトのウェアラブルコンピューター部門に期待しています。Macintoshを昇華しwindows95を出した時や、VisiCalcやLotus 1-2-3をを昇華しExcelを出した時のように、iPhoneを昇華し世界的に活用されるツールを流行させて欲しいものです。