タツタ電線(5809.jp)業績上方修正&増配も株価は渋い

タツタ電線(5809.jp)は2017年10月25日に、平成30年3月期第2四半期決算短信を発表すると同時に、通期業績の上方修正と増配を発表しました。いずれも良いニュースでしたが、投資家は更に良い値を期待していたため、翌日から株価は、売りに押されて下落を始めました。

通期業績予想

業績の上方修正

出典:業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ 1ページ目 タツタ電線 2017年10月25日

経常利益は前回発表時から11.4%増の4,800百万円の予想に上方修正しました。

増配

出典:業績予想および配当予想の修正に関するお知らせ 2ページ目 タツタ電線 2017年10月25日

期末配当予想を1円増の8円00銭に修正し、増配としました。

株価

上方修正も増配も本来は良いニュースですが、株価は下落傾向となりました。

下図はYahoo!ファイナンスから取得したタツタ電線のチャートです。2Q決算発表前の10月25日(水)までは期待感から買われていましたが、翌26日(木)からは下落基調となりました。10月25日(水)に822円で引けたタツタ電線の株価は、10月26日(木)は813円(前日比-1.09%)、10月27日(金)は802円(前日比-1.35%)と続落をしました。

画像出典:タツタ電線(株) Yahoo!ファイナンス 2017年10月27日

東京日産コンピュータシステム(3316.jp) 業績上方修正による年初来高値が一転、ナイアガラフォールズする

2017年1月23日、東京日産コンピュータシステム(3316.jp)の株価が高値圏から急落しました。

業績予想の上方修正・増配

東京日産コンピュータシステム(3316.jp)は、2017年1月20日、業績予想及び配当予想の修正に関するお知らせにて業績予想を大きく上方修正、更に増配しました。

チャート


画像:東京日産コンピュータシステム(株)

業績上方修正を受け、株価は3.09%高の1,900円(年初来高値)から始まりました。ところが買い板薄く株価は急落し、安値は-7.65%安の1,702円をつけるに到りました。チャートは見事なナイアガラフォールズを形成しています。ファンダメンタルズ指標は割安感があるものの、先日のプレスリリースは利益の先食いにも見える事から、売り注文が優勢となったようです。