インデックスファンドの平均取得価額は下げた方が良いか?

Q. インデックスファンドの平均取得価額は下げた方が良いですか?

A. はい。平均取得価額は下げた方が良いです。

投資成果は買値と売値で決まります。そして買値は低い方が良いです。そのため、平均取得価額が下げられるのであれば、下げるべきだというのが私の意見です。

含み損であれば、安値で拾い平均取得価額を下げるべき

この質問をしてくるという事は、含み損の状態だと思います。含み損の状態であれば、追加で買い付けを行うと平均取得価額が下がります。インデックス投資で含み損の際は、資金の枯渇に注意しながら積極的にナンピン買いをしていくのが良いです。インデックス投資家は、株価指数が超長期的には上昇基調であり、帰納的に今後も上昇するという事を予想しています。このように長期的な上昇を想定している以上は、安値で拾わない手はありません。

なお、投資理論の上では今負けている人は、今後も負け続ける可能性が高くなります。これは逆正弦定理として知られています。含み損に危機感を持って下さい。それは預貯金にも劣るひどい投資成果です。だからこそ負けている状態では、負け続ける状況を避けるためにも、平均取得価額を下げ続けることで状況の打開を試みる姿勢が大切です。

含み益であれば、ルールと投資観に従い適切に買い増しを

ここからは余談です。

含み益でのインデックスファンドの買い増しは、含み損の場合よりも難しい問題です。なぜなら含み益で追加投資をすれば、平均取得価額が上がってしまいます。そこで、平均取得価額の上昇に見合う投資成果が期待できるのかどうかを判断する必要が発生します。

勿論、ドル・コスト平均法で愚直に積み立てると決めている場合や、売る時期にはもっと値上がりしていると考える極端な楽観主義者は、その運用ルールや投資観に従って買い増しをすれば良いです。

一方でそうでないインデックス投資家の場合は、例えば今が高値圏だと考えている状況においては、買い増しの停止やリバランス売りを検討するのも良いでしょう。

たとえ右肩上がり相場の環境下でも、平均取得価額を上げないでおけば勝率が高くなります。(ただしリスクが小さくなる分、リターン・期待値も小さくなります。)また、バブルの初期から買い増し・積み立てを続ければ、取り返しのつかない高値掴みになりますが、途中で積み立てを停止していれば痛手は少なくて済みます。

このように、高値で買わないという選択にも多くのメリットがあります。

まとめ

インデックスファンドの平均取得価額は下げた方が良いです。含み損の状態であれば買い増しをする事で、平均取得価額を下げる事ができます。

一方で含み益状態の場合は難しく、買い増しによって、平均取得価額が上がってしまいます。平均取得価額の上昇を許容するかどうかは、運用ルールや投資観次第です。買った方が良いと考えるのであれば買い、買わない方が良いと考えるのであれば買わなければ良いわけです。