投資家が読むべき7冊の投資教本

私が今までに読んだ投資教本の中で、お薦めできる7冊を紹介します。


ウォール街のランダム・ウォーカー

1冊目はウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理です。

資産運用について包括的に学べる1冊です。大昔からある古典的投資教本とも言えます。ウォール街のランダム・ウォーカーは改訂を続け、出版され続けています。2016年12月現在の最新版は第11版ですが、私が読んだのは第9版でした。

最新版を読むのも良いです。ですが敢えて古い版を読む事で「時代が進んでも変わらず有効な投資手法」が見えてくるかも知れません。

 

金融工学入門

2冊目は金融工学入門です。

投資理論を扱うガチガチの書籍です。新書で買うと高額ですし、ページ数が多く読むのに時間がかかります。ですが、下手な投資教本を数冊読むのと比べれば得るものが多く、コスパも優れていると考えられます。なお、第2版が出ていますが、私は持っていません。

 

株の雑誌ZAiが作った「株」入門

3冊目は、めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った「株」入門 改訂第2版です。

雑誌っぽくチャラい感じがしますが、内容はちゃんとした投資教本です。

株の雑誌ZAiが作った「株」入門 上級編

ZAiの「株」入門には普通のものと上級編との2種類があります。両方読むべきです。

マーケットの魔術師 エッセンシャル版

5冊目はマーケットの魔術師 エッセンシャル版–投資で勝つ23の教えです。

読みやすく書かれていますが、投資哲学の重要な部分を知る事ができます。特に、上記の金融工学入門を読んだ後に読むと味が出る1冊です。

株価・為替が読めるチャート分析

6冊目は株価・為替が読めるチャート分析―決定版 (日経ビジネス人文庫 ブルー は 10-1)です。

チャートについての考え方を含め、掲載されています。チャートの読み方を知るために良い本です。

カオスで挑む金融市場

7冊目は、カオスで挑む金融市場―ないようで必ずある規則性を探る (ブルーバックス)です。

カオスというテーマを軸に、金融市場と経済についての分析を中心に記述された書籍です。1996年に第1刷が出された古い本ですが、だからこそ不滅の真理に近づけます。

「ウォール街のランダム・ウォーカー」について

ウォール街のランダム・ウォーカーは有名な古典的投資教本です。

どんな本か?

ウォール街のランダム・ウォーカーは米国の古典的な投資教本で、資産運用の入門書です。経済学者であるバートン・マルキールが書いており、資産運用に関する議論を包括的に学べます。

書籍はバブルの歴史に始まり、例えばファンダメンタルズ分析・テクニカル分析(チャート分析)等の様々な運用手法を幅広く紹介しています。また、ドル・コスト平均法による積み立てや、アセット・アロケーションの構築やリバランスといった、個人投資家と相性の良い手法が多く扱われています。

更にリスク・リターンといった、運用動向の把握や設定に必須である、パラメーターについての記述もあります。

すなわち資産運用についての、多くの歴史・知見・経済論文を踏まえて書かれた、大変高密度な投資入門書と言えます。

結論は「インデックス・ファンドを買いましょう」

この書籍では、広く知られている投資手法を片っ端から否定します。そして時価総額加重平均型のインデックスファンドを買って売買を抑え、なるべくじっとしている事が個人投資家にとって最良だと主張します。

読者は他の投資手法の否定の過程で、多くの投資手法を知る事ができます。投資とはポートフォリオの評価・比較・選択ですが、他の手法を比較した上で否定する姿勢そのものも、個人投資家にとっては学びのポイントです。

なお、この書籍は全体的に主張が過激で、多くの議論の火種にもなっています。

洗脳される人はされた方が良い

上記の通り、書籍の著者は個人投資家のアクティブ運用に否定的な立場です。

これを鵜呑みにして、インデックス投資が最良だと考えてしまうような人には、アクティブ投資は向いていません。インデックス投資が最良です。インデックス投資が最良だと洗脳されるのは、他のもっとダメな手法(高コスト低リターンな毎月分配型投資信託への投資等)が良いと洗脳されるより随分マシです。

ウォール街のランダム・ウォーカーは、このように各投資家がアクティブ投資に向く気質かどうかの、試金石的な書籍でもあると考えています。

実は問題点も多い

この書籍の最新版は2016年発行ですが、骨子は20世紀の米国が舞台です。21世紀の今後の日本の投資家には成立しない部分や、読み替えが必要な部分は多くあります。

ちなみに市場が効率的では無い事は、現在では広く知られています。市場平均は頭の良い人だけにより形成されるわけではありません。他の多くの愚か者とともに形成されるから「平均」なのです。

リンク・参照