マルチファクターモデルに学ぶ「株価を説明する因子」 どうして株価は動くのか?

株価はどのようなモノから影響を受け、生成されるのでしょうか。株価を説明するマルチファクターモデルにて、利用されている因子を「外的ファクター」「抽出されたファクター」「企業の特性」の3種類に大別し、紹介します。

マルチファクターモデルとは?

マルチファクターモデルは、株式や債券等のリスク・リターンの形成要因を、複数のファクターにより表す統計的モデルです。

マルチファクターモデルとは、モダン・ポートフォリオ理論が全盛期だった一九七〇年代に、米国のバー・ローゼンバーグ氏らが研究の副産物として実用化した統計モデルだが、ポートフォリオのリスクを数十のファクター(銘柄の一般的な属性や業種など)で説明するソフトウェアだ。現在もバーラ(BARRA)モデルが運用業界のデファクト・スタンダードだが、バーラ・モデル以外のポートフォリオ分析ツールもある。但し、何れもプロ用で、データ代を含めて、毎月の使用料が数十万円単位になるのが難点だ。

マルチファクターモデルで何ができるか。たとえば、TOPIXをベンチマークとして運用している日本株のファンドマネジャーのポートフォリオが、TOPIXに対してどのような相対的なリスク(「推定トラッキングエラー」と呼ばれる)を持っているかを計算できる。

出典:第204回 ファンドマネジャーのトレーニング・プログラムを考える(山崎元「ホンネの投資教室」@楽天証券

マルチファクターモデルの株価説明因子

株価の説明に寄与する因子は、大別すると「外的ファクター」「抽出されたファクター」「企業の特性」の3種類があります。

外的ファクター

証券から見て外生的な変数は、株価の説明に利用されます。

具体的には、国内総生産(GDP)や消費者物価指数(CPI)、失業率や鉱工業生産指数、等があります。その他、月齢や太陽の黒点数を利用する事もあります。

外的ファクターは、トップダウンアプローチを重視する投資家が重宝するファクターです。

特に個別株運用を行う投資家は、企業分析に時間をかけがちです。ですが企業業績は外部変数の動向に左右されます。マルチファクターモデルは、広い視野を持ち、投資環境の良し悪しを吟味する大切さを教えてくれます。

抽出されたファクター

既知の情報から抽出したファクターも、株価の説明に利用されます。

例えば株価指数や業種別株価指数があります。その他、直近高値からの経過日数や、2つの株の収益率の比、等が使われる事があります。

抽出されたファクターは、テクニカル重視の投資家が重宝するファクターです。

株価の値動きは需給で決まります。その株を欲しがる人が増えれば株価は上がり、売りたい人が増えれば株価は下がります。マルチファクターモデルは、指数の値動きから需給を読み取り、投資行動を選択する大切さを教えてくれます。

企業の特性

当然ながら企業特性は、株価変動の一因になります。

PERやPBR、配当利回りや収益予想や、その他企業に特有の値が使われます。

企業の特性は、ファンダメンタルズ重視の投資家が重宝するファクターです。

結局の所、割安な成長株の株価は上がります。マルチファクターモデルは、企業を理解しその未来を予測する事で、投資家は利益を得るという、基本的な事実を教えてくれます。

論理的な投資家になるために

投資家として、利益のために株価を追っかけ回す事は勿論重要です。それに加えて、ただ株価を追うだけではなく、論理的な根拠を持ち、現象の解釈を試みる事もやはり大切です。

定期的に、上記の各種株価変動因子・ファクターを点検してみて、効率的な資産運用を行えるようにポートフォリオの調整をするのも良いでしょう。

関連

マルチファクターモデルに関連する外部記事を紹介しておきます。

ローゼンバーグ型マルチファクターモデル(通称 BARRA モデル)

下記の記事では、図が充実しており、マルチファクターモデルについての理解を深める事ができます。

ローゼンバーグ型マルチファクターモデル(通称 BARRA モデル)は、 機関投資家の間に広く普及しているポートフォリオ最適化モデルです。 エクスポージャ行列からフィッティングを行ってファクターリターンを求めることを過去数十日分繰り返し、 蓄積したファクターリターンの分散と最新のエクスポージャおよびスペシフィックリスクを入力として、 最適化(二次計画法)によってポートフォリオを求めます。

出典:マルチファクターモデル(FIOPT)

ファーマ-フレンチの3ファクターモデル

当記事では、マルチファクターモデルの因子を「外的ファクター」「抽出されたファクター」「企業の特性」の3ファクターに分類しました。この3ファクターは、ファーマ-フレンチの3ファクターモデルの3ファクター「市場ポートフォリオ(時価総額加重平均型株価指数)」「時価総額」「簿価時価比率(PBRの逆数)」とは異なります。

アルビス(7475.jp) 自社株買い終了により前日比10.73%安の暴落

アルビス(7475.jp)が、2017年1月16日の株式取得を最後に、「取締役会の決議に基づく自己株式の取得」を終了しました。

自己株式の取得状況および取得終了に関するお知らせ(アルビス)

このプレスリリースを受け、翌日2017年1月17日のアルビスの株価は暴落し前日比10.73%安で引けるまで売られました。下図は1月17日の株価チャートです。


画像:アルビス(株) Yahoo!ファイナンス 2017/1/18

今まで一本調子に高値更新していた反動が出ています。

電通(4324.jp) 虚偽の「デジタル広告実績」を顧客に報告する不祥事

広告代理店国内首位の電通(4324.jp)で、虚偽の「デジタル広告実績」を顧客に報告する不祥事についてプレスリリースが出ました。

不祥事

プレスリリース

国内で実施したデジタル広告サービスにおける不適切業務に関する調査結果と再発防止策等について

画像は、上記プレスリリースから抜粋しました。

内訳

様態の内訳は下記の通り。

様態1 水増し(事実と異なる出稿総量の報告)
様態2 改竄(出稿実績の内訳が事実と異なる報告)
様態3 日程誤認を招く報告(日次単位の出稿実績の未報告)
様態4 概算金額での請求(精算漏れによる概算での誤請求)

顧客の信用を失う事件であり、将来利益にも悪影響が出そうです。間違いなく株価下落材料と言えます。

株価

この不祥事を受け、翌日2017年1月18日の電通の株価は2.73%安で引けました。下図は1月18日の株価チャートです。


画像:(株)電通 Yahoo!ファイナンス 2017/1/18

重大な不祥事にしては下落幅が小さいです。労働問題を始め昨今の電通は問題が続出していたため、ネガティブ・サプライズとしてはインパクトに欠けるようです。

なお、この事件はデジタル広告を利用する企業側も、報告書と動向をよく注視し、騙されないようにするリテラシーが必要だという教訓を残しています。

任天堂(7974.jp) 新ゲーム機Switchを発表も、株は5.75%安まで売られる

任天堂(7974.jp)が新ゲーム機Switchを発表しました。多機能で面白そうですが、投資家の反応はいまいちで、株は前日比5.75%安まで売られました。

Switch

新ゲーム機Switchのサイトが新設され、プレゼンテーションの動画が公開されています。


画像:Switch>プレゼンテーション

Switchは大画面に繋いでも良いし、ポータブル機としても良い柔軟なゲーム機です。センサーが充実しており様々なインプットができ、コントローラーからの感触等のアウトプットも多彩です。面白そうですね。

発表当日の株価推移

下図はSwitchの発表があった2017年1月13日の、任天堂の株価チャートです。

画像:任天堂(株)(Yahoo!ファイナンス 2017/1/13)

投資家の反応は冷ややかで、株は5.75%安です。とは言え平日真っ昼間から任天堂株(単元株:200万円以上)を売買するのは、デイトレーダーか老人資産家がほとんどで、ゲーマーではありません。そのため本日の株価推移はゲームの成否を占うに値する指標ではないでしょう。