バフェットのポートフォリオ(2018年3月)


ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2018年3月時点のポートフォリオをメモしておきます。今回バフェットは、アップル(AAPL)を買い増し、銀行株・航空株の入れ替えを行いました。詳細・その他を後述します。

バフェットのポートフォリオ

バフェットのポートフォリオとその所見を以降に示します。画像は下記のリンクから取得しました。

以下の画像の出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

構成比率上位銘柄

業種別のポートフォリオ

所見

アップル(AAPL)の買い増しがありました。ポートフォリオ内での比率が21.27%とかなりの集中投資状態になっています。アップルの将来性にかなりの自信がある事がうかがえます。

銀行株については、ユー・エス・バンコープ(USB)、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BK)を増加させ、逆にウェルズ・ファーゴ(WFC)を売却しました。なお、依然として金融関係銘柄は、バフェットのポートフォリオの大部分(半分近く)を占める状態が続いています。

航空株では、デルタ航空(DAL)を購入し、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス(UAL)を売却しました。

その他の購入銘柄には、バイオテクノロジー企業のモンサント(MON)があります。売却銘柄には、大手エネルギー会社のフィリップス66(PSX)や、ケーブルテレビ事業者のチャーター・コミュニケーションズ(CHTR)があります。また、前回(2017年12月)まではわずかに保有していたIBM株は綺麗サッパリ売り払っています。

バフェットのポートフォリオ(2017年12月)


ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2017年12月時点のポートフォリオをメモしておきます。増加銘柄は、ユー・エス・バンコープ(USB)、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BK)といった金融銘柄が目立ちました。

バフェットのポートフォリオ

構成比率上位銘柄

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

業種別のポートフォリオ

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

所見

バフェットの2017年10月〜12月のポートフォリオの変化点として、金融銘柄の買い増しが目立ちました。バフェットはウェルズ・ファーゴ(WFC)こそ減らしたものの、ユー・エス・バンコープ(USB)、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BK)の株数を増加させました。

金融セクターがバフェットのポートフォリオに占める割合は4割を超え、他の業種に比べて多く保有しています。好景気かつ金利上昇局面では金融銘柄の利ざやが増えますので、オーバーウェイトしておきたいところではあります。

その他、バフェットはアップル(AAPL)の株を更に増加させました。アップル製品がお気に召したのでしょう。

バフェットのポートフォリオ(2017年9月)


ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2017年9月時点のポートフォリオをメモしておきます。目立った変化として、バンク・オブ・アメリカの株を一気に買い付け、主力株の1つとした点が挙げられます。

バフェットのポートフォリオ

構成比率上位銘柄

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

業種別ポートフォリオ

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

所見

バフェットはウェルズ・ファーゴの売却を継続しました。ウェルズ・ファーゴは顧客に無断で口座を開設するという不祥事が発生し、バフェットは2017年6月にはウェルズ・ファーゴ株の株を売却していました。バフェットはウェルズ・ファーゴを売却した代わりとして、同じ銀行業のバンク・オブ・アメリカを組み入れました。その結果、バンク・オブ・アメリカはバフェットのポートフォリオの9.68%を構成し、バフェットの主力株の1つになりました。

なお、バフェットは前回2017年6月から引き続き、アップル株の買い増しと、IBM株の売却を行っています。

バフェットのポートフォリオ(2017年6月)


ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2017年6月時点のポートフォリオをメモしておきます。バフェットは4月〜6月にかけて、ウェルズ・ファーゴやIBMを売却し、アップルを買い増ししました。

バフェットのポートフォリオ

構成比率上位銘柄

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

業種別ポートフォリオ

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

所見

バフェットはポートフォリオ構成比率2位のウェルズ・ファーゴを部分売却をしました。ウェルズ・ファーゴは顧客に無断で口座を開設するという不祥事が発生し、バフェットも苦言を呈していました。更に8月4日には不正の規模が拡大する事が明らかになり、ウェルズ・ファーゴ投資家からの信用を大きく傷つけた形になっていました。

バフェットはこの他、ポートフォリオ3位のアップルは買い増しし、6位のIBMは部分売却をしました。

バフェットのポートフォリオ(2017年3月)


ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2017年3月時点のポートフォリオをメモしておきます。2016年12月からの変化で目立つ箇所は、アップル株の追加買いとIBM株の売却です。

バフェットのポートフォリオ

構成比率上位銘柄

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

業種別ポートフォリオ

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

所見

ポートフォリオの変化

2016年12月と比べ、構成銘柄の変化で目立つ箇所は、アップル株の追加買いとIBM株の売却です。

バフェットがIBM株を3分の1売却したと言いニュースになったのは2017年5月5日頃です。それよりも2ヶ月以上前の2017年3月時点で、既に多くのIBM株を売却していたと分かりました。バフェットのバークシャーはIBMの筆頭株主ですが、彼らがIBMのどのような厳しい内情を見たのかが気になります。

また、マーケットインパクトがある事を知った上で、バフェットがIBM株の売却に言及した理由にも興味があります。IBM陣営に喝を入れるためか、それとも値下がりした所を買い戻して取得単価を下げるためか、いろいろな解釈ができてしまいますが、真相は不明です。

集中投資の継続

構成銘柄が10%を超える集中投資銘柄が4銘柄あります。2016年12月時点では3銘柄でしたので、1銘柄増えています。増えた1銘柄はアップルです。

集中投資は好成績のための必要条件なのでしょう。