イラク戦争(2003年)開戦前後のダウ平均株価チャート

イラク戦争は、アメリカ合衆国が主体のイラクへの侵攻で、2003年3月20日に開戦しました。下図はその前後のダウ平均株価チャートです。


2000年のドットコムバブル(インターネットバブル)崩壊の影響で下落基調であったダウ平均株価は、イラク戦争開戦後に回復を始めます。米国は世界で最も軍事産業が盛んですので、侵略戦争は経済活動を活発にするのです。(迷惑な国ですね。)

その後、加熱した投資マネーは住宅価格を上昇させ、サブプライム危機の原因として知られる米不動産バブル(2006年中盤頃ピーク)を形成して行く事になります。

イラク戦争(2003年)開戦時の日経平均株価チャート

イラク戦争開戦時の日経平均株価チャートを作成しました。

イラク戦争は、アメリカ合衆国が主体のイラクへの侵攻で、2003年3月20日に開戦しました。下図はその前後の日経平均株価チャートです。

iraq-war2003-n225

かつて2000年のインターネットバブルの時期に、日経平均株価は2万円台に乗っていましたが、イラク戦争開戦前はバブルは崩壊後暫く経っており、日経平均株価は8,000円を割る状態でした。イラク戦争開戦前は、戦争が始まれば米国経済へ悪影響があるとの考えから、株は更なる売りを浴びていました。

開戦後は一旦、材料出尽くしの買いが入っています。結果的に、開戦直前が株価が低い状態となりました。

その後、ソニーショックでの株価下落を経て、日経平均株価上昇基調に入る事になりました。

ソニーショック(2003年) ソニーの決算発表の日経平均株価への波及