ハリケーン・カトリーナ(2005年)上陸前後のダウ平均株価チャート

2005年8月末に大型のハリケーン「カトリーナ」がアメリカ合衆国南東部を襲いました。ルイジアナ州ニューオーリンズの8割が水没する等の大きな被害が発生し、米国での死者は1,836名を数えました。

その際の株式市場への影響の確認のために、ハリケーン上陸前後のダウ平均株価チャートを作成しました。

ハリケーン・カトリーナ

時系列

ハリケーン・カトリーナは、2005年8月25日にフロリダ半島に上陸、8月29日にルイジアナ州に上陸しました。時系列の詳細はWikipediaに記載があります。

2005年8月23日、バハマ南東で熱帯低気圧が発生。小アンティル諸島方面から西進してきた10番目の熱帯低気圧の残骸と合体し、12番目の熱帯低気圧となる。
8月24日朝、11番目の熱帯性暴風となり、「カトリーナ」と名付けられる(日本流に言うと「台風11号」に相当する)。
8月25日、ハリケーンとなりフロリダ半島に上陸。その後、いったんメキシコ湾に抜ける。フロリダでの死者7名。
8月28日、ブッシュ大統領はルイジアナ州に非常事態宣言、ニューオーリンズ市は48万人の市民に避難命令を発令。
8月29日、ルイジアナ州に再上陸。その後、勢力を落としながら北上。当初、死者は少なくとも55名と報道。
8月30日、ミシシッピ州の東部を通過中に熱帯性暴風になる。ニューオーリンズの8割が水没したとの報道。

出典:ハリケーン・カトリーナ(Wikipedia)

被害の様子

カトリーナの被害の様子も、同じくWikipediaで確認できます。

画像出典:ハリケーン・カトリーナ(Wikipedia)

ダウ平均株価

下記はハリケーン・カトリーナ上陸前後のダウ平均株価チャートです。


ハリケーンは大きな人的被害・建物被害を出した他、原油生産への影響から原油価格の高騰を招きました。

ただしダウ平均株価への影響は限定的であったようです。ダウ平均株価は8月29日に10,349.37ドルをつけるまで下落したものの買い圧力は強く、チャートは下ヒゲを3度(8月29日,30日,31日)出した後に回復へと向かいました。

ロンドン同時爆破事件(2005年)前後の日経平均株価チャート

ロンドン同時爆破事件(ロンドンどうじばくはじけん、7 July 2005 London bombings)は、2005年7月7日に起こったアルカイダによるテロ事件です。

この事件前後の日経平均株価チャートを作成しました。

ロンドン同時爆破事件

現地時間午前8時50分頃(サマータイム期間中、UTC+1)イギリスの首都ロンドンにおいて地下鉄の3か所がほぼ同時に爆破され、その約1時間後にバスが爆破されました。死者は56人になります。

この事件は、ロンドン同時爆破テロ、ロンドン同時多発テロ、ロンドン同時テロ等の名称で呼ばれています。

株価動向

チャート

下図はロンドン同時爆破テロ事件前後の日経平均株価チャートです。

5営業日前の2005年6月30日から、25営業日後の2005年8月12日までの期間をプロットしています。

7July2005Londonbombings_n225

左側の長い上髭が、2005年7月8日、テロ翌日のローソク足です。

翌日の株価

テロ事件翌日の2005年7月8日の日経平均株価は、始値11,563.84円、高値11,653.26円、安値11,563.84円、終値11,565.99円でした。

終値は、テロ事件前の前日の株価と比べ、24.15円安(-0.21%)の水準です。日本の株価は、ほぼ無反応であったと言えます。

翌々日以降の株価

翌々日以降、株価は上昇基調になります。

翌々日営業日の2005年7月11日には、日経平均株価は11,674.79円をつけ、テロ事件以前の株価に戻ります。

その後日本経済は小泉景気に沸いていきます。2005年の日経平均株価は、16,111.42円という高い水準で引ける事になりました。