プラザ合意(1985年)後のドル/円為替チャート 円高はどう進んだか?

1985年のプラザ合意後に、円高・ドル安が進行し、わずか2年半の間に円の価値は2倍になりました。当時の為替チャートを作成しましたので投稿します。

プラザ合意とは?

プラザ合意(プラザごうい、英: Plaza Accord)は為替レート安定化に関するG5(日米英仏独)の合意です。円高・ドル安を誘導する内容で、1985年9月22日に発表されました。

プラザ合意(Wikipedia)

プラザ合意前後の為替

チャート

下図は、プラザ合意前後の為替チャートです。


横軸は西暦、縦軸は米ドル・円の為替レートです。

元データは株価データ倉庫から取得しました。

ドル安・円高

プラザ合意の直前・直後

プラザ合意直後に、急激に円高・ドル安が進みました。

プラザ合意前の1985年9月20日は、240.09円でした。合意後は231.89円となり、8.2円(3.4%)の円高・ドル安が進みました。

その後の円高

ドル安・円高は、その後も止まりませんでした。

極端なドル安を止めるために、1987年2月22日にはルーブル合意が発表されましたが、効果はなく、更なる円高が進みました。

ルーブル合意(iFinance)

1987年12月31日には1ドル121.25円を付け、プラザ合意前の240.09円と比べ、円の価値は2倍になりました。わずか2年半の期間での急騰です。

円高が招いた不況と平成バブル景気

強力な円高は、円高不況と産業の空洞化を招きました。これを受けて日本銀行は金融緩和政策を続けました。そうはいうものの、強い円によって購買力が高まり、海外のモノ・サービスが流入したため、物価は上がりませんでした。

そのため日本銀行は金融緩和政策を継続しました。そこで余ったお金によって、株と不動産の価格は暴騰しました。これが平成バブルです。平成バブルの絶頂期である1989年12月29日に、日経平均株価は史上最高値38,957.44円を付けました。

イラク戦争(2003年)開戦前後の米ドル/円 為替チャート

イラク戦争開戦時の米ドル/円 為替チャートを作成しました。

イラク戦争は、アメリカ合衆国が主体のイラクへの侵攻で、2003年3月20日に開戦しました。

イラク侵攻直後

下図は、イラク侵攻直後の米ドル/円為替チャートです。為替は開戦後、一時的にドル高に振れた後に、安定しました。

開戦は織り込み済で、為替への影響は小

侵攻前日の2003年3月19日の為替レートは1ドル120.43円でしたが、イラク侵攻開始後に米ドルが買われ、3月21日には1ドル121.87円をつける場面もありました。開戦は既に為替相場に織り込み済であり、開戦直後は材料出尽くしから米ドルが買われた様子です。

その後もイラク戦争は米ドル/円為替相場に大きな影響を与える事なく、為替は安定して推移しました。

イラク侵攻前後

下図は時間軸を広げた、イラク侵攻前後の米ドル/円為替チャートです。

開戦前に米ドルは売られていた

イラク侵攻後の為替は安定していました。むしろ開戦前の方が、米ドルは売られた様子です。例えば2002年12月5日には1ドル125.68円をつける場面があり、きな臭くなるに従いリスクオフが進み、米国からマネーが逃げて、ドル安が進んだ様子が分かります。

ドバイG7共同声明によりドル安・円高へ

その後、為替相場は、しばらく安定していたものの、2003年9月20日を境目として円高方向へ振れる事になりました。この日ドバイG7共同声明が発表され、米国のドル安志向が示唆された事でドル安・円高が進行しました。

関連:イラク戦争と株価

米国株は上昇へ

イラク戦争開戦により、軍事産業が盛んな米国の株価は上昇しました。

日本株も米景気回復を受けて上昇へ

米国の好景気を受け、日本の日経平均株価も1ヵ月遅れて上昇を始めました。

イラク戦争(2003年)開戦前後の日経平均株価チャート

イラク戦争開戦時の日経平均株価チャートを作成しました。

イラク戦争は、アメリカ合衆国が主体のイラクへの侵攻で、2003年3月20日に開戦しました。

イラク戦争前後の日経平均株価チャート

下図は開戦前後の日経平均株価チャートです。

iraq-war2003-n225

開戦前の状況

かつて2000年のインターネットバブルの時期に、日経平均株価は2万円台に乗っていましたが、イラク戦争開戦前はバブルは崩壊後暫く経っており、日経平均株価は8,000円を割る状態でした。イラク戦争開戦前は、戦争が始まれば米国経済へ悪影響があるとの考えから、株は更なる売りを浴びていました。

開戦後の状況

開戦後は一転、悪材料出尽くしの買いが入りました。それに加えて軍事産業が盛んな米国は、この侵略戦争によって経済活動が活発になり、ダウ平均株価は上昇を始めていました。

その後、米国の好況は日本にも波及しました。日本ではソニーショックでの株価下落を大底として、以降の日経平均株価上昇基調に入りました。

イラク戦争(2003年)開戦前後のダウ平均株価チャート

イラク戦争は、アメリカ合衆国が主体のイラクへの侵攻で、2003年3月20日に開戦しました。下図はその前後のダウ平均株価チャートです。


2000年のドットコムバブル(インターネットバブル)崩壊の影響で下落基調であったダウ平均株価は、イラク戦争開戦後に回復を始めました。なぜなら米国は世界で最も軍事産業が盛んですので、侵略戦争によって米国の経済活動が活発になったからです。迷惑な国ですね。

とは言え、米国の回復は世界にも波及しました。日本でも2003年4月28日(ソニーショックの翌営業日)を大底として日経平均株価は上昇局面に入りました。

その後、加熱した投資マネーは住宅価格を上昇させ、サブプライム危機の原因として知られる米不動産バブル(2006年中盤頃ピーク)を形成して行く事になりました。

ブラックマンデー(1987年)前後のダウ平均株価チャート

1987年10月19日(月)に、米国ニューヨーク株式市場に起こった過去最大規模の暴落ブラックマンデー(Black Monday)と呼びます。

当時のダウ平均株価チャートを作成しました。

ブラックマンデー前後のダウ平均株価チャート

ブラックマンデーは明確なネガティブサプライズなしに、売りが売りを呼んだ事で、株価が暴落しました。



チャート作成の元データは株価データ倉庫から取得しました。

前日比-22.6%の大暴落

1987年10月19日(月)のダウ平均株価は、前の営業日比で507.99ドル安(-22.6%)という下げ幅を記録する大暴落となりました。翌20日には安値1,616.21ドルをつけており、ブラックマンデー前10月16日の終値と比べて-28.1%の水準です。短い時間に大きく売られた事が分かります。

米国の株価大暴落は世界へ波及

ニューヨーク株式市場の暴落は、世界各国の株式市場へと波及しました。

日本の株式市場は1987年10月20日(火)に暴落しました。この日の日経平均株価の始値は、高値と等しく25,745円です。終値は安値と等しく21,910円です。チャートは陰の丸坊主を形成し、場中に3,835円を下げる大暴落となりました。前日比では3,837円安(-14.9% )の暴落でした。