運用報告書(2018年10月末日)


2018年10月末時点の資産運用の状況を公開します。

運用状況

割高となっていた米国の株価が調整し、2018年10月は世界的な株安局面となりました。これに伴い、運用資産は-7.20%と大きく下落しました。

運用概況

時期 運用資産(円) 基準価額(円) 前月比 年初来 口数(口) 低リスク資産比率
2018年10月末 14,232,211 17,679 -7.20% -5.07% 8,050,533 15.2%
2018年9月末 15,336,067 19,050 +1.16% +2.29% 8,050,533 25.1%

相場環境

時期 日経平均株価 日経平均株価
月間騰落率
米ドル/円 米ドル/円
月間騰落率
S&P500 S&P500
月間騰落率
2018年10月末 21,920.46 -9.12%
2018年9月末 24,120.04 +5.49% 113.68 2.40% 2,913.98 0.44%

※S&P500指数および為替は確定時に追記します。

売買銘柄

株式個別銘柄部門

決算結果に注目した売買を行いました。その他、株価下落局面を見てからリバランス買いを行い、リスク資産を増やしました。

市場 コード 銘柄 売買区分 備考
東証2部 9063 岡山県貨物運送(株) 新規購入 利益の伸びが大きく、指標上も割安なため
東証1部 9414 日本BS放送(株) 売却 決算で実績(PL/CF)は良いものの、利益減速の業績予想が出されたため
東証1部 7475 アルビス(株) 新規購入 成長するディフェンシブ銘柄が、2018年3月期の株式発行によって、割安になっていると考えて購入
福証 6076 (株)アメイズ 売却 3Q決算で業績の進捗が良くは無かったため
東証1部 2379 ディップ(株) 追加購入 成長性高く、豊富な求人需要が業績成長に繋がると考えたため
東証JQS 6890 (株)フェローテックホールディングス 追加購入 高成長かつ割安だと考えて購入
東証1部 6480 日本トムソン(株) 新規購入 1Qの好調な業績に注目した打診買い
東証1部 4248 竹本容器(株) 追加購入 高成長銘柄が割安な株価となったため
東証1部 6857 (株)アドバンテスト 新規購入 1Qの好業績に注目した購入。半導体検査装置の需要も底堅いと予測
東証2部 3677 (株)システム情報 追加購入 高成長銘柄が急落したため、指値注文が約定

投資信託部門

2018年10月は売買を行いませんでした。

株式ポートフォリオ

上位銘柄

いずれも成長株の前提ではありますが、景気下落に強い種類の銘柄を増やしつつあります。具体的には、需要が景気に左右されにくいという考えから、竹本容器(4248.jp)やアルビス(7475.jp)をディフェンシブ銘柄として購入しています。また、景気下落により燃料費が安くなる事で業績が安定するという目論見もあり、岡山県貨物運送(9063.jp)やSGホールディングス(9143.jp)を上位銘柄としています。

その他、システム情報(3677.jp)やマイクロソフト(MSFT.us)やといったIT銘柄、ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp)や、チャーム・ケア・コーポレーション(6062.jp)といった老人ホーム銘柄、ディップ(2379.jp)のような人材関連銘柄を主力株としています。

今後の投資計画

バリュー平均法を意識して、ポートフォリオのリスク資産額を一定にするように運用します。

長らく続いている景気の拡大局面の終わりが見えつつありますが、依然として景気指数は良好であり、株を売り払うのも持たざるリスクがあると考えます。ある程度ボラティリティが大きい局面が継続しそうですが、「高値で買って安値で売る」ような間違った判断をしないように、自身のリスク資産額へ注目した売買を行います。

バフェットのポートフォリオ(2018年6月)


ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2018年6月時点のポートフォリオをメモしておきます。今回バフェットは、前回(2018年3月)に引き続き、アップル(AAPL)を買い増し、銀行株・航空株の入れ替えを行いました。その他、ゴールドマン・サックス(GS)やゼネラルモーターズ(GM)の買い増し等がありました。

バフェットのポートフォリオ

バフェットのポートフォリオとその所見を以降に示します。画像は下記のリンクから取得しました。

以下の画像の出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

構成比率上位銘柄

業種別のポートフォリオ

所見

バフェットはアップル(AAPL)を更に買い増しました。その結果、アップル株のポートフォリオ内での比率は23.84%となり、かなりの集中投資状態にあります。バフェットはアップルの将来性にかなりの自信を持っている事がうかがえます。

銀行株については、ユー・エス・バンコープ(USB)、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BK)を増加させ、逆にウェルズ・ファーゴ(WFC)を売却しました。なお、依然として金融関係銘柄は、バフェットのポートフォリオの大部分(半分近く)を占める状態が続いています。

航空株では、デルタ航空(DAL)、サウスウェスト航空 (LUV)を購入し、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス(UAL)やアメリカン航空グループ(AAL)を売却しました。

その他の購入銘柄には、金融グループのゴールドマン・サックス(GS)や自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)があります。売却銘柄には、大手エネルギー会社のフィリップス66(PSX)や、ケーブルテレビ事業者のチャーター・コミュニケーションズ(CHTR)があります。

運用報告書(2018年9月末日)


2018年9月末時点の資産運用の状況を公開します。

運用状況

2018年9月は日経平均株価が+5.49%、ドル/円為替も2.40%の円安となり、投資家にとっては好ましい相場環境でした。一方で運用資産は好調な環境の割に増加せず、基準価格は+1.16%に留まりました。なお、9月に988,000円の増資を行いました。

運用概況

時期 運用資産(円) 基準価額(円) 前月比 年初来 口数(口) 低リスク資産比率
2018年9月末 15,336,067 19,050 +1.16% +2.29% 8,050,533 25.1%
2018年8月末 14,161,105 18,832 +1.32% +1.12% 7,519,820 17.8%

相場環境

時期 日経平均株価 日経平均株価
月間騰落率
米ドル/円 米ドル/円
月間騰落率
S&P500 S&P500
月間騰落率
2018年9月末 24,120.04 5.49% 113.68 2.40% 2,913.98 0.44%
2018年8月末 22,865.15 1.38% 111.02 -0.75% 2,901.13 3.01%

売買銘柄

株式個別銘柄部門

主力株の(株)システム情報および(株)エフオンは、プレスリリースをきっかけとして株価が急騰しました。その結果、指しっぱなしだった指値注文が約定し、部分売却となりました。

市場 コード 銘柄 売買区分 備考
東証JQS 3677 (株)システム情報 部分売却 上方修正のプレスリリースを契機とした株価急騰に、指しっぱなしの売り注文が刺さったため
東証JQS 2435 (株)シダー 売却 前期決算の営業CFは良いものの、1Q利益の進捗が悪く成長も見込めないと考えたため
東証1部 9514 (株)エフオン 部分売却 木質バイオマス発電事業の建設用地の取得についてのプレスリリースをきっかけとした株価急騰で、指値注文が約定

投資信託部門

2018年9月は売買を行いませんでした。

株式ポートフォリオ

上位銘柄

マイクロソフト(MSFT.us)やシステム情報(3677.jp)といったIT銘柄、ユニマット リタイアメント・コミュニティ(9707.jp)や、チャーム・ケア・コーポレーション(6062.jp)といった老人ホーム銘柄、および、アルトナー(2163.jp)やディップ(2379.jp)といった人材関連銘柄を主力株としています。

今後の売買予定

現状維持を原則とします。ただし相場が大きく急騰すれば利益確定し、急落すれば押し目買いを入れる逆張りの姿勢で臨みます。機械銘柄・製造業銘柄に押し目買いを入れたい所ではありますが、米中貿易摩擦や今後の世界景気の見通しがやや不透明ですので、積極的な購入は控えるつもりです。

その他

増資額について

9月に988,000円の増資を行いました。1,000,000円の増資をしたかったのですが、SBI証券への入金額の上限が1,000,000円であり、12,000円をSBI銀行経由で引っ越しに関する家賃(日割り計算)支払いに充てたために増資額が988,000円となりました。

バフェットのポートフォリオ(2018年3月)


ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2018年3月時点のポートフォリオをメモしておきます。今回バフェットは、アップル(AAPL)を買い増し、銀行株・航空株の入れ替えを行いました。詳細・その他を後述します。

バフェットのポートフォリオ

バフェットのポートフォリオとその所見を以降に示します。画像は下記のリンクから取得しました。

以下の画像の出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

構成比率上位銘柄

業種別のポートフォリオ

所見

アップル(AAPL)の買い増しがありました。ポートフォリオ内での比率が21.27%とかなりの集中投資状態になっています。アップルの将来性にかなりの自信がある事がうかがえます。

銀行株については、ユー・エス・バンコープ(USB)、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BK)を増加させ、逆にウェルズ・ファーゴ(WFC)を売却しました。なお、依然として金融関係銘柄は、バフェットのポートフォリオの大部分(半分近く)を占める状態が続いています。

航空株では、デルタ航空(DAL)を購入し、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス(UAL)を売却しました。

その他の購入銘柄には、バイオテクノロジー企業のモンサント(MON)があります。売却銘柄には、大手エネルギー会社のフィリップス66(PSX)や、ケーブルテレビ事業者のチャーター・コミュニケーションズ(CHTR)があります。また、前回(2017年12月)まではわずかに保有していたIBM株は綺麗サッパリ売り払っています。

バフェットのポートフォリオ(2017年12月)


ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2017年12月時点のポートフォリオをメモしておきます。増加銘柄は、ユー・エス・バンコープ(USB)、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BK)といった金融銘柄が目立ちました。

バフェットのポートフォリオ

構成比率上位銘柄

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

業種別のポートフォリオ

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

所見

バフェットの2017年10月〜12月のポートフォリオの変化点として、金融銘柄の買い増しが目立ちました。バフェットはウェルズ・ファーゴ(WFC)こそ減らしたものの、ユー・エス・バンコープ(USB)、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BK)の株数を増加させました。

金融セクターがバフェットのポートフォリオに占める割合は4割を超え、他の業種に比べて多く保有しています。好景気かつ金利上昇局面では金融銘柄の利ざやが増えますので、オーバーウェイトしておきたいところではあります。

その他、バフェットはアップル(AAPL)の株を更に増加させました。アップル製品がお気に召したのでしょう。

バフェットのポートフォリオ(2017年9月)


ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2017年9月時点のポートフォリオをメモしておきます。目立った変化として、バンク・オブ・アメリカの株を一気に買い付け、主力株の1つとした点が挙げられます。

バフェットのポートフォリオ

構成比率上位銘柄

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

業種別ポートフォリオ

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

所見

バフェットはウェルズ・ファーゴの売却を継続しました。ウェルズ・ファーゴは顧客に無断で口座を開設するという不祥事が発生し、バフェットは2017年6月にはウェルズ・ファーゴ株の株を売却していました。バフェットはウェルズ・ファーゴを売却した代わりとして、同じ銀行業のバンク・オブ・アメリカを組み入れました。その結果、バンク・オブ・アメリカはバフェットのポートフォリオの9.68%を構成し、バフェットの主力株の1つになりました。

なお、バフェットは前回2017年6月から引き続き、アップル株の買い増しと、IBM株の売却を行っています。

バフェットのポートフォリオ(2017年6月)


ウォーレン・バフェット(Warren Buffett)の2017年6月時点のポートフォリオをメモしておきます。バフェットは4月〜6月にかけて、ウェルズ・ファーゴやIBMを売却し、アップルを買い増ししました。

バフェットのポートフォリオ

構成比率上位銘柄

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

業種別ポートフォリオ

画像出典:ウォーレン・バフェット(ibillionaire)

所見

バフェットはポートフォリオ構成比率2位のウェルズ・ファーゴを部分売却をしました。ウェルズ・ファーゴは顧客に無断で口座を開設するという不祥事が発生し、バフェットも苦言を呈していました。更に8月4日には不正の規模が拡大する事が明らかになり、ウェルズ・ファーゴ投資家からの信用を大きく傷つけた形になっていました。

バフェットはこの他、ポートフォリオ3位のアップルは買い増しし、6位のIBMは部分売却をしました。