トータルリターン 投資成果を確認する正しい視野を持つために必要な指標

トータルリターンは、投資成果の計測に重要な指標です。

トータルリターンの算出

トータルリターンは受け取った配当金・分配金や値上がり益等を含めた損益を、支払い金額・投資金額で割り算出します。

損益は確定損益と含み損益を合算します。そのために時価・累積の買付金額/解約金額/受け取り分配金(税・手数料考慮後)を知っておく必要があります。

トータルリターンに注目する事は重要

証券への投資においては、その証券の値動き(キャピタルゲインの多寡)のみに注目しやすいものです。

ところが、それ以外の部分である配当金・分配金も積もり積もれば、また再投資すれば大きな額になります。これらインカムゲインの寄与は、本来無視できるものではありません。

特に長期投資においては、インカムゲインの寄与は短期投資の場合と比べて大きいため、トータルリターンを是非算出・確認したい所です。

株主優待も投資成果

また、株主優待によるプレゼントの受け取りも投資成果の1つです。

数量的には評価しにくいかも知れませんが、時に数%を超える優待利回りは投資判断に加味しなければなりません。

全て考えるのが投資の醍醐味

値上がり益、配当・分配、優待、これらを全て、バランス良く考慮することで投資成果が向上します。

それは複雑な取り組みではありますが、投資の醍醐味の1つと言えます。

PAK39_toumeinadice_TP_V

↑透明でカラフルなサイコロたち。ぱくたそから。好きな色ばかりに注目していると出目の計算を間違えます。資産運用においても、値上がり益にだけに注目せず、配当だけに注目せず、優待だけに注目せず、総合的な利益を最大化する取り組みが必要です。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。