投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「理論株価」が割高→割安に転じたお得な株を公開! 10~12月決算の銘柄で、2017年は増収や増益になる エイチ・アイ・エスやキヤノン、楽天など7銘柄を紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株の割安度が簡単にわかると評判なのが、ダイヤモンド・ザイが3カ月に1度の割合で掲載している「理論株価」。現在発売中のダイヤモンド・ザイ5月号では、3月決算企業の第3四半期決算に基づく2017年3月期予想の修正と、本決算を発表した12月決算企業の2017年12月期予想とを反映した最新版を掲載している。今回は、今期決算予想を発表したばかりの2017年10月~12月決算企業の中から今期は増収や増益を予想しており、その結果、前回(ダイヤモンド・ザイ2017年2月号)掲載時は株価が理論株価に対して「割高」だったが、今回は「割安」に転じた7銘柄を紹介する。

「JPX日経インデックス400」の採用銘柄の中から、 「理論株価」より50%以上も割安な22銘柄を紹介! 知名度が高く「理論株価」より割高な銘柄の特徴は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ダイヤモンド・ザイ誌上で3カ月に1度掲載している上場全3629銘柄の「理論株価」は、割安度が一発でわかると大評判! ダイヤモンド・ザイ5月号では、3月決算企業の第3四半期決算に基づく2017年3月期予想の修正と、本決算を発表した12月決算企業の2017年12月期予想を反映した最新版を掲載している。今回は、優良企業と目され、国内外からの買いが入りやすいJPX日経400銘柄の中から、実際の株価と理論株価の乖離が大きい「割安な株」と「割高な株」を紹介する。

「理論株価」と比較して50%以上も割安な株を発見! 日経平均株価に採用されている225銘柄の中から、 東京電力やスカパーなど、割安株12銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株の割安度が簡単にわかると評判なのが、ダイヤモンド・ザイが3ヵ月に1度の割合で掲載している「理論株価」。ダイヤモンド・ザイ5月号では、3月決算企業の第3四半期決算に基づく2017年3月期予想の修正と、本決算を発表した12月決算企業の2017年12月期予想を反映した最新版を掲載している。今回は、その中から、日経平均株価に採用されていて、実際の株価と理論株価の乖離が激しい「割高な株」と「割安な株」を紹介していこう。

2017年「ジャンル別!儲かる株ランキング」を公開! 「理論株価&予測高値とのかい離が大きい銘柄」や 「5万円以下で業績予想が強気の銘柄」を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「マップ」と「ランキング」でわかる、儲かる株の見つけ方とは? 現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号には、日本株の特集「2017年 新春 買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気の株500激辛診断 買いの10万円株139」を掲載。「テーマ別」「マップ&ランキング別」「セクター別」などの切り口から注目銘柄を診断し、「買い」の銘柄を見つけようという企画だ。今回は、そのなかの「マップ&ランキング」に基づいた「儲かる株」の探し方を紹介する!

理論株価が割高⇒割安に転じたチャンスを見逃すな! 業績の大幅な上方修正などの影響で割安になっている 東宝やユニー・ファミマHDなどの12銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株は割安な時に買って値上がりしたら売るのが基本。ただ、その割安の判断が難しい。PER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)などの判断基準があるが、過去のデータやライバル企業と比較する必要があり、なかなか面倒かつ難しい。そこで役に立つのが理論株価だ。現在の株価が理論株価より安ければ割安、現在の株価が理論株価より高ければ割高で、じつに簡単に割安株を発見することができる。

急騰中の日経平均株価に採用されている銘柄の中で、 「理論株価」と比較して大幅に割安な銘柄を発掘! 三井造船やヤフー、みずほFGなど割安10銘柄を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ダイヤモンド・ザイ誌上で3カ月に1度掲載しているのが上場全銘柄の理論株価だ。割安度が一発でわかると評判だが、今発売中の2017年2月号では、全上場3619銘柄の最新理論株価を掲載している。今回は、3月決算企業の第2四半期決算、12月決算企業の第3四半期決算に基づく今期予想の修正を反映したものとなっている。また、前回同様に、個別の理論株価とともに日経平均株価の理論株価も掲載した。では、現在、理論株価と比べて割高な株と割安な株を紹介しよう。

「理論株価」で全上場企業3615銘柄の割安度を分析! ヤフー、兼松、王子HDなど、直近の3カ月で割安度が 大幅にアップした10銘柄をピックアップして紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:最新の「理論株価」で全上場企業の「割安度」を分析! ダイヤモンド・ザイ誌上で3カ月に1度掲載しているのが上場全銘柄の理論株価。割安度が一発でわかると評判で、今発売中の2016年11月号でも全上場3615銘柄の最新理論株価を掲載している。今回、注目したいのがJPX日経インデックス400の構成銘柄。経営のうまさを示すROEが高い銘柄で構成されており、ROEを重視する海外投資家からの買いが入りやすい。今、日本株は世界的に見て割安な水準となっている。その中でもJPX日経インデックス400の構成銘柄は、注目の的なのだ。そこで、その銘柄の中から前回(2016年8月号)より株価が下落したにも関わらず、理論株価は逆に上昇した割安な株を紹介しよう。

投資判断が「買い」や「強気」の“儲かる銘柄”から 業績進捗率、配当利回り、理論株価とのかい離など、 注目の項目別ランキング上位の25銘柄を厳選して紹介 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:個人投資家に人気の500銘柄について、「投資していいのか」「投資してはいけないのか」と激辛診断! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ11月号には、誰もが気になる500銘柄の「売り」「買い」をズバリ判定する「人気株500激辛診断(2016年秋)」を掲載中。今回はこの「人気株500」から、注目すべき5つの視点でのピックアップしたランキングを紹介しよう。

全上場3615銘柄の最新の理論株価を分析! ヤフーやみずほフィナンシャルグループなど 50%以上割安な有名企業19銘柄も大公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ダイヤモンド・ザイ誌上で3カ月に1度掲載しているのが上場全銘柄の理論株価だ。割安度が一発でわかると評判だが、今発売中の2016年11月号では、全上場3615銘柄の最新理論株価を掲載している。今回は、3月決算企業の第1四半期決算に基づく今期予想の修正を反映したものとなっている。また、前回同様に、個別の理論株価とともに日経平均株価の理論株価も掲載した。では、現在、対理論株価で割安な注目銘柄を紹介しよう。

[←前のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.