投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか? 「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、 「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの! - 「夢の配当金生活」実現メソッド

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株初心者に人気の「高配当株」に投資するリスクやデメリットを解説しながら、注目を集めにくい「増配株」に投資するメリットを紹介!「夢の配当金生活」を目指す個人投資家・立川一さんは「高配当株」ではなくて「増配株」に投資したほうがリスクが低く、将来受け取れる配当も増える可能性が高いとして「増配株投資」を実践している。なぜ「高配当株」よりも「増配株」に注目しているのか?「高配当株」と「増配株」のメリット・デメリットを詳しく解説する!

イランの司令官殺害で中東情勢が悪化しても、日本株 の「中期上昇トレンド」は揺るがない! 中東情勢や 米中貿易問題による株価下落は「買い」のチャンス! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 前回の当コラムで、「正月休みは6日間と長いですが、当コラムの読者の皆様には、日本株の『1月のロケットスタート』を期待して、今年は敢えて『株を枕に年を越す』戦略をおすすめします」と書きましたが、残念ながら日本株は大発会から躓きました。オヤジギャク風にいうなら、「トランプがイランことした」からです。このため、今年の大発会の日経平均株価は、大納会比451.76円(1.91%)安の2万3204.86円と、大幅に3日続落してしまいました。米国防総省が1月2日、イラン革命防衛隊の精鋭組織「コッズ部隊」のカセム・ソレイマニ司令官を空爆で殺害したと発表しました。

日経平均株価の上昇基調は、2020年に入っても継続! 仮に米中貿易協議で揉めても、12月に閣議決定した 「大型経済対策」の効果により、下落余地は限定的! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 2019年の日本株は、終わってみればいい相場でした。日経平均株価は、2018年12月26日の1万8948.58円で底打ち、年初からこれを1回も割り込むことなく推移しました。その後、4月24日の2万2362.92円でいったんピークアウトし、調整入りしました。この調整は8月まで続き、8月6日の2万0110.76円でようやく底打ちしました。その後、8月中は冴えない動きでしたが、9月に入ると上昇ピッチが加速し、10月29日には遂に2万3000円大台を回復するにいたったのです。そして、12月17日は年初来高値の2万4091.12円をつけ、2万4000円大台をも回復する場面がありました。

2020年の日経平均株価の予想レンジは、2万~2万 6000円! 市場全体の上昇機運が高まる中、「5G」 「国土強靭化」「東証再編」などのテーマ株に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来年2020年の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 2020年の日本市場は、引き続き米中貿易問題の進展を見極めながらの相場展開が続きそうです。一方、国内では東京オリンピック・パラリンピックという一大イベントが開催されます。お祭りムードになりますが、過去の株価動向から、五輪閉幕後には景気減速からの下落が警戒されています。また、キャッシュレス還元終了後の消費増税の景気への影響も改めて警戒されてきます

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」関連株を5銘柄紹介! 2020年は人気が出やすい舞台設定だけに「戦国時代」 「明智光秀」に関連するコンテンツ系の企業に期待! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大河ドラマ「麒麟がくる」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。大河ドラマ「麒麟がくる」が、2020年1月19日から放送開始されます。撮影途中でのキャストの入替えなどの混乱から、当初の予定より放送開始を2週間遅らせてのスタートとなりました。今回は、その「麒麟がくる」の関連銘柄を取り上げます。麒麟がくる」は、大河ドラマの原点ともいえる戦国時代を描いており、「本能寺の変」で織田信長を討った戦国武将「明智光秀」を通して描かれる戦国絵巻となります。

日経平均株価は、クリスマス休暇明けまで鈍い値動き が継続! ただし外部環境が劇的に改善し、経済対策 も決定したことで、日本株は「買い一択」の状態に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国株が非常に強い動きです。中国政府がすべての貿易相手国に対して、来年1月から冷凍豚肉など859品目の関税引き下げを決めたことが好感されました。ただし、足元の日経平均株価は米国株に比べると動きが鈍く、2万4000円手前でもたついています。これは、クリスマス前に多くの海外勢が休暇入りしていることが主因でしょう。京株式市場において、海外勢はトレンドに乗る順張りが好き、逆に国内勢(特に個人)はトレンドに向かう逆張りが好きです。その順張り大好きな多くの海外勢がクリスマス休暇入りしてしまっては、残るのは逆張り派の国内勢だけです。

来週(12/23~27)の日経平均株価の予想レンジは、 2万4400~2万3700円! クリスマス休暇で値動きが 停滞する中、直近で上場した「IPO銘柄」が狙い目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/23~27)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月23~27日)の日経平均株価は、海外勢の商いがより細るため、引き続き“こう着相場”が続きそうです。海外の主要市場は、12月24日のクリスマス・イブは休場もしくは短縮取引、25日のクリスマスは休場、26日はボクシングデーの祝日で欧州などの一部市場が休場になります。そのため、取引は個人投資家が中心になるので、IPO銘柄や個別材料株が中心になるでしょう。

「アシストスーツ(作業支援ロボット)」関連株を5銘柄 紹介! 現場作業の負担を軽減できて、人手不足対策に もなる「アシストスーツ」は成長確実な注目テーマ! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「アシストスーツ」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。以前、本連載で「介護ロボット」をテーマに取り上げたことがあります。その記事では幅広くロボット全般について取り上げましたが、今回はもう少しテーマと絞り、作業支援ロボットの一種である「アシストスーツ」に注目しました。「アシストスーツ」は、作業者の体に装着することで、荷物も上げ下ろしや中腰姿勢の維持などを“アシスト”し、作業者の身体的負担の軽減や作業効率の向上を行う作業支援ロボットです。「パワードスーツ」「パワーアシストスーツ」「サポートジャケット」などの名称でも呼ばれます

世界同時株高の中、日本株は“買い一択”! 好調な ジャスダック市場で「高い成長性」「人気のテーマ」 「好調な業績」の3条件がそろった銘柄が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 世界同時株高の様相を呈してきました。まず米国では、12月16日のNYダウが4日続伸し、前週末比100.51ドル高の2万8235.89ドルと、過去最高値を更新しました。一方、欧州では主要600社で構成する「STOXX欧州600」が前週末比5.73ポイント高の417.75ポイントと、4年8カ月ぶりに過去最高値を更新。日本でも、ここにきて日経平均株価が2万4000円大台を回復しています。このように現在は、買い方にとっては非常に良好な投資環境なのですが、売り方にとっては非常に厳しい環境と言えるでしょう。

来週(12/16~20)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3500~2万4500円! 2万4000円を上値とする 「ダブルトップ」を突破できれば、さらなる上昇も! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/16~20)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週は重要なイベントが目白押しだったため、様子見ムードからこう着感の強い相場展開が続いていました。しかし、米連邦公開市場委員会(FOMC)が、金利を維持したことに加えて来年の金利据え置きを示唆したことから、先行きの不透明感が後退しました。さらに、米国による対中関税発動が12月15日に迫る中、トランプ米大統領が中国との第1段階の貿易合意を承認したとの報道を受け、金曜には500円を超えて大幅に上昇。寄付で一気に年初来高値を更新すると、その後も強い値動きが続き、昨年10月以来の2万4000円を回復しました。

「国土強靭化」で必要な“水害対策・治水”の関連銘柄 を紹介! 国策テーマの「国土強靭化」では、ゼネコン よりも、受注増が業績に直結する中小型銘柄を狙え! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「水害対策・治水」の関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。日本政府は12月5日、新たな経済対策を閣議決定しました。この経済対策は、「災害からの復旧・復興と安全・安心の確保」「経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援」「未来への投資と東京五輪・パラリンピック後も見据えた経済活力の維持向上」を3つの柱としています。日本では、各種インフラ設備の老朽化が進む中、これまでも自然災害から国土を守る「国土強靭化政策」が重要な政策課題として取り組まれてきました。特に、対策が急がれるのが「水害対策・治水」です。

来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万3900円! 出遅れ感の強い「中小型株 の見直し」や IPOの「セカンダリー投資」に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月9日~13日)は、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)や10-12月期の日銀短観、欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表など、重要な経済イベントが予定されています。しかし、より市場の関心を集めているのは、12月15日に米国が予定している中国製品への新たな関税発動の行方です。

「大型経済対策」の関連銘柄に注目! 閣議決定された 事業規模26兆円もの経済対策により「公共投資」や 「Society 5.0」関連銘柄が重要な“国策テーマ株”に - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価の上値が重くなっている主因は、12月15日のトランプ米政権による対中制裁関税の「第4弾」が全面発動する前に、積極的な上値追いを手控える投資家が増えているためです。ところで、政府は12月5日、「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」を閣議決定しました。財政支出は13.2兆円程度、事業規模は26.0兆円程度です。(1)災害からの復旧・復興と安全・安心の確保、(2)経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援、(3)未来への投資と東京オリンピック・パラリンピック後も見据えた経済活力の維持・向上を3つの柱としています。

「大型経済対策」の関連銘柄に注目! 閣議決定された 事業規模26兆円もの経済対策により「公共投資」や 「Society 5.0」関連銘柄が重要な“国策テーマ株”に - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価の上値が重くなっている主因は、12月15日のトランプ米政権による対中制裁関税の「第4弾」が全面発動する前に、積極的な上値追いを手控える投資家が増えているためです。ところで、政府は12月5日、「安心と成長の未来を拓く総合経済対策」を閣議決定しました。財政支出は13.2兆円程度、事業規模は26.0兆円程度です。(1)災害からの復旧・復興と安全・安心の確保、(2)経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援、(3)未来への投資と東京オリンピック・パラリンピック後も見据えた経済活力の維持・向上を3つの柱としています。

来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3000~2万3900円! 出遅れ感の強い「中小型株 の見直し」や IPOの「セカンダリー投資」に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/9~13)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月9日~13日)は、米国の連邦公開市場委員会(FOMC)や10-12月期の日銀短観、欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表など、重要な経済イベントが予定されています。しかし、より市場の関心を集めているのは、12月15日に米国が予定している中国製品への新たな関税発動の行方です。

「リニア中央新幹線」の関連銘柄を紹介! いよいよ 工事が始まる総事業費5兆円超の「国策テーマ」では、 全区間の86%を占める“トンネル工事”関連銘柄に注目 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「リニア中央新幹線」関連銘柄について、アナリストの村瀬智一さんが解説。米中貿易交渉を巡る不透明感から全体としては買いづらい状況ながらも、テーマ株の物色が盛んになってきました。足元では、以前に取り上げた「教育ICT」関連や「マイナンバー」関連といった“国策銘柄”が連日賑わいを見せています。そこで今回は、国家プロジェクトである「リニア中央新幹線」の関連銘柄に注目してみました。2019年10月17日、国土交通省が東京(品川)~名古屋間のリニア中央新幹線の工事実施計画を認可したことで、いよいよ総事業費5兆円を超える大プロジェクトが動き始めました。

ジャスダックの新興株に“大幅な株価上昇”を予兆する 「強力な買いシグナル」が点灯! 日経ジャスダック平均 のチャートに「赤三兵」が出現し、上昇相場に発展も! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 日経平均株価は、12月5日以降、おおむね2万3000円~2万3600円のボックス相場になっています。日経平均株価の上値が重くなった主因は、米国株の調整です。11月27日まで米国株式相場は4日続伸し、NYダウは3日続けて過去最高値を更新しjavascript:void(0)ました。しかしながら、29日のNYダウは5日ぶりに反落しました。この日は、27日の夕方にトランプ米大統領が香港人権法案に署名したことで、米中関係が悪化して米中貿易協議への悪影響がおよぶとの懸念が強まり、売りが優勢になりました。

来週(12/2~6)の日経平均株価の予想レンジは、 2万3200~2万3800円! こう着が続く日経平均株価 よりも、上値抵抗線を突破したマザーズ指数に注目! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(12/2~6)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(12月2日〜6日)の日経平均株価は、ひきつづき底堅さが見られる中で、次第に年末に向けての株価上昇、いわゆる「年末高」への意識が高まる展開が期待されます。トランプ大統領が「香港人権・民主主義法」に署名したことに対して中国は厳重に抗議したものの、中国は国内景気の下支えに向けて米国との貿易合意を望んでいるとも伝えられており、米中貿易交渉の進展期待は引き続き株価の下支えとなるでしょう。また、為替市場での円安基調も株価の下支え要因として意識されます。

12月決算の「高配当銘柄」の中から、好業績の5社を 紹介! 「ラ・アトレ」「ウィル」など、リバウンド 基調の銘柄なら、配当落ち後の下落リスクも最小限! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:12月期決算企業の「配当銘柄」について、アナリストの村瀬智一さんが解説。日経平均株価は、先週の急落局面で2万3000円を割り込む局面も見られましたが、その後の急速な戻りにより売り込みづらい状況です。米中交渉を巡る報道に影響されやすい相場ではあるものの、下値の堅さから短期筋の売りは出にくいでしょう。また、マザーズ指数が順調なリバウンドを見せていることから、個人投資家のセンチメントは改善してきています。海外勢による買い越し基調が継続していることも、過度に警戒していた流れの巻き戻しと考えられます。

「米国株高」「香港情勢の改善」「円安」「大型補正 予算」など日本株に強力な追い風が! 新興市場にも 資金が流入し始め、千載一遇の投資チャンスが到来! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国株式市場は、相変わらず強い動きを続けており、NYダウ、ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数の主要な3株価指数は揃って絶好調です。11月25日は、中国政府が24日、「知的財産権の侵害に対する罰則を強化する」と発表したことや、週末にオブライエン米大統領補佐官が年内の貿易合意について「まだ可能」と述べたと伝わったことが買い材料になりました。ところで、大規模デモの混乱が続く香港では、11月24日の香港の区議会選挙で、民主派が全452議席の8割超を獲得し、全18選挙区のうち17区で民主派が過半数を得る圧勝となりました。

[←前のページ][→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.