投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「つみたてNISA」口座開設の手順をやさしく解説! 投資未経験者や従来のNISAから移行する人など、 人によって異なる口座開設までの流れとポイントは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」口座の金融機関での開設までの手順をわかりやすく解説!「つみたてNISA」を利用して投資信託・ETFの積立を行うには、「つみたてNISA」の取り扱い金融機関で専用口座を開設する必要があります。口座開設は決して難しい手続きではありませんが、投資初心者はその前の「総合口座開設」の段階で戸惑うことがあるかもしれません。また、すでに従来の「NISA」を利用している人は、移行手続きで注意すべきポイントがあります。

「つみたてNISA」の金融機関の選び方を解説! 手数料、取扱商品の数、引き落とし方法で比較した 投資初心者と経験者で異なる選び方のポイントとは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の金融機関の選び方を投資初心者、経験者に分けて解説!2018年1月の開始が目前に迫って来た「つみたてNISA(積立型の少額投資非課税制度)」。利用するには、「つみたてNISA」を扱っている金融機関で専用口座を開設する必要があります。開設できるのは一人一口座のみ。では、どのような基準で「つみたてNISA」の口座を開く金融機関を選べばよいのでしょうか? 今回は、上手な口座選びのポイントについてお話しします。

「つみたてNISA」と従来の「NISA」、迷ったときは どちらを選ぶべき? 併用できない2つのNISAの違い と適切な「つみたてNISA」への移行のタイミングは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」と従来の「NISA」は、基本的に併用はできません。となると、気になるのはどっちの制度を選んだほうがよいのか、ということでしょう。今回は、「つみたてNISA(積立NISA)」と従来の「NISA」の違いを改めて見ていくとともに、それぞれの制度に向いているのはどんな人か、また従来の「NISA」から「つみたてNISA」に移行する場合の注意点や手続きについてお話したいと思います。

つみたてNISAに向いている人、向いていない人は? 「iDeCo」より「つみたてNISA」を活用すべき人と、 「つみたてNISA」を絶対に使ってはいけない人とは? - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」を利用したほうがいい人、「つみたてNISA」より従来のNISAやiDeCoを利用したほうがいい人を解説!「つみたてNISA」は、年間40万円までの積立投資による運用益がすべて非課税になる、新しいタイプのNISA(少額投資非課税制度)です。いよいよ「つみたてNISA」がスタートする2018年1月が近づいてきて、「つみたてNISA」を利用すべきかどうか、悩んでいる人は少なくないでしょう。ただ、「つみたてNISA」にまったく向いていないという人はあまりいません。では、どんな人であれば、より「つみたてNISA」のメリットを享受できるのでしょうか?

「つみたてNISA」のメリット、デメリットを解説! 対象商品が厳選されて投資初心者も始めやすい一方、 年間の投資限度額が少ないなどデメリットに要注意! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」のメリット、デメリットをわかりやすく解説! 2018年1月からスタートする「つみたてNISA」は、積立投資専用の新しいタイプの「NISA」です。「NISA」という名前が付いていることからわかるように、従来の「NISA」同様、投資によって得られた運用益はすべて非課税になるというのがメリットです。しかし、「つみたてNISA」には投資初心者が始めやすい仕組みになっているなど、独自のメリットがたくさんあります。一方で、「つみたてNISA」にはデメリットや注意すべき点もあります。積立投資を始めた後で「こんなはずではなかった」とならないように、口座開設の前にメリットとデメリットをきちんと理解しておきましょう。

AKB48の4人の成績はトランプ相場で急上昇! ~第11回 ETF(上場投資信託)を使って、 通常の投資信託よりも機動的な売買をしよう!~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISAでの投資信託の運用バトルに挑戦中のAKB48メンバー4人。取材時は、ちょうどトランプ相場が始まったタイミング。トランプ氏の米国大統領選の勝利により、日経平均株価はいったん急落。しかし、翌日からは一転して上昇、メンバー4人の利益も大きく増えた。 今回は急落時に機動的に買い増しをするため、4人が日経平均株価に連動するETFの買い方を学ぶ!(12月21日発売のダイヤモンド・ザイ2月号から転載。最新の記事はダイヤモンド・ザイ5月号に掲載中)

NISA口座で勝つ確率を高める“NISA攻略法”を伝授! 初心者や忙しい人は「投信積み立て」がおすすめ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)が導入されて3年。しかし、NISA口座の開設数は1000万口座を超えた程度で、まだまだ普及したとは言い難い。しかも、NISAは度々制度変更されており、直近でも新たな変更点が加えられる見通しだ。現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号には、そんなNISAの現状と、今後の見通し、さらにNISAでおすすめの投資スタイルなどを紹介するコラムを掲載。今回はその内容を抜粋して紹介しよう!

[←前のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.