Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: そーせいグループ

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(8/13〜16)の日経平均株価の予想レンジは、 2万400~2万900円! 引き続き不透明な相場展開が 予測される中、そうせいグループなどの決算に期待! - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(8/13〜16)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(8/13〜16)の日経平均株価は、引き続き不安定な相場展開が続きそうです。ひとまず日経平均株価は2万500円での底堅さが意識されるとみられますが、来週はお盆休み入りとなり、市場参加者が限られます。そのため、薄商いの中を先物主導によるインデックスに絡んだ商いの影響を受けやすい状況は変わらないでしょう。

来週(5/13~17)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1000~2万1600円! 米中貿易協議の行方や、 「そーせいグループ」など“バイオ株”の決算に注目! - 今週のマーケット解説&来週の注目銘柄

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(5/13〜17)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週の日本市場は令和相場のスタートでしたが、ゴールデンウィーク10連休中の外部環境の影響などから、不安定な相場展開になりました。トランプ大統領がツイッターで「中国からの輸入品2000億ドル相当への関税引き上げを10日から実施する」と表明し、週明けの海外市場は波乱の展開でした。「いつものトランプ大統領の手口」といった楽観的な見方もありましたが、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が「関税引き上げを10日に実施する」と明らかにしたことや、中国側が「米国が関税を引き上げた場合、必要な対抗処置を取る」と表明するなど、米中関係悪化への懸念が強まりました。

饅頭製造機でシェア9割の「レオン自動機(6272)」で 株価10倍を狙え! トップシェア+保守+海外進出で 稼げる食品関連の製造業から10倍株を発掘する方法! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資のプロが注目する

"株価10倍"が狙える「不人気の優良成長株」に注目! ニッチな市場で稼ぐ「ホシザキ」や、主力の事業を 変えた「アイケイ」を例に、10倍株の狙い方を伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株価が10倍になる株は、注目度の低い「不人気の優良成長株」の中にある! 株価の大化けが狙える3つのパターンを紹介!「株価が10倍になる」株を探し当てるのは簡単なことではない。しかし、「ニトリ(9793)」や「ファーストリテイリング(9983)」など、身近にも株価10倍を達成した株はある。つまり、10倍株を探すのは決して夢物語ではないのだ。そこで5月21日発売のダイヤモンド・ザイ7月号では「これから10倍になる株」を大特集! 上場直後の若い株や、まだ脚光を浴びていない優良成長株を公開している。今回はその中から、注目度の低い「不人気の優良成長株」で株価10倍を狙う方法を紹介しよう!

2018年に期待の「3大テーマ株」15銘柄を紹介! 資源価格の高騰や、働き方改革による省人化で 上昇しそうな株、来期の飛躍が期待できる株とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:話題性だけでなく、中長期的な上昇が狙える「3大テーマ」に関連する銘柄の中から、プロが「買い」「強気」と評価する注目の15銘柄をピックアップ!現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号の「買っていい×買ってはいけないをズバリ判定! 人気株500の激辛診断」特集では、日本株で注目度の高い人気500銘柄を、さまざまな視点からプロが厳しく判定し、「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価をつけている。ここでは、今マーケットで注目されている3つのテーマの関連株で、プロが「買い」「強気」と評価したおすすめ銘柄を、5銘柄ずつ(計15銘柄)公開する!

儲かる株が発掘できる「2つのランキング」を紹介! 新興株が中心の「株価の上昇余地が大きい株」と 「理論株価に比べ割安な株」のベスト5を大公開! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:人気の500銘柄を徹底分析してわかった、儲かる株が見つかる「2つのランキング」のベスト5を紹介!ダイヤモンド・ザイ5月号の特集「人気の株500激辛診断」では、人気株500銘柄を「来期の営業利益の伸び率が高い株」「配当利回りが高い株」「初心者必見の少額で買える株」「上昇余地が大きい株」「理論株価に比べて割安な株」という5つの視点で分類し、それぞれランキング形式で掲載している。今回はその中から「上昇余地が大きい株」と「理論株価に比べて割安な株」のランキングをピックアップして、それぞれベスト5を紹介! 銘柄発掘の参考にしてみてほしい。

株価が数十倍になる大化け株は「中小型株」や 「新興株」の中から探せ! 知名度はまだ低くても 業績の急成長が期待できる6銘柄をプロが紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:玉石混交のイメージもある「中小型株」と「新興株」の有望銘柄とは!? 現在発売中のダイヤモンド・ザイ3月号には、大特集「2017年の主役たちが揃い踏み! 最強日本株番付」を掲載。同特集では、日本株を「5万円株」や「10万円株」「中小型株」「大型株」などのジャンルにわけ、2017年の主役株72銘柄を30人のプロが選び、「横綱」「大関」など相撲の番付形式で紹介している。今回は、そこから「中小型株」と「新興株」の番付を抜粋して紹介していこう! 

2017年の日本株に影響を与える「5大ポイント」は? 欧米や新興国の政治・経済に不透明感が続くなかで、 海外投資家が評価を高める日本株の買いどきとは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:これから注目すべき、日本株を揺り動かす「テーマ」とは? 2016年に引き続き、2017年は欧州を中心に政治的イベントが多い。そのたびに株価は大きく上下動する見通しだが、他の先進国に比べ日本株の評価が高まりつつある今、急落こそ安値圏で買える絶好のチャンスだ。現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号には、日本株の総力特集「2017年『株』全予測&儲け方」を掲載。今回はその中から、プロの解説する「なぜ今日本株が注目されているか」「今後の日本株を大きく動かすプラス材料・マイナス材料とは」の記事を抜粋して紹介。この先の日本株を大きく揺れ動かしそうなポイントは5つ挙げられる。ここでは、その具体的な内容を明らかにしていこう!

「トランプノミクス」を背景に日米で株価が上昇! 今は銀行など大型株中心の上昇だが「そーせいG」の 底打ちでマザーズ市場&小型株の株価復活も近い! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国次期大統領のドナルド・トランプ氏の経済政策である、「トランプノミクス(trumpnomics)」を背景に、米国では「株式買い+債券売り」の「トランプ・ラリー」が発生。11月14日のNYダウは、3日連続で過去最高値を更新、NY外国為替市場では一時は108円54銭と6月3日以来ほぼ5カ月ぶりの円安水準を付けました。このような米国株式市場、米国債券市場、外国為替市場の動向を受け、足元の日経平均株価も非常に強い動きを続けています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.