Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: ひふみプラス

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


独立系投資信託の「ひふみ投信」や「セゾン投信」の アクティブ型投信への積立投資で、資産が1.73倍に! 株価下落時にはスポット買いも実行して成績アップ! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「ひふみ投信」や「セゾン投信」など、独立系投資信託のアクティブ型投信に積立投資をして、10年間で資産を1.73倍(投資額1353万円⇒2343万円)に殖やした個人投資家・kumatamさんの勝ちワザを公開! 発売中のダイヤモンド・ザイ7月号の大特集は「株・投信・貯金で実現! 人生で必要な1億円の作り方!」。人生で必要なお金の内訳や、上手にお金を貯めるためのルールを紹介するほか、投資に抵抗感がある人にもわかりやすく、株や投資信託の運用効果を解説している。また、株や投資信託で資産を大幅に増やした個人投資家のワザも紹介しているので、初心者も投資経験者も必見だ! 今回はこの特集から、「ひふみ投信」などアクティブ型の投資信託の積立を実践し、10年間で資産を1.73倍に殖やした個人投資家・kumatamさんの記事を抜粋。kumatamさんが現在積み立てている投資信託の内訳や、投資の方針も公開するので、参考にしてほしい!

tsumiki証券で証券業界に参入する「丸井グループ」 の狙いは? 投資信託を「エポスカード」で購入して ポイントが貯まるなど、ユニークな4つの特徴を解説! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「tsumiki証券」とは、あの「丸井グループ(8252)」立ち上げる新しい証券会社。従来の証券会社とは異なる4つの特徴とは?ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号2本紹介している。今回はその中から「マルイの証券事業」に関する記事をピックアップ! 2018年9月からサービスをスタートさせる「tsumiki証券」は、投資信託の積み立てに特化したユニークな証券会社。ここでは、業界に新風を吹き込むことになりそうな「tsumiki証券」の4つの特徴を抜粋!

AKB48のメンバー4人が株の「アノマリー」を学ぶ! 株式市場の傾向から見えてくる絶好の買いどきとは⁉ ~第24回 買いタイミングをアノマリーでチェック~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する!」「投資商品はNISAで買える株&投資信託!」「数ヵ月分の資金を貯めて一度に投資するのもアリ!」というルールに基づき、運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー。メンバー4人の資産も前月に比べてプラスになっている。今回は、いいタイミングで投資できるように、1年間の株のアノマリーについて4人が学ぶ!(1月21日発売のダイヤモンド・ザイ3月号から転載。最新の記事はダイヤモンド・ザイ4月号に掲載中!)

AKB48メンバーが2018年の投資方針と目標を発表! メンバーが投資する個別株&投信の今後はどうなる? ~第23回 最新決算の結果&2018年の目標を発表~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する!」「投資商品はNISAで買える株&投資信託!」「数ヵ月分の資金を貯めて一度に投資するのもアリ!」というルールに基づき、運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー。日経平均株価は前月比で上昇し、2万2000円台をキープしている。そんな中、保有株の急騰で資産が急増したメンバーも。今回は、保有株の最新決算や、積み立てている投信4本の成績を比較し、2018年の投資の目標を発表する!(12月21日発売のダイヤモンド・ザイ2月号から転載。最新の記事はダイヤモンド・ザイ3月号に掲載中!)

「日本株のアクティブ型投資信託」でプロが注目する 商品を紹介! ひふみ投信、さわかみファンドなど 人気のアクティブファンド15本の上昇率もチェック! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本株全般に投資する「アクティブ型投資信託」で、注目すべき商品とは?重版決定で好評発売中のダイヤモンド・ザイ3月号の特集「日本株型の最強『投信』番付」では、過去5年間の成績で上位になった日本株に投資するアクティブ型の投資信託を「番付」形式で発表している。一口に日本株型のアクティブ型投資信託といっても「中小型株型」と「全般型(大型株から小型株まで全般的に投資するタイプ)」があるが、今回は全般型の番付の一部を抜粋。なかでも注目の投資信託1本と、プロの解説を取り上げてみたい。

AKB48のメンバー4人が株価チャートの見方を学ぶ! 株価の高値・安値のメドをチャートで判断する方法! ~第22回 株価チャートで将来の株価がわかる!?~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する!」「投資商品はNISAで買える株&投資信託!」「数ヵ月分の資金を貯めて一度に投資するのもアリ!」というルールに基づき、運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー。日経平均株価が絶好調で、メンバーの資産も大幅増。運用バトルでは武藤十夢がトップをキープしてきたが、ここへ来てトップ交代の可能性も。とはいえ、右肩上がりの株価上昇はどこまで続くのか? 今回は、日経平均株価や個別株がどこまで上がりそうかをチャートでチェックする!(11月21日発売のダイヤモンド・ザイ1月号から転載。最新の記事はダイヤモンド・ザイ2月号に掲載中!)

AKB48メンバー保有の個別株(スクロールなど)や 投資信託(ひふみプラスなど)が、株高で値上がり! ~第21回 持ってる株や投信の中身をチェック!~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する!」「投資商品はNISAで買える株&投資信託!」「数ヵ月分の資金を貯めて一度に投資するのもアリ!」というルールに基づき、運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー。9月19日に衆議院解散の日程が固まると、日経平均は大きく上昇して2万円を超え、メンバー3人の資産も前月比で大きく増えた(※取材は2017年10月初旬)。今回は、保有する株や投信はどんな点をチェックすべきかを学ぶ!

TOPIXや日経平均株価を上回る成績で、信託報酬を 払う価値がある「日本株型」アクティブ投信はコレ! ひふみプラスなど、人気の投信5本の「激辛診断」も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:信託報酬が安いインデックス投資信託を上回る成績を上げている、信託報酬を支払ってでも投資する価値がある「日本株型」アクティブ投資信託はコレだ!値上がり益狙いの投資スタイルに適した「日本株型」アクティブ投資信託2本を公開! さらに、人気の日本株型投資信託の激辛診断も!発売中のダイヤモンド・ザイ11月号の特集「長期で値上がりを狙う 厳選投信18本を大公開」では、長期間にわたって保有し、大幅な値上がりを期待できる投資信託を18本紹介! また、そんな投資信託を見極めるポイントや、投資信託のタイプ別に見た選び方のコツも取り上げている。厳選した投資信託は「日本株型」「海外株型」「バランス型」の3ジャンルで、それぞれ6本ずつ紹介しているが、今回はその中から「日本株型」の注目すべき投資信託を2本抜粋。また、人気の日本株型投資信託5本の激辛診断も紹介するので、これから日本株型の投資信託を買いたい人だけでなく、すでに保有している人にも参考になるはずだ!

人気の日本株の投資信託の8本の成績をチェック! 2016年1~7月の成績はすべてマイナスとなったが 日経平均株価やTOPIXとの勝ち負けは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:純資産総額が大きい日本株投資信託8本の2016年1~7月の成績を見ると、すべての投資信託の成績はマイナスに沈んでいる。もちろん、日経平均株価やTOPIXも大きく下落しているのも事実。そうなるとこうした人気投資信託は、マイナスだけど日経平均株価やTOPIXに勝ったのかどうかが重要になる。診断の結果に注目せよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.