Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: アクティブ

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


株価が90%以上の高確率で上昇する「法則」を発見! 投資信託の配当再投資で、6月末に株価が上昇しやすい “組み入れ投信が多い&流動性が低い中小型株”を公開 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:6月末の株価の動きには”法則”があった! この法則に基づいて割り出した、6月末に値上がりする可能性が高い注目株を紹介! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ7月号から、「6月末の株価の法則に学べ!」と題した記事をピックアップ! 株価はさまざまな要因で値動きするが、季節性の変動もよく見られる。実は、毎年6月末には中小型株が値上がりしやすい。記事では、その背景について株式アナリストの岡村友哉さんに取材。また、この法則にのっとって、値上がりが期待できる注目株も紹介するので、銘柄選びの参考にしてほしい!

つみたてNISAでおすすめの「バランス型投信」を 紹介! 分散投資が目的のバランス型投信を選ぶなら 国内外の株式と債券に投資する「4指数」で十分! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」でおすすめの「バランス型投資信託」と「アクティブ型投資信託」を紹介!「つみたてNISA」(積立型の少額投資非課税制度)を利用すると、最長20年間にわたって運用益が非課税で資産を形成できます。商品は途中で変更も可能ですが、「積立」という特性上、頻繁に変えることは望ましくありません。となると、最初の商品選びが重要です。では、具体的にはどんな商品を選ぶとよいのでしょうか。今回は、「つみたてNISA」の対象商品になっている「バランス型投資信託」と「アクティブ型投資信託」について見ていきましょう。

【楽天証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が129本と豊富で、 「楽天カード」から積立代金の引き落しもできて便利 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)のおすすめポイントを紹介! 楽天証券のつみたてNISAなら、商品ラインナップが120本以上と豊富! 毎月積立だけでなく、毎日積立もできて、きめ細かく“時間分散投資”が可能なのも魅力。また、積立代金の引き落としは「楽天カード」からも可能で便利! ここでは、楽天証券のつみたてNISAで取り扱っているおすすめ投資信託も紹介しよう!

「日本株のアクティブ型投資信託」でプロが注目する 商品を紹介! ひふみ投信、さわかみファンドなど 人気のアクティブファンド15本の上昇率もチェック! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本株全般に投資する「アクティブ型投資信託」で、注目すべき商品とは?重版決定で好評発売中のダイヤモンド・ザイ3月号の特集「日本株型の最強『投信』番付」では、過去5年間の成績で上位になった日本株に投資するアクティブ型の投資信託を「番付」形式で発表している。一口に日本株型のアクティブ型投資信託といっても「中小型株型」と「全般型(大型株から小型株まで全般的に投資するタイプ)」があるが、今回は全般型の番付の一部を抜粋。なかでも注目の投資信託1本と、プロの解説を取り上げてみたい。

【マネックス証券「つみたてNISA」のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が114本もあり、 初心者も安心の資産設計アドバイスツールが使える! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マネックス証券の「つみたてNISA(積立NISA)」のおすすめポイントを紹介! マネックス証券の「つみたてNISA」なら、商品ラインナップが110本以上と豊富!原則100円から投資信託を購入できるので、投資資金が潤沢ではない人も始めやすい。また、マネックス証券の資産設計アドバイスツール<MONEX VISION β>でも「つみたてNISA」のポートフォリオを管理・分析でき、さらに理想的なポートフォリオを実現するためのおすすめ商品のアドバイスももらえて便利!

2018年も「日本株のアクティブ型投資信託」は儲かる のか? 日本株のアクティブ型投信の現状と、日本株が 高値圏の今から投資する際の注意点をプロが伝授! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:成績が好調な「日本株に投資するアクティブ型投資信託」の現状分析と、2018年に投資する際の注意点をプロが解説!重版決定で好評発売中のダイヤモンド・ザイ3月号の特集「日本株型の最強『投信』番付」では、過去5年間の成績で上位になった日本株に投資するアクティブ型の投資信託を「番付」形式で発表している。今回はその中から、日本株のアクティブ型の投資信託全般の現状分析と、投資する上での注意点などについて、プロの解説を抜粋する。

つみたてNISAで、アクティブ型投信を選ぶメリット& 注意点を解説!インデックス型より対象は少ないが、 好成績のアクティブ型なら資産が増大する可能性も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」では、資産の増加ペースがアップする、好成績のアクティブ型投資信託にも注目!発売中のダイヤモンド・ザイ3月号の特集「つみたてNISAは好成績のアクティブ型投資信託で始めなさい!」では、「つみたてNISA」対象のアクティブ型の全15本の運用の中身や実力を徹底分析している。今回はその中から、アクティブ型投資信託に注目すべき理由と注意点について抜粋して紹介しよう!

【SBI証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託の取扱数が126本と 金融機関で最も充実しているのがSBI証券の魅力! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券のつみたてNISA(積立NISA)のおすすめポイントを紹介! SBI証券のつみたてNISAなら、商品ラインナップが金融機関のなかで最多、魅力ある商品が豊富! そのほか、毎月積立だけでなく、毎週積立や毎日積立もできて、きめ細かく“時間分散投資”が可能なのも魅力。ここでは、SBI証券のつみたてNISAで取り扱っている投資信託を一覧で紹介しよう!

つみたてNISA(積立NISA)のアクティブ型投信を 騰落率ランキングですべて紹介! 信託報酬の安さや 取り扱いのある金融機関に注目して商品を選ぼう! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:つみたてNISA(積立NISA:積立型の少額投資非課税制度)」で取り扱われるアクティブ型投資信託15本を紹介!「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみ。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「株式型(国内・世界・米国・欧州)」と「バランス型」の投資信託にわけ、すべての商品を「過去5年の騰落率の大きい順」にランキングして紹介! それぞれの商品の信託報酬や運用内容、取り扱いのある金融機関をチェックして、購入する商品を厳選使用!

2018年に投資信託で勝つための5つのワザを紹介! 毎月分配型ではなく、低コストのインデックス投信や 為替ヘッジ型の海外債券投信で着実に資産を増やそう - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年に投資信託で着実に資産を増やすための「5つのワザ」を紹介!発売中のダイヤモンド・ザイ2月号の特集「2018年『株』全予測」では、今後の日本株の動きをプロ100人が大予測! 為替や注目業種、投資信託についても徹底分析し、2018年に「買い」の株&投資信託を大公開している。今回はその中から「2018年に投資信託で勝つための5つのワザ」を、抜粋して紹介しよう!

つみたてNISA(積立NISA)対象商品を一覧で紹介! インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託、 ETFの取り扱い金融機関や信託報酬、騰落率に注目! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」で取り扱われる対象商品135本を一覧で紹介!(2017年12月18日時点)「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみになる。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「つみたてNISA」の対象商品を、過去の騰落率や商品の特徴も交えながら、一覧で紹介していこう!

過去1年で純資産が急増した投資信託3本を激辛診断! 毎月分配型ファンドへの逆風を背景に、今注目される テーマ株型やハイ・イールド型ファンドの真価とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:この1年間で「純資産が急増した投資信託」の真価はいかに⁉ 最近の人気投資信託ベスト3を、ファイナンシャルリサーチ代表の深野康彦さんがズバッと分析!発売中のダイヤモンド・ザイ1月号では、特集「注目投信15本の激辛診断付き!投信選び 10の落とし穴」を掲載。前半では「投資信託選びで陥りがちな落とし穴&正しい対処法」を、後半では「注目投信の激辛診断」を紹介している。誌面では、この1年間で純資産が急増した投資信託15本を、資産増加度が高い順にランキングで紹介し、激辛診断を実施している。ここでは、資産増加度が高かったトップ3の投資信託の診断結果を抜粋してみよう。

つみたてNISAで買えるのは、どんな投資信託なのか? 第1弾で公表された「インデックス型投信」90本と 「アクティブ型投信」13本の特徴や騰落率をチェック - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年1月からスタートする「つみたてNISA」対象の投資信託をチェック!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを2本紹介している。今回はそのうちの一つ「つみたてNISA」の記事を抜粋。今後も「つみたてNISA」の対象となる投資信託の本数は増えていくが、第1弾としての対象投信が公表されている。インデックス型が19本、アクティブ型は13本が揃ったが、気になる中身とは?

「インデックスファンド」の意味や特徴から、 代表的な銘柄まで、初心者にもわかりやすく解説! 低コストで簡単に分散投資できるのがメリット! - 投資信託おすすめ比較[2017]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:インデックスファンドとは、特定の指標(インデックス)と同じ値動きするよう運用される投資信託のこと。「インデックス型投資信託」や「パッシブファンド」と呼ばれることもある。また、インデックスファンド以外の投資信託は、「アクティブファンド」と呼ばれる。インデックスファンドの指標には、日経平均株価やNYダウといった「株式指数」や、NOMURA-BPI 総合のような「債券指数」などが使われる。こうした基準となる指標は、その投資信託の「ベンチマーク」と呼ばれる。

AKB48の3人がアクティブ型の投資信託を購入! ~第17回 アクティブ型投資信託の積み立てを開始 &身近なところから有望な個別株を探してみる!~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する」「投資商品はNISAで買える株&投資信託!」「数ヵ月分の資金を貯めて一度に投資するのもアリ!」というルールに基づき、運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー3人。日本株の値動きは堅調で、日経平均株価は2万円台に突入(取材は2017年6月時点)。そんななか、インデックス型の投資信託のみで運用していた3人のうち、2人が今回から日本株のアクティブ型投資信託の積立を開始!さらに個別株での運用も検討し始め、これまであまり順位が変動しなかった運用バトルに、変化の兆しが出てきた……⁉

AKB48の3人がアクティブ型投資信託の勉強を開始! ~第16回 日経平均株価より成績優秀なアクティブ型 投資信託の特徴と、銘柄を選ぶ際の注意点とは?~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する」「投資商品はNISAで買える株&投資信託など!」「資金を数カ月貯めてから買うのもアリ!」というルールに基づき、投資信託の運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー3人。北朝鮮危機やフランス大統領選への懸念から、4月に入り日経平均は調整していたが、政治リスクの後退で、株価は戻り基調に(※取材は2017年5月時点)。中村麻里子の卒業で3人になったメンバーは、「アクティブ型投信」への投資で成績アップを狙う!

「アクティブファンドはインデックスに勝てない」 という資産運用業界にとって不都合な事実。 個人投資家はインデックスファンドのみでOK! - 勝ち組トレーダーによる投資コラム集

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第一回目に取り上げるのは、「アクティブファンドの大多数がインデックスに勝てない」という資産運用業界にとって不都合な事実です。「アメリカ大型株に投資するアメリカ国内のアクティブファンド」と、アメリカの大型株の代表的なインデックスである「S&P500」を比較した結果が、下の表です。表を見ると、2016年末までの5年間、10年間、15年間のどの期間でもアクティブファンドの9割前後がS&P500に負けています。これは日本株でも新興国株でも同じです。

優秀なアクティブ投資家が、人々にインデックス投資を勧める理由

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:資産運用で実績を持つ優秀なアクティブ投資家ほど、他の投資家へはインデックス投資を推薦する傾向があります。例えばバフェットはS&P500を勧めています。この理由には、利他的・利己的の2種類があります。

多くのアクティブ投資家が市場平均に負ける理由

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:多くの市場参加者は、市場平均に負けると言われています。 アクティブ投資家の大多数が市場平均に負け、その負け分が少数の大勝ち投資家の利益になります。シミュレーションの結果を参考に、その仕組みを説明します。 シミュレーション 四半期での平均リターンが2%、リスク20%で資産運用を行う10,000人の投資家

「アクティブ型投資信託」のおすすめ5銘柄を紹介! 「日本株全般」「グローバル株」「新興国株」などの 5タイプで、過去の成績が安定している優良銘柄は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今注目の「アクティブファンド」をチェック! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号は、大特集「2017年『株』全予測&儲け方」を掲載。その中では株だけでなく、さまざまな投資信託についても取り上げている。そこで今回は、アクティブ型投資信託の記事を抜粋。よくアクティブファンドは玉石混交といわれるが、ここでは長期にわたって上位の成績を占める商品をピックアップ。リターンの高いアクティブファンドに興味がある人は必見だ!

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.