Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: アトラシアン

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


ウーバー、リフト、ピンタレストなど、注目の小型 成長株の決算内容を総まとめ! 決算で注目すべき 3つのポイントと「買うべき銘柄」をズバリ解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国株式市場で注目すべき小型成長株の決算発表を、米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説し、「買い」か「売り」をズバリ判別! 今回取り上げるのは、ドキュサイン(DOCU)、ドーモ(DOMO)、ジュミア・テクノロジーズ(JMIA)、リフト(LYFT)、モンゴDB(MDB)、オクタ(OKTA)、ピンタレスト(PINS)、プルーラルサイト(PS)、シルクロード(SILK)、アトラシアン(TEAM) 、トレードデスク(TTD)、トゥイリオ(TWLO)、ウーバー(UBER)、ズーム(ZM )、ズィースケーラー(ZS)の15銘柄。

ウーバーなどのIPO(新規上場)により注目が集まる 10銘柄を解説! ドキュサインやロク、アトラシアン などの中から、未来のテンバガー(10倍株)を探せ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、アメリカ株式市場を分析。今年はリフト(ティッカーシンボル:LYFT)、ウーバー(Uber)など、注目企業が続々と株式公開(IPO)します。その関係で近年IPOした銘柄に注目が集まっています。今回は、ドキュサイン(ティッカーシンボル:DOCU)、ドーモ(ティッカーシンボル:DOMO)、モンゴ・ディービー(ティッカーシンボル:MDB)、オクタ(ティッカーシンボル:OKTA)、プルーラルサイト(ティッカーシンボル:PS)、ロク(ティカーシンボル:ROKU)、トレードデスク(ティッカーシンボル:TDSK)、アトラシアン(ティッカーシンボル:TEAM)、トゥイリオ(ティッカーシンボル:TWLO)、ゼット・スケーラー(ティッカーシンボル:ZS)の10銘柄を紹介。

米国で山場を迎える決算発表シーズンの要注目銘柄を チェック! アップルやフェイスブック、アマゾン、 テスラ、ゼネラル・エレクトリックなどが要注目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが米国株式市場を解説! 今週、2018年第4四半期決算発表シーズンは、最大の山場を迎えます。その理由は、アップル(ティッカーシンボル:AAPL)、フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)、マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)、テスラ(TSLA)、ゼネラル・エレクトリック(ティッカーシンボル:GE)、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)といった重要な企業が続々と決算発表するからです。このうちアップルは、既に1月2日に利益警告しています。「アップル・ショック」と呼ばれるこの悪いニュースで、その翌日、アップル株が-10%下げたのみならず、アップルに部品を提供している半導体株などが軒並み売られました。

米国株の決算発表シーズンは、滑り出しから不調で 市場のEPS予想も下落! そんな中、好決算を続ける テンバガー(10倍株)候補のアトラシアンに注目! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、米国株式市場をするどく分析! 米国では、先週から2018年第4四半期の決算発表シーズンが始まっています。これまでにS&P500採用銘柄のうち、11%の銘柄が決算発表を終えました。決算発表した企業のうち、76%がEPSで予想を上回りました。過去5年の平均は71%です。EPSのポジティブ・サプライズ幅は+3.2%でした。過去5年の平均は+4.8%です。冴えないガイダンスを反映して、今年のS&P500指数の一株当たり利益(EPS)のコンセンサス予想は、下のチャートに見るようにだんだん下がっています。このようにコンセンサス予想が下がる局面では、普通株式投資は難しいです。

いよいよ米国株の「決算発表シーズン」がスタート! NY市場は「二番底」を模索する展開になるものの、 市中金利が低下したことで「底抜け」は回避できる!? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アメリカ在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが、最新の米国株式市場の状況を解説! 米国では、今週から2018年第4四半期の決算発表シーズンが始まります。木曜日に決算発表をするアトラシアン(ティッカーシンボル:TEAM)は、ソフトウェア・エンジニアたちが好んで使うコラボ・アプリの会社ですが、これまでずっと良い決算を出し続けてきました。今回もそれが続くかどうかに注目したいと思います。さて、過去1年を振り返ると、S&P500のコンセンサスEPSはずっと上昇してきたのですが、ここへきて逆にコンセンサスは下がり始めています。

フェイスブック、ツイッターなどの人気ネット株が 相次いで急落! 決算の悪かった株はすぐに処分して アトラシアンなどの好決算銘柄に乗り換えよう! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:第2四半期決算発表シーズン真っ直中の米国株市場を広瀬隆雄氏がズバリ解説! 先週の米国市場では、ネット株が散々なパフォーマンスを示しました。悪い決算のニュースが重なったためです。ネット株の比重の高いナスダック総合指数は、週間ベースで-1.1%でした。その一方で他の指数は値を保ちました。S&P500指数は+0.6%、ダウ工業株価平均指数(NYダウ)は+1.6%でした。中でも投資家を驚かせたのがフェイスブック(ティッカーシンボル:FB)の第2四半期決算です。一方、ツイッター(ティッカーシンボル:TWTR)も先週決算を発表しており、こちらも大荒れとなりました。フェイスブックやツイッターほど話題にならなかったのですが、先週発表されたアマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)の決算もスッキリしない内容でした。

米国株の2018年上半期を振り返り、今後の投資戦略を 再点検! ズィー・スケーラー、ズオラ、オクタなど 押し目買いチャンスの「直近IPO株」5銘柄も紹介! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今年も先週で上半期が終わり折り返し地点を迎えました。そこで今回は、全体的な投資戦略を再点検したいと思います。今年はナスダックと小型株が好調でした。その反面、消費安定や公共株に代表されるディフェンシブなセクターは、大きく売られました。ディフェンシブとは「防衛的」という意味で、不況の際に業績が悪化しにくいセクターをさします。下は、「景気や金利がどういう局面のときに、どのセクターが買われやすいか?」を説明した概念図です。すると、今は景気が強く、アメリカの中央銀行である連邦準備制度理事会(FRB)は利上げを繰り返しているわけですから、左上のオレンジのゾーンとなり、ハイテク株、消費循環株、工業株、素材株、エネルギー株などが「旬」になることがわかると思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.