Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: アベノミクス

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


日経平均株価は、25日移動平均線を割り込まない限り 「弱気相場」入りしない! 値動き&需給&チャート の良好な銘柄に入れ替えて、師走相場を乗り切ろう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場をズバリ解説! 日経平均株価は「ネックライン(22583.43円)±500円程度の『もみあい』で、25日移動平均線(3日現在21937.10円)を割り込まない限り、『弱気相場』入りしない。」になりそうです。日経平均株価は、「米国長期金利の低下」「米中貿易戦争の一時休戦」、そして「原油安の一服」が要因で上振れ余地が出ているように感じますが、現時点において足元の上昇は、中期下落相場の中での短期的な「あや戻し(下落基調の相場で、一時的に少し値を上げること)」と認識しています。

日経平均株価は、26週移動平均線を上値抵抗線とする 「もみあい」の相場に! 当面は順張り戦略を控え、 強い銘柄の「押し目買い」「噴き値売り」で稼ごう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、今の日本株市場をズバリ解説! 日経平均株価は、10月26日の2万0971.93円が1番底、11月8日の2万2583.43円がネックライン、そして、11月21日の2万1243.38円が2番底になりそうです。現時点においては、2万1000円台前半では、「クジラ」と呼ばれる約160兆円の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の買いが見込めるため、その水準では底堅さが発揮されています。ですが、26週移動平均線を今後、安定的に上回ることは、余程の環境改善がないと厳しいとの見方は不変です。つまり、中長期スタンスで腰を据えて日本株を買う気にはなれない状況と認識しています。

自民党総裁選で安倍首相3選となり、日本株にとって 追い風が吹く状況に! 日経平均がボックス相場を 上放れした今、積極的に相場に参加していこう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵の藤井英敏さんが、今の日本市場を分析! ニューヨークで開かれる日米の閣僚級の貿易協議(FFR)が、当初予定されていた9月24日夕方(米現地時間)から25日朝に延期になりました。報道によれば、米側が求める自動車の追加関税の凍結確約を前提に、日本側は2国間の関税協議入りを視野に入れているそうです。一方、国内では、大方の予想通り、9月20日投開票の自民党の総裁選で、安倍晋三首相が3選を果たしました。任期は2021年9月までの3年間です。このため、「アベノミクス」が最長3年続くことが確定しました。様々な好材料を受け、日経平均株価はこれまでの概ね2万2000円~2万3000円のボックス相場を上放れし、2万4000円付近まで短期間で急騰しました。

「第4次安倍内閣相場」の上昇第1幕は、11月9日の 高値でいったん終了! だが短期的な調整局面なので 日経平均はいったん底入れしたあと、再び上昇へ!? - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:11月9日の日経平均株価は、一時2万3382.15円を付けた後、2万2522.83円まで一気に急落、そして急激に戻すなど、乱高下しました。日中値幅は859.32円です。この乱高下は、リスクパリティ・ファンドからの先物・現物売りが加速した結果とみられています。リスクパリティとは、ポートフォリオに占める債券、株式などの各資産のリスクの割合をおおむね均等に配分させることにより、資産全体のリスクを低減させようとする運用手法のことです。11月9日の日経平均VIの始値は17.65、高値は24.22、終値は21.25で、取引時間中に「20」を大きく超えました。これが、リスクパリティ・ファンドが売りを出す要因となりました

安倍首相の続投で住宅ローン金利はどうなる? 2018年の長期固定金利は低金利が続く!? - 住宅ローンの選び方[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:こんにちは、ブロガーの千日太郎です。衆院選は安倍首相の勝利続投となりましたね。そこで今回の選挙の結果を踏まえ、2017年後半から2018年にかけて住宅ローンの実行を控えている人の参考になる情報を発信していきたいと思います。特に長期固定金利の動向を占ってみたいと思います。

日経平均が、ついにバブル崩壊後の最高値を更新! 上昇相場が大きく崩れる「調整リスク」も低いので、 素直に機関投資家が買うような「大型株」を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:足元の株式市場は、日米共に相変わらず強い動きを継続しています。米国では、11月6日にNYダウ、ナスダック総合株価指数、S&P500種株価指数の主要3指数が揃って過去最高値を更新しました。また、7日前場の日経平均株価は、一時2万2775.68円まで上昇。連日で年初来高値を更新し、バブル崩壊後の最高値である96年6月26日の終値の2万2666.80円を上回りました。良好なマクロ環境、主力企業の好業績、そして、財政・金融政策への信頼を背景に、日米共に株式市場への資金流入が継続しているのでしょう。

日銀のETF買い入れ拡大は、 株式相場をゆがめる悪影響しかない! - 闇株新聞[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日銀が、ETFの年間買い入れ額を6兆円に拡大することを決定。中央銀行が直接、資産を買い入れて介入するという荒業は、株式市場にどのような影響を与えるのか? 闇株新聞が解説します。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.