投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(5/13~17)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1000~2万1600円! 米中貿易協議の行方や、 「そーせいグループ」など“バイオ株”の決算に注目! - 今週のマーケット解説&来週の注目銘柄

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(5/13〜17)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週の日本市場は令和相場のスタートでしたが、ゴールデンウィーク10連休中の外部環境の影響などから、不安定な相場展開になりました。トランプ大統領がツイッターで「中国からの輸入品2000億ドル相当への関税引き上げを10日から実施する」と表明し、週明けの海外市場は波乱の展開でした。「いつものトランプ大統領の手口」といった楽観的な見方もありましたが、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が「関税引き上げを10日に実施する」と明らかにしたことや、中国側が「米国が関税を引き上げた場合、必要な対抗処置を取る」と表明するなど、米中関係悪化への懸念が強まりました。

アフリカ大陸でeコマースを展開する「ジュミア・ テクノロジーズ」がNYにIPO! 「アフリカ大陸の アリババ」と呼ばれるIT企業の新規上場に注目せよ! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住の人気アナリスト・広瀬隆雄さんが、米国株式市場の最新トピックを解説! アフリカ大陸でeコマースならびにマイクロペイメント(少額決済)・サービスを展開しているジュミア・テクノロジーズ(ティッカーシンボル:JIMA)が、近々、ニューヨーク証券取引所にIPO(新規上場)します。値決め日は流動的ですが、おそらく今週中かと思われます。ジュミア・テクノロジーズのビジネス・モデルは、中国のアリババにそっくりです。アリババがやっているように、eコマースのマーケットプレースを運営していますし、独自のロジスティックス網を構築しています。アリババのアリペイに相当する「ジュミア・ペイ」という決済システムも展開しています。

「中国株」は株価が低迷している今こそ"買い時"か!? アリババやテンセントの登場で、米国に次ぐIT大国に 変貌を遂げている中国経済の今を、アナリストが解説 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「アリババ」と「テンセント」といった中国の企業が、いまや世界の時価総額ランキングでトップ10に入るほどの急成長を遂げている。しかし、米国との貿易摩擦問題などもあって、中国の株式市場は低迷中だ。はたして今、中国株は“買い”なのか!?  発売中のダイヤモンド・ザイ10月号では、特集「今こそ中国株が狙い目だ!」を掲載。中国株に精通するプロに、中国株市場の現状分析や今後の展望、注目の大型株の分析、狙い目の銘柄などを聞いている。今回は、特集冒頭の「中国株の現状分析」を抜粋。「相場が下がっているうちに投資してみたい」と考えている人は、ぜひ参考にしてみてほしい!

アリババ、バイドゥは「CDR(中国預託証券)」の 解禁が大きな買い材料に! 中国でも米国株が売買 できるCDRの仕組みから株価への影響まで徹底解説! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先日、中国政府が中国預託証券(CDR: Chinese Depository Receipt)の試験プログラムの草案を発表しました。CDRが解禁されれば現在アメリカに上場されているアリババやバイド、さらに香港に上場されているテンセントが上海にも上場される道がひらかれます。このところアリババが売られている一因は、米中貿易戦争です。下げのもう一つの理由は、先日、テンセントの大株主が持ち株の一部を処分し、テンセントが珍しい急落を演じたのですが、それにアリババも「連れ安」したのです。これらはいずれも一過性の悪材料だと思います。それに比べればCDR解禁は大きな材料なので、今は積極的に買い向かうべきだと思います。今回はそんなCDRを解説します。

IT先進国・中国で進む恐怖の情報管理社会の近未来 [橘玲の世界投資見聞録] - 橘玲の世界投資見聞録

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:テクノロジーの急速な進歩によって、私たちのプライバシーはどうなるのだろうか? そんな未来を占うのが「IT先進国」となった中国の現状だ。「革命」の中心はアリババ(阿里巴巴)の「アリペイ(支付宝)」とテンセント(騰訊)の「ウィーチャットペイ(微信支付)」で、いずれもスマホを使った決済システムだ。中国経済では国家的企業による寡占化が進んでおり、決済市場もこの2社だけで90%以上のシェアを占めている。

中国の「アリババ・グループ」の決算発表を解説! 世界の株式市場でも存在感を増す中国最大級の ネット企業が、今もっとも注力する成長分野とは? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今年は、新興国株式市場が先進国株式市場をアウトパフォームしています。その中でも、ひときわ存在感を増しているのが中国のネット企業です。そこで今日は、中国のネット企業の中でも最大級のアリババ・グループに焦点を当てたいと思います。アリババ・グループ(ティッカーシンボル:BABA)は、ネット上で物品を売りたい人と買いたい人を引き合わせるマーケットプレース「タオバオ」、世界のブランド企業がオンライン・ストアを開店するためのフラットフォーム「Tモール」、オンライン卸売りの「1688.com」に加え、物流ソリューションやクラウド・コンピューティングなどのサービスも展開しています。

中国のアリババが突出した好決算を発表! モバイルへの移行が完了しIPO後の低迷期を脱出、 飛躍期に入ったアリババ株の今後の投資戦略は? - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:アリババ株が好決算を発表!IPO後の低迷期を脱したアリババの今後の株価と投資戦略とは? 米国ではS&P500の採用銘柄の91%の企業が決算発表を終えたがアリババはその中でも際立つ素晴らしい第1四半期決算を発表した。取扱高(GMV)成長率の鈍化に歯止めがかかり、モバイル課金比率の向上など、飛躍期に入ったと思われる決算内容を紹介。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.