Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: アンジェス

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


株主優待を実施する全1495銘柄の「優待+配当利回り ランキング」ベスト5を発表! 1位は利回り600%超で メガネ割引券がもらえる「ビジョナリーHD」と判明! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「株主優待+配当」の合計利回りが高い銘柄を、ランキング上位5位まで発表! 編集部おすすめの”利回りが高い株ベスト5”も同時に公開! 発売中のダイヤモンド・ザイ6月号の別冊付録「全銘柄版 株主優待完全カタログ」では、株主優待を実施している全1495銘柄(2019年4月5日時点)の情報を公開! 全銘柄の中で「優待+配当」の合計利回りが高い株のランキングや、少額で買える株主優待株のランキングも公開している。今回はその中から、全銘柄のうち「優待+配当」の合計利回りが高い株ランキング上位5位と、ランキングからは漏れたものの、比較的合計利回りが高く、ダイヤモンド・ザイ編集部イチオシの銘柄ベスト5を抜粋。株主優待株選びの参考にしてみてほしい!

日経平均株価が堅調に推移する中、アンジェスの急騰 と識学のIPOにより、小型材料株にも復活の兆しが! 「バイオ」「人材革命」などのテーマ株が狙い目! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、日本市場を鋭く分析! 新興市場を中心に、これまで主力の大型株に対して出遅れていた小型材料株に短期資金が回帰する可能性が出てきたとみています。その主因は、アンジェス(4563)急騰によるリスクオンムードの高まりと、識学(7049)を皮切りにしたIPOの再開です。まず、アンジェスは、重症虚血肢を対象としたHGF遺伝子治療薬の開発を進めていましたが、2月20日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会 再生医療等製品・生物由来技術部会にて審議され、条件及び期限付製造販売承認が了承されました。今後、正式に承認を得られれば、国内初の遺伝子治療用製品となります。

「株主優待+配当」利回りが高い株主優待株ベスト5! 利回り47.93%で1位の「バイク王&カンパニー」は 2万円台で投資できて、1万円分の優待券がもらえる! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「株主優待+配当」利回りが高い株主優待株、上位5銘柄を紹介!1月20日発売のダイヤモンド・ザイ3月号の別冊付録は「株主優待株&高配当株 2018年カレンダー」! 1~12月の各月に権利確定する株主優待株&高配当株を、281銘柄も掲載している。今回はその中から、「株主優待+配当」利回りの高い株主優待株ベスト5をピックアップ!

日経平均株価が冴えない一方、一部の低位株が急騰! 株価が「155.4倍」まで急上昇したピクセラなど、 短期資金が流入している「低位材料株」を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:前週末の6月9日、米国株式市場で、フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、旧グーグル(現アルファベット)といった、いわゆる「FANG(各社の頭文字をつないだ合成語)」に加え、マイクロソフト、アップル、エヌビディア、テスラの「MANT」などのIT関連株が急落しました。この結果、9日のナスダック総合株価指数は、3日ぶりに急反落し、前日比113.846ポイント(1.8%)安の6207.918ポイントで取引を終えました。そして、週明け6月12日のナスダック総合株価指数は続落し、前週末比32.453ポイント(0.5%)安の6175.465ポイントと、5月24日以来ほぼ2週間ぶりの安値で取引を終えています。

急騰した株式市場で、あえて急落した銘柄に注目! 2016年に下落率が大きかった銘柄を分析して見えた、 2017年に大化けする株・低迷が続く株の見極め方は? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2016年下がった株の中で、奇跡の大復活を遂げそうな銘柄とは? 株式市場には、当然ながら上がる株もあれば下がる株もある。現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号の総力特集「2017年『株』全予測&正しい儲け方」では、あえて過去に値下がりした株を分析することで、その中から大復活を遂げそうなものを発掘する記事を掲載。2016年は個別要因で下がった株を除くと、「医療」「金融」「食品」「サービス」といった内需関連株の下げが目立った。気になるのは、その中でどのセクターの銘柄が復活するかだ。一方で、下落が続きそうな銘柄も気になるところ。ここでは、具体的な銘柄名も含めて紹介する!


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.