Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: インデックス型

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


インデックス型の投信を預金感覚で買うだけで、資産 1.74倍に! 日経平均株価の値動きすら気にしない、 インデックス投資ブロガーの“ズボラ投資術”を紹介! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:インデックス型の投資信託を地道に買い増し続け、12年間で資産を74%増やした個人投資家・つらおさんの勝ちワザを公開! 発売中のダイヤモンド・ザイ7月号の大特集は「株・投信・貯金で実現! 人生で必要な1億円の作り方!」。人生で必要なお金の内訳や、上手にお金を貯めるためのルールを紹介するほか、投資に抵抗感がある人にもわかりやすく、株や投資信託の運用効果を解説している。また、株や投資信託で資産を大幅に増やした個人投資家のワザも紹介しているので、初心者も投資経験者も必見だ! 今回はこの特集から、地道にインデックス型の投資信託を買い増し続け、順調に資産を殖やしている個人投資家・つらおさんの記事を抜粋。人気ブログ『吊られた男の投資ブログ』を運営するつらおさんの保有する投資信託や、投資の方針も公開するので、投資信託で資産形成を目指す人は要チェック!

信託報酬が安い「インデックス投資信託ベスト10」を 日本株型・先進国型・新興国型の種類別に一挙公開! インデックス型投信選びでは“コスト”を重視しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「インデックス型の投資信託」に関する、初心者が陥りがちな「間違った常識」とは⁉ 発売中のダイヤモンド・ザイ2019年1月号には、特集「いまさら聞けない 間違いだらけの投信の常識15」を掲載! 投資信託というと、比較的初心者にも始めやすいイメージかもしれないが、実は基本的なポイントがわかっていない人も。そこで、この特集では投資信託の売買をする上で陥りがちな間違いや、正しい対処法を15例挙げている。今回は、その中から「インデックス型の投資信託の間違った常識」を抜粋! 投資信託の初心者はもちろん、経験者も復習の意味を込めてチェックしてみてほしい。

「つみたてNISA」を活用できるかどうかで、将来の 「資産格差」が広がる! 緩やかな物価上昇に対する 自衛策として「つみたてNISA」で資産拡大を目指せ! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の利用者は実際にいくら積み立て、何を買っているのか分析! さらに、制度恒久化の可能性など「つみたてNISA」の今後の見通し、そして「つみたてNISA」の活用をはじめとする金融リテラシーの違いによって資産形成の「世代内格差」が広がり始めていることを解説します。

つみたてNISAでおすすめの「インデックス型投信」を 紹介!TOPIXや日経平均株価などの「指数の違い」や 「コスト」に着目した商品の選び方をやさしく解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」(積立型の少額投資非課税制度)を利用すると、最長20年間にわたって運用益が非課税で資産を形成できます。商品は途中で変更も可能ですが、「積立」という特性上、頻繁に変えることは望ましくありません。となると、最初の商品選びが重要です。では、具体的にはどんな商品を選ぶとよいのでしょうか。今回は、「つみたてNISA」で扱っている商品の大半を占める「インデックス型投資信託」について見ていきましょう。

【楽天証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が129本と豊富で、 「楽天カード」から積立代金の引き落しもできて便利 - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:楽天証券のつみたてNISA(積立NISA)のおすすめポイントを紹介! 楽天証券のつみたてNISAなら、商品ラインナップが120本以上と豊富! 毎月積立だけでなく、毎日積立もできて、きめ細かく“時間分散投資”が可能なのも魅力。また、積立代金の引き落としは「楽天カード」からも可能で便利! ここでは、楽天証券のつみたてNISAで取り扱っているおすすめ投資信託も紹介しよう!

【マネックス証券「つみたてNISA」のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託が114本もあり、 初心者も安心の資産設計アドバイスツールが使える! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:マネックス証券の「つみたてNISA(積立NISA)」のおすすめポイントを紹介! マネックス証券の「つみたてNISA」なら、商品ラインナップが110本以上と豊富!原則100円から投資信託を購入できるので、投資資金が潤沢ではない人も始めやすい。また、マネックス証券の資産設計アドバイスツール<MONEX VISION β>でも「つみたてNISA」のポートフォリオを管理・分析でき、さらに理想的なポートフォリオを実現するためのおすすめ商品のアドバイスももらえて便利!

【SBI証券「つみたてNISA」口座のメリットは?】 「つみたてNISA」対象の投資信託の取扱数が126本と 金融機関で最も充実しているのがSBI証券の魅力! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:SBI証券のつみたてNISA(積立NISA)のおすすめポイントを紹介! SBI証券のつみたてNISAなら、商品ラインナップが金融機関のなかで最多、魅力ある商品が豊富! そのほか、毎月積立だけでなく、毎週積立や毎日積立もできて、きめ細かく“時間分散投資”が可能なのも魅力。ここでは、SBI証券のつみたてNISAで取り扱っている投資信託を一覧で紹介しよう!

つみたてNISA(積立NISA)のインデックス型投信の 中で、信託報酬の安い商品を厳選して紹介! 騰落率や 取り扱いのある金融機関にも注目して商品を選ぼう! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA:積立型の少額投資非課税制度)」で取り扱われるインデックス型投資信託117本を一覧で紹介!(2017年12月18
日時点)「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみになる。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「つみたてNISA」の対象商品となっている「インデックス型投資信託」117本を取り扱う金融機関や過去の騰落率を一覧で紹介していこう!

つみたてNISA(積立NISA)対象商品を一覧で紹介! インデックス型投資信託とアクティブ型投資信託、 ETFの取り扱い金融機関や信託報酬、騰落率に注目! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA(積立NISA)」で取り扱われる対象商品135本を一覧で紹介!(2017年12月18日時点)「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たした「投資信託」と「ETF」のみになる。2017年12月18日時点では、「インデックス型投資信託」が117本、「アクティブ型投資信託」15本、「ETF(上場株式投資信託)」3本がその対象商品に選ばれている。ここでは、「つみたてNISA」の対象商品を、過去の騰落率や商品の特徴も交えながら、一覧で紹介していこう!

つみたてNISAで買えるのは、どんな投資信託なのか? 第1弾で公表された「インデックス型投信」90本と 「アクティブ型投信」13本の特徴や騰落率をチェック - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年1月からスタートする「つみたてNISA」対象の投資信託をチェック!発売中のダイヤモンド・ザイ12月号では、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを2本紹介している。今回はそのうちの一つ「つみたてNISA」の記事を抜粋。今後も「つみたてNISA」の対象となる投資信託の本数は増えていくが、第1弾としての対象投信が公表されている。インデックス型が19本、アクティブ型は13本が揃ったが、気になる中身とは?

「インデックスファンド」の意味や特徴から、 代表的な銘柄まで、初心者にもわかりやすく解説! 低コストで簡単に分散投資できるのがメリット! - 投資信託おすすめ比較[2017]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:インデックスファンドとは、特定の指標(インデックス)と同じ値動きするよう運用される投資信託のこと。「インデックス型投資信託」や「パッシブファンド」と呼ばれることもある。また、インデックスファンド以外の投資信託は、「アクティブファンド」と呼ばれる。インデックスファンドの指標には、日経平均株価やNYダウといった「株式指数」や、NOMURA-BPI 総合のような「債券指数」などが使われる。こうした基準となる指標は、その投資信託の「ベンチマーク」と呼ばれる。

AKB48の3人がアクティブ型の投資信託を購入! ~第17回 アクティブ型投資信託の積み立てを開始 &身近なところから有望な個別株を探してみる!~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する」「投資商品はNISAで買える株&投資信託!」「数ヵ月分の資金を貯めて一度に投資するのもアリ!」というルールに基づき、運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー3人。日本株の値動きは堅調で、日経平均株価は2万円台に突入(取材は2017年6月時点)。そんななか、インデックス型の投資信託のみで運用していた3人のうち、2人が今回から日本株のアクティブ型投資信託の積立を開始!さらに個別株での運用も検討し始め、これまであまり順位が変動しなかった運用バトルに、変化の兆しが出てきた……⁉

AKB48の3人がアクティブ型投資信託の勉強を開始! ~第16回 日経平均株価より成績優秀なアクティブ型 投資信託の特徴と、銘柄を選ぶ際の注意点とは?~ - NISA口座の比較&活用術

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:NISA(少額投資非課税制度)の口座で、「毎月1万円ずつ投資資金を追加する」「投資商品はNISAで買える株&投資信託など!」「資金を数カ月貯めてから買うのもアリ!」というルールに基づき、投資信託の運用バトルに挑戦しているAKB48メンバー3人。北朝鮮危機やフランス大統領選への懸念から、4月に入り日経平均は調整していたが、政治リスクの後退で、株価は戻り基調に(※取材は2017年5月時点)。中村麻里子の卒業で3人になったメンバーは、「アクティブ型投信」への投資で成績アップを狙う!

eMAXISスリム登場で信託報酬引き下げ競争が終了!? 既存のインデックス型投信を保有している人は、 「超低コスト」の投資信託に今すぐ乗り換えよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:今注目の「超低コスト」な投資信託の実態とは? 実際、どれだけ安いのか⁉ダイヤモンド・ザイ6月号では、投資信託の特集「人気の商品で本当に実力があるのは? 3大トレンドで選ぶ 今こそ買いの投信」を掲載。この特集では、タイトルにある3大トレンドとして、「超低コストな投資信託」「テーマ型の投資信託」「バランス型の投資信託」を挙げている。今回はその中から、「超低コストの投資信託」について抜粋して紹介しよう。低コストといえばインデックス型の投資信託ということになるが、実際どれだけ安いのか――インデックス型の投資信託の最新コスト事情に迫る!

「インデックス型投資信託」は信託報酬で選べ! 低コスト競争の今こそ、常にコストをチェックして、 信託報酬がもっとも安いの投資信託に乗り換えよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:コストが一番安いインデックスファンドを検証! 現在発売中のダイヤモンド・ザイ2月号は、日本株の「2017年『株』全予測&儲け方」を総力特集。株の特集ではあるが、投資信託についても詳しく紹介している。今回はその中から、投資信託のスタンダードとも言える「インデックス型」のコストに注目した記事を抜粋。インデックス型はコストの安さで知られているが、各社熾烈な低コスト競争を繰り広げており、こまめに低コストランキングは入れ替わっている。ここでは2016年12月時点の最新情報を紹介するので、乗り換え先候補の検討に役立ててほしい。 

2017年に注意すべき投資信託の最新トレンドを紹介! 海外リート型の減配は継続が予想されるので要注意! コスト競争が進むインデックス投信を活用しよう! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2017年におすすめの実力派の投資信託を紹介!人気のリード型投信の健全度は? リスクが最も低いと言われる日本債券型投信は2017年、マイナス金利低下でどうなる? 低コスト競争が激化するインデックス型投信の今後の行方は?投資信託にまつわるこれらの疑問に答えるべく、ダイヤモンド・ザイ2月号から一部を抜粋し、2017年の投資信託5大トレンドを紹介! さらに2017年に買うべき実力派投資信託を公開する。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.