投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


「つみたてNISA」を活用できるかどうかで、将来の 「資産格差」が広がる! 緩やかな物価上昇に対する 自衛策として「つみたてNISA」で資産拡大を目指せ! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」の利用者は実際にいくら積み立て、何を買っているのか分析! さらに、制度恒久化の可能性など「つみたてNISA」の今後の見通し、そして「つみたてNISA」の活用をはじめとする金融リテラシーの違いによって資産形成の「世代内格差」が広がり始めていることを解説します。

「つみたてNISA」は50代半ば以降の人が老後資金を 作る最適な制度!「iDeCo」との比較や商品の選び方 など、50~70代の「つみたてNISA」活用術を解説! - つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「つみたてNISA」は50代半ば以降の人の老後資金作りに最適! 50代後半から投資を始める場合、積み立て可能な期間や手数料の面から、「iDeCo」より「つみたてNISA」がおすすめです。インフレリスクに備え、さらに60代、70代で老後資金を長持ちさせるための投資にも「つみたてNISA」が向いています。投資する商品の選び方やリスク管理の方法など、50代半ばからの「つみたてNISA」活用術を解説します。

ハイパーインフレで物々交換経済状態のベネズエラ。 国主導で仮想通貨を発行した現状をレポート【前編】 - 中南米

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カリブ海に浮かぶ小国・ドミニカ共和国に住み、中南米の新興国を舞台に貿易事業を展開する風間真治さん。今回は、深刻な経済危機下で国主導で仮想通貨「ペテロ」を発行したベネズエラで活動する日本人、本間敬人さんとの対談です。

2018年末までに、米国は0.6%の利上げを実施!? 将来的な金利上昇に備え、インフレ局面になっても 株価が上がりやすい「石油関連銘柄」を狙え! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ニューヨーク株式市場が年初から快調に飛ばしています。投資家は、去年の年末に成立した税制改革法案が米国経済にプラスの影響を及ぼすことを急いで織り込みに行っています。そのことは、今年のS&P500指数採用銘柄の1株当たり利益(EPS)のコンセンサス予想にも反映されています。去年の年末に146.17だったのが、今は150.12となっています。つまり+2.7%の上方修正です。しかし、米国は一足先に量的緩和政策の手仕舞いを始めていますし、欧州中央銀行もそろそろ量的緩和政策の縮小に入ろうとしています。つまり、いつまでも中央銀行からの支援を期待することはできないのです。

2065年までの労働力人口の減少の程度と、企業の業績や世間のサービス動向

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:少子高齢化により労働力人口は大きく減る見通しです。労働力人口の減少は、企業の業績を変化させ、世間のサービスは低下、インフレを招きます。

タグ: ブログ更新 kapok インフレ 労働人口 少子高齢化 指標
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/working-population/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2017/08/05 15:00:26 投稿番号: 24724

「預金封鎖」が日本で本当に起こる可能性と 個人ができる預金封鎖対策をマンガで解説! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:預金封鎖、すなわち政府が私たちの預貯金・不動産などの財産を没収するこの行為。現代日本ではありえないと思う人が多いだろうが、信州大学・真壁昭夫教授は、「預金封鎖が再び発動される可能性は否定できない」と語る。なぜ、日本でも将来的に預金封鎖が起こるかもしれないのか。

「預金封鎖」で日本も貯金が引き出せなくなる!? マンガで解説!戦後日本で起きた預金封鎖の実態 - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:預金封鎖――。政府が私たちの預貯金を奪うこの行為。実際、終戦直後の日本で行われ、日本全体が大混乱になり、財閥解体、多くの資産家は没落した。現代日本ではあり得ないと思えるが、信州大学の真壁昭夫教授は、「預金封鎖が再び発動される可能性は否定できない」と語る。

ヘリコプターマネー ばら撒き政策はどのように実施されるのか?

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:ヘリコプターマネーは、ばら撒き政策を意味します。ヘリコプターでお金をばら撒くように、政府が国民に対してお金をばら撒き、経済の活性化を目論みます。政府が国債を発行しそのお金をばら撒くパターンや、日銀が刷った紙幣を日本政府の口座に入金し、そのお金を政府がばら撒くパターンが考えられます。

タグ: ブログ更新 kapok インフレ ばら撒き ヘリコプターマネー ヘリマネ 政府 政策
参考URL: http://kapok.mydns.jp/business/helicopter-money/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2016/07/21 22:23:09 投稿番号: 10735


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.