Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: エヌビディア

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


来週(5/13~17)の日経平均株価の予想レンジは、 2万1000~2万1600円! 米中貿易協議の行方や、 「そーせいグループ」など“バイオ株”の決算に注目! - 今週のマーケット解説&来週の注目銘柄

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(5/13〜17)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週の日本市場は令和相場のスタートでしたが、ゴールデンウィーク10連休中の外部環境の影響などから、不安定な相場展開になりました。トランプ大統領がツイッターで「中国からの輸入品2000億ドル相当への関税引き上げを10日から実施する」と表明し、週明けの海外市場は波乱の展開でした。「いつものトランプ大統領の手口」といった楽観的な見方もありましたが、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が「関税引き上げを10日に実施する」と明らかにしたことや、中国側が「米国が関税を引き上げた場合、必要な対抗処置を取る」と表明するなど、米中関係悪化への懸念が強まりました。

第4四半期決算はほぼ出揃ったが内容はいまひとつ! 注目の「AI市場」が期待はずれに終わったことで、 半導体セクターの回復には時間がかかりそうな見通し - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんがアメリカ経済を分析! 2018年第4四半期の決算発表シーズンは、これまでにS&P500指数採用銘柄の79%が決算発表を終えました。ひとことで言えば、今回の決算発表シーズンは、がっかりさせられる内容でした。EPSでコンセンサス予想を上回った企業は70%でした。これは過去5年の平均値71%を下回っています。また、ポジティブ・サプライズ幅も3.5%と、過去5年の平均である4.8%より小さかったです。

GPUメーカーの「エヌビディア」が好決算を発表! 仮想通貨のマイニング向け需要は今後減速するも、 コア市場のゲーミング需要には高成長が期待できる! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:先週、GPU(リアルタイム画像処理プロセッサ)メーカーのエヌビディア(NVDA)が、2019年度第1四半期決算を発表しました。素晴らしい内容でした。市場別売上高を見ると、ゲーミングが54%を占め、最も重要な市場となっています。高い成長を記録している理由は、『フォートナイト』『パブジー(PUBG)』などの新しいゲームがGPUの買い替え需要を促進しているためです。今期の決算発表から、エヌビディアは初めて仮想通貨向け需要の数字を開示し始めました。しかし、ビットコイン、イーサリアムなどの仮想通貨の価格が下落したことに加え、イーサリアムのマイニング専用のASICs(=カスタム半導体)が他社から発表されたことなどの要因により、第2四半期は0.96億ドル前後に落ち込むと会社側は見ています。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.