Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: オリンパス

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


メルカリ(4385)の新規上場を闇株新聞が分析、 今後値上がりするか否かのポイントはここだ! - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:メルカリが新規上場しました。ネット業界を牽引してきた多彩なメンバーが集まり創業5年でIPOに漕ぎ着けたことになります。市場の期待は大きく初値は公募価格を67%も上回りましたが、その後は乱高下。今後の成長と投資判断のポイントを、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が掘り下げます。

東芝(6502)が4年ぶり黒字で最高益更新も 半導体メモリ事業の売却を止めない不思議 - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:東芝が2018年3月期の決算短信を珍しく期限内に発表しました。4年ぶりの黒字で7年ぶりに最高益を更新しましたが、稼ぎ頭の半導体メモリ事業の売却が決まるなど先行きが明るくなったとは言えない状況です。

ソフトバンク(9984)の複雑怪奇な決算内容とは? 携帯事業会社から戦略投資会社となるのか? - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ソフトバンク(9984)が2018年3月期の通期連結決算を発表しました。国内外の携帯事業から戦略的投資事業へと経営の軸足を移しつつある同社の決算内容は、どんどん中身の見えづらいものになっています。複雑怪奇なブラックボックスと化しつつあるソフトバンクの決算を刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が分析します。

富士フイルムが米ゼロックス買収で 米国の「物言う株主」と大バトル!? - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:富士フイルムホールディングスによる、米ゼロックス買収が行き詰まっています。ゼロックスの株主にはカール・アイカーン氏など名うての「物言う株主」がおり、他も大半は機関投資家です。彼らに共同歩調を取られると買収が頓挫したり、大幅な譲歩を迫られる可能性もあります。モメにモメている企業買収の裏側を、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が追っています。

米通信会社スプリントとTモバイルが合併合意 ソフトバンクが経営権をあっさり諦めた理由 - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ソフトバンクグループ子会社で米携帯電話第4位の「スプリント」と、ドイツテレコム子会社で同3位の「TモバイルUS」が2019年前半の合併に合意したとの報道がありました。両社はここ5年ほどで何度が合併交渉を行ってきましたが、監督省庁の反対で断念したり経営の主導権を巡って合意に至らなかった経緯があります。現段階では両社が合意しただけで監督省庁が認めたわけではなくまだ五分五分の状況ですが、合意に至った事実からソフトバンクの携帯電話事業に関する姿勢の変化が読み取れると闇株新聞プレミアムが解説しています。

東芝は「半導体事業の売却中止」でも 物言う株主の支配で将来不安はまだまだ続く - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:2018年3月期までに債務超過を解消しなければ上場廃止という瀬戸際にあった東芝が「半導体事業の売却中止を決めた」という報道がありました。6000億円の第三者割当増資で債務超過状態を脱出できたためですが、それにより東芝はさらなる火種を抱え込むことに…。

日産自動車がついに「日本の会社」でなくなる! ゴーン氏と仏政府が完全子会社化に取り掛かった - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日産自動車(7201)が、ついにフランスに奪われてしまいます。闇株新聞はここ数年「日産自動車をルノーから取り戻そう」とことあるごとに記事にしてきましたが、もうその可能性も潰えました。日産自動車は近日中に完全にルノーの一部となり、東証ではなくパリ証券取引所で取引されることになるはずです。どうしてこうなってしまったのか、解説します。

トランプが仕掛けた米中通商戦争に 市場開放で応じた習近平のしたたかさ - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:中国の習近平国家主席が米国のトランプ大統領が仕掛けた貿易戦争の「対抗手段」に出ました。それは「国内市場のさらなる開放」と「輸入関税の引き下げ」というもの。世界の自由貿易を推し進める国は米国ではなくて中国!? その裏には習近平のしたたかな戦略が見えると、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が分析しています。

あのフェイスブックとアマゾンという 世界的勝ち組企業に迫りつつある「不吉な兆候」 - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:世界の株式市場を牽引してきた時価総額上位企業に、変調の兆しが見えます。なかでもアマゾン(世界時価総額4位)とフェイスブック(同8位)は不吉な悪材料に見舞われ、直近でも時価総額が8兆円ずつ目減りしています。「超勝ち組企業」であるはずの2社にいったい何が起こっているのか!?

トランプの強硬な通商政策が円高を招く理由。 機関投資家の過剰反応で1ドル=100円もある!? - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国長期金利上昇による世界的な株価下落やトランプ政権の混乱で、相場の先行きがいつになく不透明になっています。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が、政治・経済・金融などあらゆる素材を俎上に載せて、皆さんと一緒に考えます。

森友公文書改竄とフェイスブック個人情報漏洩で、 安倍・トランプの日米両政権が最悪の事態に陥る!? - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日本の政治は森友学園を巡る公文書改竄問題で空転が続いています。安倍政権は佐川国税庁長官の辞任で逃げ切りを図ろうとしていますが、対応を誤れば官僚組織全体を敵に回して瓦解した第一次安倍内閣の再現ともなりかねません。一方、混迷続くトランプ政権には新たなスキャンダルが持ち上がりました。大統領選時に対立候補ヒラリー・クリントンのネガティブキャンペーンをしていたトランプ支持勢力が、フェイスブックから個人情報を不正に取得し利用していたというのです。政権基盤の弱体化は市場の混乱につながります。事態は予断を許しません。

「米朝会談実現か」のニュースの裏側に見る トランプ政権内の勢力図と米中関係の先行き - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:平壌冬季五輪から北朝鮮が急に軟化しています。先週は金正恩と面会した韓国特使が訪米し「米朝首脳会談が5月に実施される」と発表しました。実現すれば市場の悪材料は1つ解消されますが、そうすんなりといかないであろうことは誰もが予想するところ。トランプ大統領は前向きのようですが、ここからホワイトハウス内の勢力図の変化と対中関係の先行き読み取れます。

米国の鉄鋼・アルミ高関税率導入の衝撃! トランプの俺様主義に世界が振り回される - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:株式市場の動きが昨年までとは明らかに違ってきました。少々の悪材料が出ても間もなく回復してきた右肩上がりは崩れ、急落・急反発の日が増えています。こうなった直接的な原因は「トランプ大統領の経済音痴」にあると、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が痛烈に解説しています。世界の経済はこれからどうなってしまうのでしょうか!?

ヤマト運輸や佐川急便は負け組? ECに欠かせない宅配大手の業績と株価とは? - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ネット通販の拡大で需要が急拡大する一方、深刻な人出不足で大きな転換点にある宅配業界。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』が宅配業界大手ヤマトホールディングスとSGホールディングスの第3四半期決算発表を受け、今後の業界動向を分析しています。

ベネズエラが国家として仮想通貨「ペトロ」を 発行した衝撃の理由とは? - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ベネズエラが仮想通貨「ペトロ」を発行しました。国家のお墨付きと「原油埋蔵量」という資産の裏付けがある世界初の仮想通貨でしたが、思惑通りの資金調達とはならなかったようです。そもそもなぜベネズエラは仮想通貨を発行することになったのか? 刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が解説します。

米株史上最大下落幅の原因は「米国長期金利の上昇」。 2018年に最初に暴れた「灰色のサイ」の正体とは? - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:昨年から絶好調だった株式市場が、2月に入って急落しました。震源地は米国で5日にはダウ平均が史上最大の下落幅(-1175ドル安)を記録、世界の主要株式市場も影響を受け、世界同時株安の様相を呈しています。そもそも下落の原因は何だったのか、今後の見通しはどうなのか!?

日本でも仮想通貨は禁止にするしかない!? コインチェック騒動は事件化し、返金されないかも - 闇株新聞[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:コインチェック事件から1週間以上が経過しました。コインチェック社は「被害者には自己資金から日本円で返金する」と表明しましたが、通常業務の再開すらめどが立っていない状況です。刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」では、今回の件が刑事事件となり返金が実現しないまま終わる可能性について示唆。また「仮想通貨は原則禁止とすべき」との大胆な提言をしています。

コインチェック社の不正流出騒動、 報道から感じる「4つの違和感」 - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:仮想通貨取引所大手「コインチェック」から580億円相当ものNEM(ネム)が流出してから1週間が経とうとしています。翌日は返金対応が発表されましたが、刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』は「この事件の闇は思ったよりも深そうだ」と報じています。

なぜ急騰していたかを考えればわかる ビットコインと仮想通貨の今後の展望 - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ビットコインが急落しました。刺激的な金融メルマガ『闇株新聞プレミアム』では「なぜ急落したかより“なぜ急騰していたか”を考えるほうが本質が見えてくる」として、ビットコインと仮想通貨の今後の展望について解説しています。

ソフトバンク(9984)傘下の携帯事業会社、 上場にはちょっと「問題」がある!? - 闇株新聞[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ソフトバンクグループ(9984)が、年内にも傘下の携帯事業会社「ソフトバンク」を東証1部に年内に上場させる方針を固めたとの報道が1月15日付日本経済新聞で大々的に報じられましたが、闇株新聞プレミアムはこの子会社売り出しには「ちょっと問題がある」と解説しています。

[→次のページ]


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.