Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: クアルコム

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


G20での米中首脳会談により、ファーウェイへの輸出 規制が解除! 株価が不調だった5G関連銘柄の中でも 「ザイリンクス」と「クアルコム」の上昇に期待! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:G20で行われたトランプ習近平会談で、ファーウェイへの輸出規制が解除! その影響を米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週、大阪で開催されたG20においてトランプ習近平会談が行われ、「対話を再開しよう!」ということが確認されました。また米国側は、3250億ドル相当の中国からの輸入品に対し10%の関税を課す、いわゆる第3ラウンドの関税の適用を当面見合わせると発表しました。さらに、最も重要な点として、ファーウェイに対して現在課している輸出規制を緩和することが発表されました。トランプ政権は、2つの方法でファーウェイを排除してきました。ひとつはファーウェイ製品をアメリカの通信会社が購入することを大統領令で禁止するという方法です。

米国のファーウェイに対する輸出規制により、「5G 関連銘柄」にも暗雲が! ルメンタムやクアルコム など、株価急落リスクが発生した銘柄には要注意! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国のファーウェイへの輸出規制の影響を,米国在住のアナリスト・広瀬隆雄さんが解説! 先週5月15日、米国商務省は中国のファーウェイ・テクノロジーズ(Huawei Technologies:華為技術)に対する輸出規制を発表しました。これは、アメリカが中国のハイテク企業に対し「鉄のカーテン」を下ろそうとするような行為です。アメリカの半導体メーカーならびにデザイン・ソフトウェア企業は、年間100億ドルにものぼる部品やサービスをファーウェイに対し納入しています。ファーウェイと商売している92社の部品サプライヤーのうち、33社はアメリカ企業です。つまりファーウェイは、中核部品の少なからぬ部分をアメリカに依存しているのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.