Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: コロナショック

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


コロナショックで直撃を受けた会社を応援する 短期投資「東京2020 一か八かファンド」を銘柄選定 GW明け後に公開を予定、乞うご期待! - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回は、「東京2020 一か八かファンド」の概要を紹介します。

早ければ1カ月後には経済活動再開か 短期的な景気悪化は織り込み済み 今こそ長期投資を始めるチャンスだ - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回はCOVID-19の状況と長期投資のエッセンスを解説します。

米国株は順調にリバウンドし、年内には過去最高値を 更新する可能性も!? ただし実体経済は悪く、一時的な 下落局面も予想されるので、今は「押し目」を待とう - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 先週の米国株式市場は急伸しました。S&P500指数は、週間ベースで+13%上昇し、3月23日の安値からは+25%となっています。この上昇によりS&P500指数は、「半値(600.83)戻し」の水準である2792.69に肉薄しています。「半値戻し」をほぼ達成したということは、米国株には反発力があることを示唆しており、いずれニューヨーク市場は過去最高値を更新する、それも年内に実現する可能性が未だ十分残っていることを意味します。その反面、米国株のこれまでの上げピッチは「少し性急すぎる」観があります。それというのも、経済指標のデータに米国経済の悪さがハッキリと反映されはじめているからです。

マーケットの落ち着きを見て、怒涛の反撃開始 コロナショックに負けない9銘柄を助言 東京五輪閉会までの特別ポートも4月末に開始 - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回は長期投資の考え方を解説します。

コロナショック後の投資戦略とは? 多数の短期派は失敗し、少数の長期投資家が 生き残る! 今から始める長期投資の3つのポイントも - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回はコロナショックの収束後に勝利するための長期投資の考え方を解説します。

タグ: サイト更新 ザイ・オンライン 山本潤 コロナショック 暴落 投資 日本株 成長株 資産運用 山本潤
参考URL: https://diamond.jp/articles/-/233472
投稿者: sitecheck.py 投稿日時: 2020/04/01 17:05:00 投稿番号: 43449

日経平均株価が終値で「25日移動平均線」を超えれば、 2万237円まで上昇する可能性も! ただし東京がロッ クダウンするリスクもあるので、慎重なスタンスで! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国株がようやく落ち着きを取り戻しつつあります。やはりこれは、大型経済対策で、トランプ米政権と議会が合意したことが大きいでしょう。ご存じの通り、トランプ米大統領は3月27日、議会が可決した2.2兆ドルの新型コロナウイルスの経済対策法案に署名し、同法は同日成立しました。対策の規模は米国のGDPのほぼ1割に相当し、まさに大盤振る舞いです。当面の日経平均株価に関しては、1月17日の2万4115.95円から3月19日の1万6358.19円までの下落幅は7757.76円、下落率が32.17%でした。

リーマンショック後、トヨタは翌期には黒字回復。 経済ショック後のマーケット動向を見極める 4つのポイントを紹介! - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回はコロナショック後のマーケット動向と長期投資の考え方を解説します。

「コロナ・ショック」の影響を受けにくい運輸業界や 機械業界のおすすめ銘柄は?「SGホールディングス」 や個別空調の技術に期待の「ダイキン工業」に注目! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「コロナ・ショック」は、運輸や機械の関連銘柄の株価にどんな影響を与える⁉ アナリストなどのプロが徹底解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の株式市場が大パニックに見舞われていることはご存じのとおり。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、アナリストなどの相場のプロ68人に、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて解説してもらってる。先行きが見通せず、投資の方針を決めかねて途方に暮れている人には参考になるはずだ。今回は特集の中から、注目業種である「運輸」と「機械」への「コロナ・ショック」の影響度について掘り下げた記事を抜粋! 株価の反発に期待して仕込む銘柄を検討中の人は、ぜひチェックを!

日経平均株価のリバウンドが本格化すると2万542円 まで上昇する可能性も!? 日本独自の「好需給要因」 により、日本株は米国株の下落に連動しない相場に! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米国株は相変わらず下落に歯止めが掛かっていませんが、日本株はここにきて下げ渋っています。日本では、日銀とGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)による官製相場の様相が強まり、米国株が下がってもほとんど影響を受けない状況になっています。さらに、TOPIXや日経平均株価に連動した運用を目指すパッシブファンドが、3月の権利付き最終売買日である3月27日以降にファンドが将来受け取る配当金の分だけ、TOPIXや日経平均株価の先物などに買いを入れる、「配当金の再投資の先物買い」が今週末から来週初にかけて買いが入る見通しです。市場推計では約8000億円で、これも短期的な好需給要因です。

「コロナ・ショック」がホテル業界や自動車業界の業績や 株価に与える影響は? オリエンタルランドのように、 一時的に打撃を受けても、反発に期待できる銘柄も! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「コロナ・ショック」は、「レジャー」や「自動車」関連銘柄にどんな影響を与える⁉ アナリストなどのプロが徹底解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の株式市場が大パニックに見舞われていることはご存じのとおり。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、アナリストなどの相場のプロ68人に、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて解説してもらってる。先行きが見通せず、投資の方針を決めかねて途方に暮れている人には参考になるはずだ。今回は特集の中から、注目業種である「レジャー」と「自動車」への「コロナ・ショック」の影響度について掘り下げた記事を抜粋! 株価の反発に期待して仕込む銘柄を検討中の人は、ぜひチェックを!

「コロナ・ショック」で最も打撃を受ける業種とは? 小売り、ホテルなど“インバウンド”の恩恵を受けてき た業種の中でも、最も影響を受けるのは「百貨店」! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「コロナ・ショック」で業績が悪化する業種と、好転する業種をアナリストが指摘! 今注目されている業種「小売」と「外食」の今後の展望も解説! 発売中のダイヤモンド・ザイ5月号は「【緊急大特集】どうなる日本株」を掲載! 新型コロナウイルスの感染拡大によって、世界中の株式市場が大パニックに見舞われていることはご存じのとおり。そこで、ダイヤモンド・ザイでは、アナリストなどの相場のプロ68人に、今後の株価の推移や実体経済の動向、新型コロナウイルスによる打撃が大きい業種・小さい業種などについて解説してもらってる。先行きが見通せず、投資の方針を決めかねて途方に暮れている人には参考になるはずだ。今回は特集の中から、アナリストなどの相場のプロ68人に聞いた「業種別『コロナ・ショック』の影響度」をピックアップ!「コロナ・ショック」による打撃が大きい業種、それほど影響を受けない業種、逆に業績が好転しそうな業種をわかりやすく紹介している。さらに、注目業種の「小売」「外食」への影響度について掘り下げた記事も抜粋するので、投資の参考にしてほしい!

来週(3/23~27)の日経平均株価の予想レンジは、 1万5000~1万8500円! 日銀やGPIFのTOPIX買い により、日経平均株価よりTOPIXのほうが強い流れに - 来週の日経平均株価の予想レンジを発表!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週(3/23~27)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 来週(3月23日~27日)の日本市場ですが、欧米市場では外出禁止令の広がりが見られており、世界の経済がストップする格好となりますので、景気後退懸念が一段と警戒されやすいところです。一方で、GPIFや日銀のETFによるTOPIX買いが見られており、これによりNT倍率(日経平均株価÷TOPIX)が急低下しています。

コロナショックの影響で新規上場後に株価が急落した 「直近IPO銘柄」が狙い目! 暴落相場のせいで適切 に評価されてない銘柄を、中長期的スタンスで狙おう - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:「直近IPO銘柄」について、アナリストの村瀬智一さんが解説。いま世界は、新型コロナウイルスの混乱の中、米国のトランプ大統領は3月13日、国家非常事態を宣言しました。そして米連邦準備制度理事会(FRB)は15日に臨時会合を開き、政策金利を一気に1.0%引き下げて事実上の「ゼロ金利政策」に踏み切ることを決定。日本においても3月16日、日銀が金融政策決定会合を前倒しで開催し、ETF買い入れの年間目標額を現行の6兆円から「当面12兆円」に拡大する追加の金融緩和を決めるなど、各国中央銀行の協調姿勢が見られています。

コロナショックで日本株の週間下落幅が過去最大に。 ポートフォリオの買い増しや銘柄選択など 暴落後のパフォーマンス改善策を助言 - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回は暴落時のパフォーマンス改善策を助言します。

日経平均株価やNYダウの暴落を止めるには、日銀や FRBによる「金融政策」だけでは不十分。次は企業へ の支援など、実体経済を支える「財政政策」が必要! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:現在の日経平均株価や株式市場の状況と今後の見通しについて、アナリストの藤井英敏さんが鋭く分析! 米連邦準備理事会(FRB)は、3月15日に緊急の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開いて1.0%の大幅利下げに踏み切りました。政策金利は0~0.25%と、リーマンショックのあった2008年の金融危機以来となる「ゼロ金利政策」に回帰しました。また、今後数カ月で米国債を少なくとも5000億ドル買い入れ、住宅ローン担保証券(MBS)を2000億ドル購入する量的緩和政策も復活させます。そして日銀も、3月18日~19日に予定していた金融政策決定会合を前倒しして、16日に緊急で会合を開き、株価指数連動型上場投資信託(ETF)の保有残高の増加額を年12兆円増と、従来の年6兆円増から倍増させました。

「コロナショック」は「リーマンショック」と違い、 金融機関の信用リスクは低い! このまま信用不安に 発展しないなら、1年後を見据えて買い出動しよう! - 世界投資へのパスポート

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:米国在住のアナリスト広瀬隆雄さんが解説! 現地日曜17時(日本時間6時)、連邦準備制度理事会(FRB)が再び緊急利下げを発表しました。今回の利下げ幅は1.0%で新しいフェデラルファンズ・レートのターゲットは0~0.25%になります。米国株式市場は先週も続落し、2月19日の高値から一時-20%以上の下げ幅となり、ウォール街のベアマーケット(弱気相場)の条件を満たしました。前回、アメリカが景気後退に見舞われたのは、今から12年前のリーマンショックの時でした。あのときは、折からの住宅ブームを背景に住宅ローンの融資基準が大幅に緩み、誰でもローンを組める状況となりました。

コロナショックでNYダウが史上最大の下げを記録 陰の極でリスクマネーをさらす長期投資こそ報われる 反撃の買いを開始! - 超成長株投資で資産10倍計画!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探し。今回はCOVID-19の終息と経済正常化の見通しを解説します。

コロナショックの運用資産への影響と、個人投資家としての対応について

サイト「経済&マネー」のコンテンツが kapok から公開されました。

概要:新型コロナウイルスの流行による経済不安が台頭し、各国の株価指数は連日の大幅安となりました。市場の様子と私の運用資産の状況および、今後の対応計画について考えている事をまとめます。

タグ: ブログ更新 kapok コロナショック 運用報告
参考URL: https://kapok.mydns.jp/business/corona-shock-investment/
投稿者: blogcheck.py 投稿日時: 2020/02/29 19:19:13 投稿番号: 42792


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.