Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: コンサルタント

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


オービックビジネスコンサルタント、QUOカードの 株主優待の変更で、1単元保有時の優待利回り2倍に! 1単元の投資額は半分になるも、優待内容は変わらず - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:オービックビジネスコンサルタント(OBC、4733)が、「QUOカード」の株主優待の配布基準を変更すると、2018年11月27日に発表した。株主優待の配布基準の変更は、2019年3月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。オービックビジネスコンサルタントの株主優待は、毎年3月末時点の株主を対象に実施されており、従来の内容は「100株以上保有する株主に、保有株式数に応じた額面の『QUOカード』を贈呈」というものだった。今後も「QUOカード」が贈呈される点に変わりはないが、同社が2018年12月31日を基準日、2019年1月1日を効力発生日として、1株⇒2株の株式分割を実施することに伴い、株主優待の配布基準が変更になる。(オービックビジネスコンサルタント、コード:4733、市場:東証1部)

大日本コンサルタント、株主優待の廃止を発表! 保有株数と保有期間に応じてカタログから選択制の 特産品をもらえたが、今後は廃止し、配当の充実へ - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:大日本コンサルタント(9797)が株主優待を廃止すると2017年6月15日に発表。大日本コンサルタントの株主優待は、毎年6月末時点の株主優待名簿に記載された、100株(1単元)以上を保有している株主が対象とされていた。廃止される大日本コンサルタントの株主優待の内容は、「100株以上保有する株主を対象に、保有株数や継続保有期間に応じて、特産品などを贈呈(カタログから選択制)」というものだった。(大日本コンサルタント、コード:9797、市場:東証2部)

「モゲチェック・プラザ」で住宅ローン借り換えを 相談すると、平均480万円のメリットを実現? 住宅ローン借り換えサービスの実力を検証! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えるなら、どの銀行のどの商品が自分にとって最適なのかを相談してくれる、住宅ローン有料相談が増えている。中でも、2016年に登場した「モゲチェック・プラザ」は、最先端の分析ツールを使って、専門家がベストな住宅ローンを選択してくれるとうい徹底したサービスを展開。手数料は成功報酬型ながら、20万円の相談料がかかるものの、その結果、平均でなんと480万円も返済額が削減されるという。果たして、それだけの料金を支払うだけのメリットがあるのか、検証してみた。

「モゲチェック・プラザ」で住宅ローン借り換えを 相談すると、平均480万円のメリットを実現? 住宅ローン借り換えサービスの実力を検証! - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借り換えるなら、どの銀行のどの商品が自分にとって最適なのかを相談してくれる、住宅ローン有料相談が増えている。中でも、2016年に登場した「モゲチェック・プラザ」は、最先端の分析ツールを使って、専門家がベストな住宅ローンを選択してくれるとうい徹底したサービスを展開。手数料は成功報酬型ながら、20万円の相談料がかかるものの、その結果、平均でなんと480万円も返済額が削減されるという。果たして、それだけの料金を支払うだけのメリットがあるのか、検証してみた。

FCホールディングス(6542)、株主優待を変更! 「福山コンサルタント」から持ち株会社に移行後も QUOカードの優待は継続、長期保有優遇制度を追加! - 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:FCホールディングス(6542)が株主優待の内容を発表した。今回発表された株主優待の内容は、2017年6月30日時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。なお、FCホールディングスは、以前「福山コンサルタント」として上場していたが、2017年1月にFCホールディングスとして持ち株会社体制に移行したばかり。福山コンサルタントの株主優待は、「1000株以上保有する株主に、3000円相当の『QUOカード』贈呈」という内容だった。FCホールディングスになってからもその内容は踏襲されるが、3年以上継続保有した場合の株主優待内容が拡充される。(FCホールディングス、コード:6542、市場:JASDAQスタンダード)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.