Kapok&Fintech ホームKapokの掲示板 > Tag: ゴールデンウィーク

投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


連休明け(5/7~10)の日経平均株価の予想レンジは 2万1800~2万2600円! 米FOMC、米雇用統計、 米国株式の決算など、GW中のイベントは要チェック! - 今週のマーケット解説&来週の注目銘柄

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:連休明け(5/7~10)の日経平均株価の予想レンジを発表! 投資情報サービス会社・ラカンリチェルカの村瀬智一さんが、今週の市況を振り返って分析。さらに、来週の重要イベントや要注目銘柄をズバリ紹介! 今週(4月22日〜26日)の日経平均株価は、引き続きこう着感の強い相場展開が続きました。ゴールデンウィークが明けると、いよいよ令和元年相場となります。取引が再開する再来週(5月7日〜10日)の相場については、正直なところ相当読みづらいところです。中国製造業PMI、米連邦公開市場委員会(FOMC)、米雇用統計などのイベントやアップルの米決算など、10連休中に発生するイベントが大きく影響するからです。

5月中旬の決算発表シーズンに株価が上がる銘柄は? 3月決算企業の中で業績の上振れが期待できる「3Qの 進捗率が高い『Society 5.0』関連」の17銘柄を紹介 - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資アナリスト・村瀬智一さんが、最新の投資テーマと関連銘柄をずばり解説! 今回は、ゴールデンウィーク10連休明けの決算ピークで高評価が期待できる「3Q進捗率の高いIT情報サービス企業」に着目! いよいよ今週末からゴールデンウイークの10連休に入ります。そして連休明けには、決算発表がピークを迎えます。また、足元で上方修正を発表している企業をみると、各種ソリューションやソフトウェア、コンサルティングなどのIT情報サービスを手がける企業が目立ちます。

日経平均株価は堅調だが、GWを控えた今週は様子見 ムードに! 連休前に仕込むなら「すでに決算発表を 終えた、日経225指数寄与度の大きい銘柄」を狙え! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来週以降の日系株価の動きは!? カブ知恵代表の藤井英敏さんが、最新の日本市場を分析! 日本株は、海外投資家の買いで引き続き堅調に推移しています。ただし、日本では4月27日から5月6日までゴールデンウィークの10連休が控えています。この連休中には、FOMCが4月30日~5月1日に開催されます。さらに、5月1日には米ISM製造業景況感指数の発表があり、3日には4月の米雇用統計の発表も予定されています。いずれも、米国株の動向に大きな影響を与え得るイベントです。内容次第では、5月の米国株が一転して調整入りしても全く不思議ではありません。

「ゴールデンウィーク直前」に短期の株価上昇が期待 できる銘柄を狙え!「信用売りの買い戻し」で株価が 上がりそうな銘柄を信用倍率や時価総額などで発掘! - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:投資アナリスト・村瀬智一さんが、最新の投資テーマと関連銘柄をずばり解説! 今回は今回はあらためて、10連休を直前における需給面に着目したスクリーニングを行い、銘柄を選んでみました。10連休前の1週間ともなれば商いが膨れてくる状況は考えづらいため、次第に短期的な値幅取り狙いのトレードが中心になってきます。そこで今回は、短期スタンスで狙える銘柄を発掘したいと思います。狙うのは、「信用売りの買い戻し」です。需給が売りに傾いている銘柄は、連休中の逆日歩の積み上がりを避けるために買い戻しの動きが強まるとともに、そういった買い戻しを誘う短期資金も流入するでしょう。

日経平均は2万2000円台を回復も、GW「10連休」の 影響により、新興銘柄や小型材料株は冴えない状態! GW前も儲けたいなら「短期・逆張り」で売買しよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、日本市場を今を分析! 2019年4月15日の日経平均株価の終値は22169.11円と、昨年12月4日の22036.05円以来およそ4カ月ぶりに22000円台を回復しました。大台回復の主因は中国の景気回復期待の強まりです。4月12日に発表された、中国の「社会融資総量」の残高は3月末時点で前年比10.7%増の208兆4100億元でした。この「社会融資総量」には、新規株式公開、信託会社の融資、債券発行など、通常の銀行融資以外の簿外の与信も含まれています。中国の与信の増減は世界の製造業の景況感に12カ月程度、先行する傾向があるとされるそうです。つまり、現在のように「社会融資総量」が大きく増加してきているということは、今後、中国のみならず世界の製造業の景況感が改善していくサインとみることができるのです。なお、日経平均株価は非常に強いけれど、TOPIXはそれほど強くはありません。日経平均株価への寄与度の大きい一部の値嵩株が上昇しているだけなのです。これは10連休が大きく影響していると考えます。

日経平均株価は当面レンジ相場だが、米国株の値動き によっては「上値ブレイク」も! GW前に買うなら、 新興株や小型材料株より東証1部の大型株がおすすめ - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、日本市場を今を分析! 米国株式市場が強い動きを続けています。この影響で、足元の日経平均株価も堅調に推移しています。米国株が堅調に推移している主因は、前週末4月5日に発表された3月の米雇用統計が良好だったからです。 このように外部環境は良好ですが、前回当コラムで指摘したように、今年のゴールデンウィークは、4月27日(土)~5月6日(月)の10連休となります。一般的な証券会社では、国内株式や投資信託については、連休中は取引できません。このため、一部の証券会社では、連休中の海外市場の急変や国内でのイベント発生リスクを注意喚起しています。

GW「10連休」直後の銀行口座の残高不足に要注意! 連休明けの5月7日にクレジットカードや住宅ローンの 月末&月初の引き落としがズレ込んで集中することに - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ゴールデンウィークの10連休の前に、金融機関のATMの稼働状況や、クレジットカード&住宅ローンの引き落とし日、連休明けの株式市場の傾向など、「お金のこと」で注意しておくべきポイントを紹介!ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ5月号から、「GW中の使いすぎに注意! 月末の引落とし設定なら5月頭にズレ込む可能性」と題した記事をピックアップ!いよいよ10連休となる人も多いゴールデンウィークが近づいてきたが、注意しておきたいのはカードの引落としや公共料金の支払いのタイミング、それに株式市場の動向などだ。計画的に支払いの予定を見直すほか、投資をしている人はポジションをどうするか検討しておかないと、後々混乱することになりかねない。そこで今回は、大型連休の前後に注意しておきたい”お金まわり”のポイントを解説!

4月に入って海外投資家が「買い越し」に転じれば、 日経平均株価の強力な追い風に! ただし、GW中は リスク回避のため、ポジションを持つの避けよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:カブ知恵代表の藤井英敏さんが、最新の日本市場をするどく分析! 米中株式市場が非常に強い動きとなっています。4月1日の上海総合指数は、前週末比79.6030ポイント(2.57%)高の3170.3610ポイントと、節目の3100ポイント台を回復し、昨年2月22日以来およそ10カ月半ぶりの高値となりました。また、1日のNYダウは3日続伸、前週末比329.74ドル(1.3%)高の2万6258.42ドルと昨年10月上旬以来、ほぼ半年ぶりの高値で取引を終えています。米中両国の景気指標が改善傾向を示したことで、市場では世界経済の減速懸念が大幅に後退しています。このため、世界的に、景気敏感株を中心に幅広い銘柄に買いが入っています。

GWの前に「逆日歩銘柄の買い戻し」による株価上昇が 期待できる銘柄はこれだ!「信用買い残」などの需給 要因を想定したスクリーニングでお宝株を発掘しよう - 「お宝銘柄」発掘術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:私は、株式相場とは基本的に需給要因を中心に変動するものとみています。今回は、そういった需給要因にもとづいた銘柄発掘術を紹介しましょう。相場に大きな影響を与える需給要因は、季節によって発生するものもあります。例えば、個人投資家も数多く参加する「配当・優待狙い」の投資です。この信用取引に関して注目しておきたいのが、10連休となる今年のゴールデンウィークです。今年の4月23日に空売りすると3営業日後の4月26日に受け渡しとなりますが、翌日4月24日に買い戻しをしても受け渡しはゴールデンウィーク後の5月7日となり、実に11日分の逆日歩が発生します。つまり、受渡日がゴールデンウィークを挟むと、10日分の逆日歩を余計に払う必要があるのです。

日経平均株価は堅調ながら、マザーズ指数は暴落中! GW明けの「セリングクライマックス」に備えて、 「決算またぎ」を避け、早めの利食いを意識しよう! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:日経平均株価は堅調ながら、東証マザーズ指数に象徴される個人投資家の関与率の高い小型株は酷いことになっています。主たる理由は、日経平均構成銘柄のような大型株には海外投資家の買い、新年度入りで株式の組入比率を上げたい国内機関投資家の買い、そして、下がれば日銀のETF買いが入る一方、小型株にはそのような買いが入らないからです。現時点で、現金比率を高めにして、買いチャンスを虎視眈々と狙っている投資家については、もう少し買いは待った方がよさそうです。なぜなら、マザーズ銘柄などについては、早晩、高い確率で「セリングクライマックス」が訪れるとみているからです。

日経平均株価は1万9000円台へと一時回復、 13週移動平均線を終値で超えたら強気モードへ! 大型連休中の地政学リスクに個人投資家は要注意! - 最下層からの成り上がり投資術!

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:4月24日の日経平均株価は、前日比255.13円(1.37%)高の1万8875.88円でした。4月25日前場の日経平均株価は大幅続伸したとはいえ、前場終値は1万9034.74円と、26週移動平均線(25日前場現在1万8906.90円)は超えたものの、13週移動平均線(同1万9095.24円)は下回っており、依然として、中期的に強気に転じることはできません。13週移動平均線を終値で超えたら、晴れて強気に転じることができます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.