投稿入力フォーム

名前
(必須)
タイトル
本文
(必須)
参考url
↑URL欄(任意入力)です。入力内容は自動でリンクされます。複数のURLは入力できません。
タグ
(必須)

↑タグ欄です。複数のタグを半角スペースで区切り入力します。
書込み
ボタン→

利用方法

閲覧方法

通常の掲示板同様に、徒然なるままに閲覧できます。 参考URLをクリックして詳細が閲覧ができたり、 タグをクリックして関連投稿の確認ができたりします。

投稿方法

お名前と本文、タグ(複数・半角スペース区切り)は入力必須です。記事を入力し、書き込むボタンをクリックすれば投稿が完了します。 投稿した書き込みは消去できません。書き込み前に投稿内容をよく吟味し、適切な投稿をして下さい。なお、投稿内容はサーバー運用の関係で消去される事があります。


投稿内容(コンテンツ)


銀行の「ATM手数料&他行宛て振込手数料」を比較! ソニー銀行や住信SBIネット銀行などATMを持たない ネット銀行は、コンビニATMや振込手数料がお得に! - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:銀行のATM手数料と振込手数料は、どの銀行がもっともお得か? 主要10行の手数料を比較! 主要10行の手数料を徹底比較! ダイヤモンド・ザイでは、記者が集めたマネー・経済関連の最新トピックを「ZAi NEWS CHANNEL!」で毎号紹介している。今回は発売中のダイヤモンド・ザイ5月号から、「新社会人必見の手数料比較! ATMと振込手数料はどこがお得?」と題した記事をピックアップ! 
4月に晴れて新社会人となる人は、給料振込などどこの銀行口座をメインにしようか思案中ではないだろうか。この超低金利時代、もらえる金利よりも、ATMや振込手数料など、銀行を利用する際に支払う額のほうが大きくなりがち。そこで今回、主要銀行のうち、どこが最もお得に利用できるのかを調査したので、口座開設の参考にしてほしい!

【ソニー銀行の金利、手数料、メリット・デメリットは?】 外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETなら クレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能 - ソニー銀行

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:【2019年1月29日更新】ソニー銀行の金利やATM手数料、振込手数料、メリット・デメリットなどを徹底解説! 「ソニー銀行」のメリットは、まず外貨に関わる金融商品やサービスを豊富、外貨預金が定番の米ドルやユーロから高金利通貨まで全12通貨も! また、キャッシュカード「Sony Bank WALLET」はVisaデビット機能を搭載。Visaデビットの海外事務手数料が0円で、クレジットカードよりお得だ。さらにATM出金手数料は、月4回〜無制限で無料、他行への振込手数料も月1〜11回まで無料だ。その他、金利や各種手数料の詳細、優遇プログラム「Club S」など、ネット銀行を比較する際に必要となるデータを解説する。

疾病保障の団信が無料の住宅ローンはどう選ぶ? 「30代前半なら全疾病保障団信が最適」など、 年齢ごとのリスクに適した保障の選び方 - 住宅ローンの選び方[2018年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの無料の団体信用生命(団信)に、「疾病保障」を上乗せするという動きが活発化しています。今回は、主な無料の団信の紹介と、年齢ごとのリスクに適合した最適な保障は何かを考えたいと思います。

住宅ローン借り換え手続きで来店不要な銀行は? じぶん銀行なら、紙の契約書すら不要! - 住宅ローン相談室

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローン借り換えの手続きといえば、かつては会社を休んで銀行に行く必要がありましたが、最近は、銀行によっては一度も足を運ばないまま手続きを終えることができます。昼間忙しい人でも、簡単に借り換えができる銀行・金融機関はどこなのでしょうか。住宅ローン借り換えの実務に明るく、書籍『住宅ローンマジック』の著者である、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、店舗に行かなくても借り換え手続きができる代表的な銀行を紹介してくれました。

「ノーロード投信」で選ぶ、おすすめネット証券&銀行! 購入手数料無料の投資信託が充実していて、「毎日」 「100円から」積み立て可能なネット証券&銀行とは? - ダイヤモンドZAi最新記事

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ノーロード型(購入手数料が無料)の投資信託の取り扱いが多い、証券会社や銀行は?現在発売中のダイヤモンド・ザイ8月号では、特集「投資の初心者は投信積み立てから始めなさい!」から、投資信託の取引会社の選び方を紹介。投資信託が買えるのは証券会社や銀行だが、購入手数料がゼロのノーロード型を多く扱い、各種サービスも充実している、ネット証券やネット銀行がおすすめだ。

2017年7月の住宅ローン金利動向を予想! 変動金利、10年固定、フラット35など、 人気商品の来月の金利は上がる?下がる? - 住宅ローンおすすめ比較[2017年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:来月の住宅ローン金利はどうなる? 2017年7月の住宅ローン金利を予想してみよう。金利動向を推測すると、7月の住宅ローン金利見通しには大きな方向性はなく、各銀行の戦略によって金利の引き上げ、引き下げが入り乱れる格好となりそうだ。また、じぶん銀行が変動金利を下げてくるかどうかも注目される。

住宅ローンは今や「頭金なし」で借りられる! 諸費用まで借りられるオーバーローンが可能で、 不動産仲介手数料、引越費用までOKの銀行も! - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを借りる際、「頭金なし」でも借りられる金融機関が増えている。中には、借り入れの際に必要な手数料、登記費用だけでなく引越代といった諸費用まで貸してくれる、「オーバーローン」が可能な金融機関まで登場しており、手持ち資金がなくても住宅ローンを借りやすい時代になっている。

住宅ローンの繰上返済で有利な金融機関はどこ? 今や主要金融機関は、手数料無料が当たり前に! 即日返済可能でお得なのは三井住友銀行とソニー銀行 - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンを少しでも早く完済したいのなら、繰上返済を積極的に行うのがいい。早く完済できれば、それだけ金利負担も減るので総支払額も抑えることができお得だ。そこで、繰上返済がしやすい金融機関はどこなのか、ザイ・オンライン編集部が調べてみた。

[ソニー銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 業界トップクラスの低金利や安い諸経費が人気! 来店不要で迅速な対応が売りで、対面相談も可能! - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:ソニー銀行の住宅ローンのセールスポイントは業界トップクラスの低金利。ただし、プランによって金利や手数料が異なるため、トータル費用で判断したい。諸費用の安さ、変動金利から固定金利・固定金利から変動金利への変更が柔軟にできるのもメリット。毎月中旬に翌月の金利を発表するため、金利タイプを変更するときに、今月と翌月を比較してからタイミングを選べるのも契約者にとってはうれしい。ネット銀行でありながら、専任のローンアドバイザーが相談から契約まで、きめ細かく対応してくれる。対面での相談も可能で、ソニー銀行の「住宅ローンプラザ」をはじめ、ソニー生命ライフプランナーが希望の場所に出向いてくれるのも、他のネット銀行にはない強みだ。

FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016チケットプレゼントキャンペーンまとめ

サイト「1億円を貯めてみよう!chapter2」のコンテンツが スパイクさん から公開されました。

概要:平成28年12月8日に開幕するFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016チケットプレゼントキャンペーンのうち銀行かクレジットカード会社が実施するものをまとめました。

Alibaba E-A...

住宅ローン手数料は、定率型と定額型どちらがお得? 長期返済なら、手数料は高いが金利は安く、 総支払額が少なくなる「定率型」がおすすめ - 住宅ローンおすすめ比較[2016年]

サイト「ザイ・オンライン」のコンテンツが ザイ・オンライン から公開されました。

概要:住宅ローンの手数料の支払い方には「定率型」と「定額型」があるが、ザイ・オンラインが調べたところ、借入期間がおおむね13年以上であれば、「定率型」を選んだ方が総支払額が少ない金融機関が多いことが分かった。「定率型」は最初に支払う手数料は高いが金利は安く、「定額型」は手数料は安いが金利は高いため、どちらを選べば良いのか悩ましいと思う人が多いだろうが、借入期間に応じて、お得な手数料を選択しよう。

他行宛振込手数料無料が最大11回などの優遇が受けられるソニー銀行の外貨預金優遇制度を解説します

サイト「1億円を貯めてみよう!chapter2」のコンテンツが スパイクさん から公開されました。

概要:ソニー銀行の外貨優遇制度という顧客優遇サービスがあります。

この外貨優遇制度は、優遇ステージに応じて、他行宛振込手数料が無料になるなど幅広い優遇サービスですが、実は、外貨残高だけが判定基準ではあ...


このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップへ



Kapok&Fintech

Copyright (C) 2015 Kapok All Rights Reserved.